うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

最初にTypePadのよくあるお問い合わせTypePadの[ コントロールパネル > ヘルプ > TypePad ナレッジ・ベース(よくあるお問い合わせ) ]を参照します。
よくあるお問い合わせTypePad ナレッジ・ベース」をクリックして検索ボックスに「ドメインマッピング」と入力すると、2行目に「ドメイン・マッピングを設定する」が出てきますので、これをクリックしてページの指示に従います。

Typepad_domainmaping1

このページにはドメインマッピングの設定方法についてTypePad側の設定方法の他にも、「さくらインターネット」「VALUE-DOMAIN.COM」「お名前.COM」の3社の設定方法が掲載されているページへのリンクも張られているので、お気に入り(ブックマーク)に入れておくと後々の設定に利用できて便利です。
わたしはこのページを見てVALUE-DOMAIN.COMを選びました。

VALUE DOMAINに申し込み

最初にユーザー登録をします。
トップページに「ユーザー登録」のリンクがわかりやすく張ってあるのが好感が持てます。ユーザー登録は全て半角の英数字での入力です。ユーザー名は3文字以上12文字以内、パスワードは3文字以上12文字以内です。ユーザー名は重複は不可なので、あらかじめ複数を用意しておくと良いでしょう。わたしは幸い第一希望のユーザー名で登録が出来ました。

ユーザー登録でちょっととまどったのが電話番号とFAX番号の項目です。電話、FAXのどちらの番号も無い方もいると思うのですが、わたしもFAX番号は持っていません。それなので、ブランクで「ユーザー登録」をクリックするとエラーとなってしまいました。電話番号とFAX番号は無しが可能なのですがなしの場合は半角文字のハイフン「-」を入れないといけません。良く読むと書いてあるのですが、これは見落としやすいです。

ユーザー登録を終えるといよいよドメインの登録です。
希望ドメインを検索しますが、初期設定では人気のある「.jp .com .net .org .biz .info」にだけチェックが入れられています。このドメインで空きがあればドメインの管理料金も安くて済むので、テレビ関係をあつかうサイトなので「.tv」でないといけないと言うようなこだわりがない限り、最初の検索は初期設定で行うのが良いと思います。わたしも幸い、最初の検索で見つけることが出来ました。無料転送サービス付きで年間維持管理費が990円です。無料転送サービスは980円と10円しか違わなかったので、転送サービスを利用することは無いと思いましたが、無料転送サービス付きにしました。

決済(代金の支払い)
ドメインと料金が決まると、決済の画面にいったん移行します。この点もユニークな管理の方法だと思いました。最初に金額をバリュードメインに支払い、そのあとでドメインの本当登録を行う仕組みです。このとき支払う金額はドメイン1つ分の990円でもかまいませんし、まとめて1万円を支払い、あとあと複数のドメインを登録するときにその都度支払わなくてすませることも出ます。
わたしはクレジットカードによる決済を選択し、必要事項を入力すると金額はあらかじめ表示してあるので、その金額をVALUE DOMAINに前払いした形になります。決済を終えると再びドメイン登録の画面に戻り、ここで最終的にドメインを登録(契約)します。

バリュードメインとNTTドメインの違い(移転の理由)
わたしがVALUE DOMAINを利用するのは、現在利用しているNTT Dm
ainがドメインマッピングに対応していないからです。また料金もVALUE DOMAINと比べると4倍前後と割高なことも理由にありました。わたしはが1999年に最初に取得したドメインはドメイン管理会社が倒産して管理会社が移行、移行した会社が2週間で管理を更に別会社に移行し、その期間にわたしのドメインの契約期間運悪く切れてしまい、ドメインの契約の継続が出来なかったという悪夢の経験があるので、出来うるだけ信頼の置けるドメイン管理会社としてNTT Dmainを利用してきました。ただ、今後のわたしのサイトの構築上、ドメインマッピングは必須の機能ですので、これを機にNTT Dmainから暫時、ドメインを別の管理会社(おそらく全てバリュードメイン)に移転するつもりです。

バリュードメインを選んだ理由
TypePadのドメインマッピングに対応したドメイン管理会社の3社全てに問い合わせのメールを出したところ、VALUE DOMAINが一番回答が早く、回答の内容もこちらの質問にずれていませんでしたので、1つ新しいドメインを作ってドメインマッピングに対応している機能などの確認も合わせておこなうことにしました。

作業は極!TypePad: TypePadでドメインマッピング!を参考にしました。TypePadとVALUE-DOMAINのヘルプのページにここを参考にすれば、まずとまどうことは無いと思います。


実際にドメインマッピングの作業を行う

Valuedomain_domainmaping_2ドメインマッピング
ドメインを登録後、ドメインマッピングの作業をVALUE DOMAINの管理画面から行うと、エラーが返ってきました。
ドメインの浸透に24時間から48時間かかりますと案内が書かれてあったので、その時間を経過しないと出来ないようです。

翌朝、ドメインの浸透が完了していたので、いよいよドメインマッピングに対応する作業を開始しました。
VALUE DOMAINにログインして「DNSレコード/URL転送の変更」をクリックしますが、わたしは無精なので送られてきたメールの「VALUE DOMAIN ドメイン登録完了のお知らせ」に書いてある「○DNS設定の変更」のURLをクリックすることで直接アクセスしました。

メインドメインにドメインマッピングを対応させる
今回、ドメインマッピングに対応させたいTypePadのURLはサブで作成したブログではなくメインで使いたいhttp://www.ulog.biz/なので、VALUE DOMAINのDNS情報変更の項目を、ホスト名:www、ターゲット:ulog.typepad.jp.、タイプ:CNAMEにしました。サブドメインを登録する場合にはwwwにサブドメインが入ります(例:utu.ulog.biz)。

VALUE DOMAINのDNS情報変更のページには説明書きが無かったのですが、ulog.typepad.jp.最後に「.」を入れるのを忘れないでください。この点はTypePadの説明のページ「ドメインマッピングの際のDNS設定(VALUE-DOMAIN.COMの場合)」に赤文字の上に太文字で書いてあったのでわたしは幸いにも見逃さずに済みましたが、VALUE DOMAINの説明を中心に設定をすると忘れやすいです。
これでVALUE DOMAINの設定を終えました。

次はTypePadの設定を行います。
このとき、最初に紹介した「ドメイン・マッピングを設定する」を別ウインドウで表示させておくと役に立ちます。

  1. ドメイン・マッピングは、「ホーム」>「コントロールパネル」>「サイトアクセス」>「ドメイン・マッピング」ページから設定します。
     
  2. 「ここからスタート:ドメイン名をマッピングする」をクリックします。するとポップアップウインドウがひらきドメイン名の入力を促しますので、VALUE DOMAINで取得したドメインを入力し、「DNS設定を取得」をクリックします。わたしの場合はwww.ulog.bizと入力しました。
     
  3. 画面が変わりますので、「最終ステップへ」をクリックします。
     
  4. ドメインwww.ulog.bizのマッピング先を選択画面に映ります。特定のブログhttp://www.ulog.biz/blog/へアクセスをさせるのでしたら、「ブログを指定」からプルダウンメニューでブログを指定します。TypePadサイトのトップを指定すると、アカウント内の全てのブログやフォトアルバム、プロフィールが独自ドメインで表示されますので、それが必要かどうか注意してください。
     
  5. ポップアップウインドウを閉じると、ドメイン・マッピングに追加したドメインが表示されます。1、2時間ほどすると追加したドメインにアクセスできるようになります。わたしの場合は30分ほどでした。
     
  6. アクセスできたらドメインを有効にします。「有効」にチェックを入れ設定ボタンを押します。TypePadには赤字で「注:DNSレコードが更新されたのを確認するまでは、ドメインを有効にしないでください。」と書かれているので、有効にするタイミングはかなり重要なようです。かならずアクセスできるまで待ちましょう。
     
  7. ブログを再構築します。再構築をする事でドメイン・マッピングのドメインにブログの記事のURLも変更されます。

以上でドメインの取得とドメイン・マッピングの作業は完了です。

2月 29th, 2008

Posted In: TypePadの使い方, サーバーの設定とトラブルの回避方法, ドメインの取得方法と管理

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です