うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Img_3704
わたしはデジカメで大量の写真を撮影するので、記録メディアも多数所持しています。現在使用しているのはSDカードですが、容量の総合計は11Gです。
これまでは写真のようにSDカードを使用していましたが、今度、新たに購入したカメラがCFカードに対応しているので、記録メディアを買い直すことにしました。メーカーはトランセンド(Transcend )にするつもりでしたが、自分の使うカメラに対応したCFカードを調べる検索ページを見つけました。

わたしにとってデジカメで撮影をした写真は全て貴重な情報なので、記録メディアは信頼の置けるメーカーでないと不安です。といって大量の写真を撮るので価格が高いと十分な容量の記録メディアを買うことが出来ません。
そうしたわたしの要望にピタリなのがトランセンド(Transcend )です。

所有している11GのSDカードの内訳ですが、最初に購入した512Mの4枚は1枚6千円以上したと思いますが、他社と比べると1千円以上安かったはずです。カメラよりも高かったことだけは覚えています。
次ぎに日本一周をする時に512Mが4枚では容量が不足するので、より高速の512Mを買い足しましたが、やはり他社よりも割安でした。
2Gは最初、高くて1枚しか変えませんでしたが、1万円以下だったと思います。その後は値崩れを起こしたのとわたしが2Gでも1日で使い切ってしまうほど写真を撮影するようになったので3枚買い足しました。そのころには1枚5千円くらいまで下がっていたと思います。
いずれにしても他社よりも安いというのは魅力でした。

ただ、最初にトランセンド(Transcend )のSDカードを購入する時には不安がありました。
サンディスク(SanDisk)などの方が値段が高いが信頼が置けそうに感じたからです。
しかし、わたしの予算で上記の容量を買いそろえるには高価すぎて無理でした。当初の512Mの4枚は妥協で買ったものです。A-DATAという選択しもあったのですがあまりに不安が大きいのでこのメーカーは最初から選択しに入れませんでした。

これまでSDカードに対応している数社のカメラを使用してきましたが、トランセンド(Transcend )で相性問題が起きたことは1度もありません。出来るだけ転送速度が速いものを購入してきたので、速度で不満を感じたこともありません。SDカードの抜き差しもカメラ、パソコン共に接続不良が起きると行ったことも皆無です。信頼が積み重なりました。

今回CFカードを買うに当たっては他社も参考程度に見ましたが、最初からメーカーはトランセンド(Transcend )と決めていました。不安だったのはCFカードを扱うのが初めてなので、自分の使用するカメラに合う合わないの相性問題が分からないことでした。

Img_37041
幸い、トランセンド(Transcend )が主要なカメラメーカーのほぼ全機種の相性を検索できるサービスを提供してくれていたので、そこで確認をすることができたので、安心して購入をすることが出来ました。

こうした相性問題があるパーツや用品で、検索サービスをメーカーが行ってくれることは消費者から見ればとてもありがたいことです。

トランセンド(Transcend )の相性の検索のURL
http://www.transcend.co.jp/Support/Search/index.asp

このページからメーカーを選択すると、そのメーカーが取り扱っている機種が表示されるので、選択します。選択をすると、対応している記録メディアが表示されます。表示された記録メディアを購入すれば問題は発生しないと言うことです。

わたしが購入したカメラはキャノンのEOS 40Dと言う機種です。
ここをクリックすると、トランセンド(Transcend )の検索結果が表示されます(左の画像です、クリックすると拡大します)。

購入した記録メディアは「4GB 266倍速コンパクトフラッシュ(R) TS4GCF266」です。出来れば最高速の「TS4GCF300」を購入したかったのですが、予算的に無理でした。

この検索サービスはわたしにとっては大変にありがたいです。

6月 28th, 2008

Posted In: PC/パソコンの周辺機器

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です