うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

無料とは思えないほどの機能を持っているアクセス解析サービスgoogle Analytics」のコードをMovable Type 4.1のテンプレートに貼り付けてアクセス解析を行う方法の解説です。MT4.1はモジュール化が進み、ユーザーインターフェースからは、テンプレートが分かりづらくなってしまいました。google Analyticsのアクセス解析のコードは</body>タグの直前に挿入しなければならないので、テンプレートのフッター部分を探しだして、</body>タグを見つけ出し貼り付けなければなりません。
以外に分かりづらいので、わたし自身の備忘録をかねて、ここに書き留めておきます。

あらかじめgoogle Analyticsのアクセス解析のコードは取得してあるものとして書いています。

画像をクリックすると拡大します。

MT4.1のフッターのテンプレートの位置

1_3  Movable Typeにログインをしたらヘッダー(上)のメニューからデザインを選び、テンプレートをクリックします。左の画面に移動します。

右のメニューの「テンプレートモジュール」をクリックします。
画面が移動します。
 

21_2画面が「ブログのテンプレート モジュールのテンプレート」に移動します。
フッターをクリックします。
 

31 画面が「テンプレートを編集 フッター」に移動します。
テキストエリアを下にスクロールさせると「</body>」タグがあります。このタグの直前にgoogle Analyticsで取得したアクセス解析用のコードをペーストします。

デフォルトのタグと区別をするために、わたしは上下に改行を付けました。
 

最後に再構築をして作業を終了です。お疲れさまでした。

6月 22nd, 2008

Posted In: Google Analytics, Movable Type 4.x(MT 4.x)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です