NTT ドメインからVALUE DOMAINに独自ドメインを移管する方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前に独自ドメインの保管を巡ってトラブルに巻き込まれたので、信頼の置けるドメイン管理会社として5年以上NTTドメインを利用してきました。しかし、VALUE DOMAINのドメイン管理料金が年額1000円未満なのに比べてNTTドメインのドメイン管理用金が年額4000円強なので、今までNTTドメインに預けていたドメインを、全てVALUE DOMAINに移管することにしました。実際に使用してみるとNTTドメインよりもVALUE DOMAINの方が多機能ユーザーインターフェースも優れています。そのうえ料金も安いので、移管しない手はありません。

ここではNTTドメインからVALUE DOMAINドメインを移管する手順を解説します。
NTTドメイン以外の管理会社からの移管とは手続きは違っていますので、注意してください。
VALUE DOMAINの移管手続きの解説のページもあるので、合わせて参考にしてください。
http://www.value-domain.com/howto/?action=transfer
上記のページだと「ドメイン移転を承認」の画面が違っています。この記事が正しいです。
画像をクリックすると拡大します。

重要

移管するドメインのWHOIS情報を確認しておいてください。
登録されているメールアドレスに重要な情報が送信されますので、使用していないメールアドレスが登録されていたり、どのメールアドレスが登録されているか分からないと移管手続きが出来ません。

移管手続きの解説

まずNTTドメインから自動継続の案内メールが来るのを待ちます。60日前、30日前、10日前にメールが送信されてくるので、10日前のメールが届いたらVALUE DOMAINへの移管手続きを始めます。VALUE DOMAINへの移管は、ドメインの期限が切れる1週間前までに行えば問題なくできます。NTTドメインの自動継続はドメインの契約期間の1ヶ月前に行われますので、10日前十分に間にあいます
心配な場合には、30日前のメールが送信されたときに手続きをしてください。

NTTドメインAuthCodeを送信して貰います。
平日の早朝にメールで依頼をすれば、その日の午後には返信が届きます。
NTTドメインには「ドメイン名とAuthCodeをお知らせください。」と書いたメールを送信するだけです。送信先は自動継続の案内のメールアドレスに返信してください。

NTTドメインからAuthCodeが送られてきたら、VALUE DOMAINにログインしてドメインの移管手続きをします。

11 ログインをしたら「新しく移管申請を行う (割引価格で移管)」をクリックします。割引価格が適用できる可能性があるので、必ず割引価格で移管をクリックしてください。
 

21ドメイン移管申請」の画面に移動します。
ドメインを移管できない場合など注意事項も書いてありますので、一読ください。
ただし、NTTドメインからの移管に関してはこの記事の通りに手続きをすれば問題なく移管できます

画面を下にスクロールすると入力項目の欄が現れます。
移管するドメインテキストエリアに入力します。移管したいドメインの数をプルダウンで選択する必要はありません。
移管するドメインの入力が済んだら、「次のステップへ」ボタンをクリックします。
 

31ドメイン移管申請(KeySystems)」画面に移動します。
ドメインが表示されます。その下に「認証鍵」を入力するテキスト欄がありますので、NTTドメインから送られてきた「AuthCode」を入力してください。
ここでは2つ同時にドメインの移管を行っています。
入力を終えたら「移管申請」ボタンをクリックします。
 

4 正常に手続きが行われたことを知らせる「メッセージ画面」に移動します。
ドメインの移管状況を見るには「移管の進行状況を見るにはここをクリックして下さい。」リンクをクリックしてください。ただし、移管手続きをしてから数日は変化はありません。
 

移管手続きを終了するとVALUE DOMAINからメールが送られてきます。
メールの下の方に「Please go to our website」から始まるURLが書かれていますので、クリックしてください。

5_2 移管手続きをしたドメイン名が書かれたポップアップウインドウが開きます。
Activate!」ボタンをクリックしてください。
 

6 「200 Command completed successfully」と書かれた画面に移動します。
これで移管手続きが完了しました。
 

ドメインの移管には10日前後かかります。状況によってはNTTドメインの自動継続の締め切り日を過ぎてから移管手続きが完了することがあります。
その際には、NTTドメインから、ドメインが他社に移管されたので、自動継続をキャンセルしますというメールが届きます。
NTTドメインとVALUE DOMAINの両方に料金を支払うようなことはありませんので、ご安心ください。

万一、VALUE DOMAINにドメインが移管できない場合は、NTTドメインでの自動継続となりますので、ドメインを失う恐れもありません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ymizunuma.sakura.ne.jp/ulog/mt/mt-tb.cgi/781

コメントする

PR

カテゴリ

検索