うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Img_1544
先月下旬(2008/6/26)にキャノンの40Dとレンズキットを購入してきました。
まだ1枚も写真を撮影していませんが、何を最初に取ろうかとわくわくしています。
そもそもキャノン40Dを購入するきっかけはエプソンのPX-5600のモニターに当選したからでした。40Dを購入した目的は、写真を撮るのではなく、PX-5600の高性能を引き出せる写真を撮るためでした。良い写真を撮ろうと思うと、どうしてもデジイチが必要で、しかもローエンドの入門機では役不足なので、40Dを買うことになりました。
 

PX-5600の魅力

Img_0366
わたしがAMNから招待を受けたエプソンPX-5600ブロガーミーティングで、モニターとしてPX-5600を1ヶ月間貸して頂けることになりました。
エプソン PX-5600はプロも愛用するほどの高印刷機能をもつインクジェットプリンターです。しかも、唯一、正確なモノクロプリンとが出来ることでも知られているそうです。わたしが使用しているPhotoshop Elements4.0ではチャンネルミキサーが使えないので、モノクロプリンとがまだ試せないでいるのが残念です。

エプソン プロセレクションブログ「待望のMAXART PX?5600発表!!
 

Img_2220
わたしは昨年の夏のほとんどを費やして、北海道の大雪山の頂を登ってきました。7月、高山植物が咲き乱れる季節です。このときの写真をPX-5600で印刷しているのですが、山の景色はどれも自分の思う構図で写真が撮れていないことに気づきました。最大の原因はレンズで、広角が狭いから、山を写すとすそ野がのびのびと写らないのです。また、花を写すと接写はなかなか良く写るのですが、背景を構図に入れた花の写真となると、とたんに崩れてしまいます。(写真は平山から見た大雪山、すそ野をもっと広々と写したかった)
 

40D購入の訳

Img_1556
写真に詳しい知人に話したら、デジイチでレンズを選ばないとそうした写真は写せないと言われました。その方はニコンを愛用しているのですが、今ならキャノンの40Dがお薦めだよ。というので、わたしもその言葉に従い40Dを購入する気になったのです。それまではキャノンにどの様な機種があるかも知りませんでした。もともとニコンのD80とレンズの組み合わせを買うつもりだったのですが、あまりに重いことなどで断念した経緯があります。
 

40Dを探し始めると、運良くわたしが北海道に住んでいた時代から利用していた「カメラのキタムラ」が近所にあることがわかりました。しかも破格の値段で40Dを販売していました。ビッグカメラのポイントを計算してもまだまだ安い値段だったとだけ言っておきましょう。あまりにも安いので言うのがはばかれるほどです。

何故撮らないのか

Imgp1688
まだ、キャノン 40Dでは1枚も写真を撮影していません。購入してから10日以上たつのに何故なにも撮らないかというと、撮るのは山、それも筑波山と決めているからです。

わたしは栃木県の小山市に住んでいるので、筑波山は目と鼻の先です。先日も自転車で筑波山と自宅を往復するサイクリングを楽しんできました。それほど近くしかも低い山なので半日もあれば上れます。登らないのには訳があります。
 

Sz今月から、山に登ることを愛する方たちのコミュニティスペース自然派空間」を本格稼働させました。GPSが無くても楽しめるのが自然派空間の特徴なのです。
しかしGPSがあれば楽しさが倍増します。それでわたし自身が各社のGPSを自分で購入して、実際に使ってみて、ログを取り込んでシステムに合致するかを確認しているのです。

散歩などの無駄なデータを取り込みたくはありませんので、本当の登山でデータを試したい、そう思っています。いま試そうとしているのがPSP+ゼンリンみんなの地図3+GPSレシーバーのセットで記録したトラックデータ(以下GPSログ)です。GPSログを解析した限りでは読み込むことに支障が無いことは分かっているのですが、微妙にフォーマットが違うので、これだけは実際に確かめてみないと分かりません。

PSP+ゼンリンみんなの地図3はAMNのブロガーミーティングに参加した際に、ソニーの社員の方から、「PSP+みんなの地図2+GPSを組み合わせてサイクリングを楽しんでいる方が多いことと、そのログをカシミールを使って加工してネットに公開している人がいる」と聞いたから、取り組んだものでした。もしそのブロガーミーティングに参加していなければ、自然派空間でPSPをGPSと考えることは無かったでしょう。ミーティングに招待してくれたAMNに今更ながら感謝しています。
 

Img_0816
ところがPSPの純正バッテリーの作動時間は2時間から4時間ほどです。これではとても山を登っているあいだ持たないので、バックアップ用にバッテリーを注文していました。GPSレシーバーを買ったり、バッテリーを注文したりと、必要なものがなかなか揃わなかったことと、わたしが6月以降も忙しかったことで筑波山に登る時間が取れずにいました。
 

Img_1597
ようやく今週か来週に空き時間が出来そうなので、PSPのGPSログ取得と40Dの初撮影を兼ねた筑波山登山に行こうと思っています。1つ目的なら簡単に出来ますが、忙しい毎日で限られた日程では1日にいくつもの目的を持たせなければなりません。つらいところです。
 

わたしは昨年、左膝を壊してしまい、以降、治療を受けたが治りませんでしたので、自己トレーニングをして筋力を付けています。今回の筑波山登山で左膝に違和感が無ければ、男体山や帝釈山、武尊山、安達太良山など近県の山を制覇して行きたいと思います。

わたしの登山の記録は自然派空間のうーたんのマイホームにあります。自然派空間を作成するにあたり、自分の登山記録を入力していて、なるほど「これでは左膝を壊すわい」と、無茶をした自分にあきれました。

わたしのキャノン 40Dの記事(10/22追加)

エプソンダイレクトでPX-5600を買う

楽天市場でキヤノン 40Dを探す
Amazonでキャノン 40Dを探す

この記事はレビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

7月 8th, 2008

Posted In: EPSON PX-5600, 写真の撮り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です