うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

先日(2008/6/30)、アユダンテのセミナーで受けた講義の内容を早速実践してみました。
まずは、Google Analyticsのトラフィックコードをurchin.jsからga.jsに変更してみました。

この日、わたしの運営するサイトの内の3つのサイトでデザインとコンテンツの一部を変更する必要があったので、この3つのサイトでトラフィックコードの変更を行いました。

  1. 交通事故の過失割合87)
  2. 林道への案内板(10798)
  3. サイクリングトーク自転車談義(3439)

です。後の数字はサイト内のコンテンツのページ数です。yahoo.comのSite Explorerで調べました。

上記3つのサイトは全てわたしの自作のCMSですので、何万ページあっても修正箇所は数カ所ですみますのから3サイトのトラフィックコードをgs.jsに変更する作業も30分かかりませんでした。

しかし、一般のホームページをホームページビルダーやドリームウィーバーで作成している方が数千ページを貼り替えるのは大変ではないかと、人ごとながら心配になりました。

Movable Typeやxoopsなら貼り替えは簡単ですが、ブログやSNSなど用途は限られています。
最近はMTをCMSとして使用する例が増えていますが、まだ発展途上と言ったところでしょう。

7月 5th, 2008

Posted In: SEO対策, アクセス解析, サイクリングトーク, 交通事故の過失割合, 林道への案内板

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です