うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Img_0134
先日、作成したNASの玄蔵ですが、内蔵したハードディスクが壊れてしまい、あえなく使えなくなってしまいました。やむを得ず40Gの小さなHDDに入れ替えました。
玄蔵が壊れた訳ではありません、念のため。
 

以前に購入していた中古のハードディスクを入れたのですが、基本的なチェックを終えデータを入れようとしたところ、突然、ネットワークから玄蔵が消えてしまいました

おかしいと思い、USBからアクセスすると、ハードディスクの名称は確認できるのですが、ハードディスクとして認識してくれません
念のため、別のUSBデバイスにこのハードディスクを繋いで確認したのですが、やはり認識されません。完全に壊れたようです。

このハードディスク、結局購入後、1度も使わずフォーマットを2回しただけで壊れてしまいました。ハードディスクだけは中古では購入してはいけないと言う教訓ですね。
いまは、500Gバイトのハードディスクでも6千円前後で購入できますので、中古を買う必要もなくなりました。

わたしもこれからは新品を買うようにします。それにしても玄蔵の使い道が難しいですね。
40GではNASとしては容量が少なすぎて使い物になりませんし、新たに大容量のIDEハードディスクを買うのはいかにももったいないです。何しろ、500Gでギガバイトの転送速度のNASが13000円前後で買えるのですから。

8月 24th, 2008

Posted In: PC/パソコンの周辺機器

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です