うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

先日、わたしが取り上げた楽天KCカードの情報の漏洩について、実際の漏洩の当事者であるナチュラムの事後の対応に注目していました。
ナチュラムは早くからネットでの販売に力を入れていた企業で、アフィリエイトも積極的に取り組んでいます。そうしたリーディングカンパニーだからこそ、注目度も高いので、その対応次第では今回の失点をプラスに変えうるチャンスでもあったのですが、さてどうだったでしょうか?

わたし自身は、ナチュラムでクレジットカードによる決済をしたので、カードの再発行余儀なくしされましたから、これまでに登録してあったネットショップなどのカード番号などの変更が必要となり、時間的な手間がそれなりにかかりました。

また、カード情報を悪用されかねないと言う精神的なストレスと、自分のプライベートな情報が漏洩したという薄気味悪さから来る精神的なストレスは、それなりにありました。

情報の漏洩というのは不可逆性であって、一度漏洩した情報は消し去ることが出来ません。だからこそ、情報の漏洩はあってはならないのです。しかし、情報を所有している側の意識の低さはナチュラムに限らず、低いままなのが現実です。

ナチュラムからお詫びの手紙くらいは受け取りたいと期待をしていたのですが無駄でした。イーメールが8月6日(2008)に一通配信されただけで、それ以降はなんの音沙汰もなしです。配信されてきたイーメールも定型文で、簡潔に言えば「申し訳ございません、以後気を付けます」だけのものです。

正直に言ってがっかりしています。
わたし自身はナチュラムという企業が気に入っていて、趣味がアウトドアで遊ぶことなので、自転車用品、カヤック用品、登山用品などを良く購入していました。
信頼を裏切られた形となったので、以後、ナチュラムを利用することはないでしょうし、人にも紹介することはなくなるでしょう。

ツーリングトークにナチュラムのアフィリエイトを利用したページがあるのですが、これだけ時間が経過してもナチュラムに全く変化が見られないことから、そろそろ別のECサイトに置き換えようと思っています。

ナチュラムのURL
http://www.naturum.co.jp/
不正アクセスのお詫びのページのURL
http://www.minerva-hd.com/faq_c_080806/index.html

8月 22nd, 2008

Posted In: アフィリエイトの実践, インターネット上の脅威・詐欺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です