うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Img_3737
lenovo japan
初めての試みアフィリエイター向けの新製品発表会が8/26に開催されました。当日に発表された新製品のSL300W700の他にも、個人やSOHO向け、あるいはワークステーションのThinkPadのラインナップが並び、普段触れることの出来ない製品でタイプしてみたり、ThinkPadの開発・販売スタッフの方に直に質疑応答をする事が出来るなど、大変有意義な2時間でした。
 

lenovo japanの初めてのアフィリエイター向けの製品発表と言うことで、かなり情報を詰め込んでしまったため、アフィリエイターが実際に知りたい、個別の商品についての説明の時間が十分に取れなかったことが惜しまれます。

lenovoという会社

Img_3740
当日は、lenovoという会社が知名度が低いので、その説明から入りました。
わたし自身、IBMからThinkPadを買収したからと言って、lenovoは中国のローカル企業というイメージを持っていましたが、本社はアメリカにあり、開発拠点もアメリカ、日本、中国と多国籍に分かれたグローバル企業であることを知りました。

lenovoはBRICs(ブリックス)市場では圧倒的に強いので、今後は欧米や日本などの先進国でいかにシェアを拡大して行くかが課題だそうです。わたしが中国のローカル企業と思っていたのもあながち間違いではなかったと言えるでしょうか?
 

ThingPadThinkPadの品質のこだわり

ThingPadThinkPadが買収された時に、アメリカ政府が査問をしたことは有名ですが、私たち諸費社から見た場合は、IBM時代の品質が維持されるかが最大の関心でした。

ThingPadThinkPadの開発チームは人間も建物も全てを含めてlenovoへ移ったそうです。今回、話をされた方も入社はIBMでしたが、今の籍はlenovoにありますと言っていました。
 

ThingPadThinkPadの品質で重要視されている項目のうちの代表的なものをこの日は取り上げました。

  1. 堅牢性
  2. 静粛性と冷却性
  3. データの保存

Img_3763
堅牢性
X61に比べてX200はマザーボードにかかる負担を40%も削減することが出来たそうです。
年々、パソコンは多様化、小型化、薄型化が進んでいますので、マザーボード部品がより細分化されて行きます。そのため、部品が小さく精密になりストレスに弱くなりますので、堅牢かと相反する方向へと進んでいます。それを堅牢なマグネシウム製の筐体で受け止め、マザーボードへのストレスを最小限にする設計となっています。
 

Img_3761
静粛性と冷却性
フクロウの羽をモチーフとしたファンの採用。
フクロウというとりは飛ぶ時、羽ばたく音がしないそうですが、その羽をモデルとしたファンを設計したそうです。
ファン制御とCPU制御を組み合わせて最適な空冷ファンの回転速度をコントロールします。
実物を手に取りましたが、セミナー会場とは言え、全く気になりませんでした。開発担当者の話では、寝室でも使える静粛性を備えていると言うことです。
 

Img_3768
データの保存

パソコンのデータは通常はハードディスク・ドライブ(以下HDD)に入っています。
パソコンの作動中に落下させた場合、HDDの表面が傷ついてしまい、その傷の部分のデータが読みとれなくなってしまうのですが、それを防止する方法も含めて、HDDのデータを守る4つの方法を導入しています。
 

  1. 落下する際の加速度を検知して、HDDの円盤上で情報を読み書きしている針を円盤の上から自動的に動かすシステム。
  2. HDD本体に取り付けられた樹脂製のクッション。
  3. 堅牢なマグネシウム製の筐体に収められている。
  4. ノートブックの底に、HDDへの衝撃を和らげるヒダ状のゴムがついている。

わたし自身、つい先だって、NASのHDDを壊してしまいましたので、HDDの信頼性の重要性は十分に承知しています。モバイルノートの場合、特にこの点が重要視されますので、このHDDの情報を守るシステムは信頼するに値すると思います。

アフィリエイトの取り組み

Img_3783
lenovoでは積極的にアフィリエイトに取り組もうとしています。
今後、アフィリエイターに対して積極的な情報の公開を行うなど、行動に示すそうです。その一環が、今回開催された、アフィリエイター向けの新製品の発表会ではないかと思います。

新製品発表会の感想

初めての試みと言うことで、あれもこれもと欲張りすぎて詰め込みすぎた感じがします。
参加するアフィリエイターに何を伝えたいのか、もっと明確に絞り込んだ方が良かったのではないかと思いました。
当日は新製品の発表の日も関わらず、新製品の説明はごくわずかな時間しか取られていなくて、この新製品が従来の製品とどう違うのか、分かりませんでした。

人気のある商品なので参加者が多く、十分に手にとってさわる時間が取れなかったことも惜しまれます。説明をしてくれるスタッフが多数いるのですが、肝心の製品を他者が触っているので、製品を手に取りながら説明を受けることが出来ないことがしばしばありました。人気の高いX200と新製品のSL300でこの傾向が強かったです。

今回のようなイベントを、単発ではなく、継続的に行って頂けると、アフィリエイターはより積極的にThinkPadの販売に取り組むのではないかと思います。

以上、当日の模様を感想を交えて書いてみました。
この様な機会を提供してくださったlenovo様、バリューコマース様、誘って頂いたクロスワーク様に感謝したいと思います。

PR わたしのお薦めのこの一台 X200

実際に手に触れて、説明を聞いて、値段を聞いて驚きました。費用対効果のとても高い製品です。

8月 28th, 2008

Posted In: アフィリエイトセミナー参加レポート, ノートブック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です