うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Img_0894
ちょっと前の話になりますが、モニター期間を終えてエプソンPX-5600を返還しました。
このプリンターで印刷をした写真を見た時は本当に衝撃的でした。「惚れ込んだ」と言うのが適切でしょう。一目惚れしてしまいました。
それだけに返すのは誠に残念です。
 

包の手順が書いてあったのでその通りに行いました。
まず、カバーなどの可動部分にクッション素材を挟んだ上で、テープで固定します。上記の写真がその状態です。

Img_0898
次ぎに箱に入れます。
入れ忘れの部品がないか確認を入念に行いました。
 

Img_0899
箱全体をエアマットで二重に包んで梱包は出来上がりです。
 

Img_1821
わたしのオフィスに残されたのはこの1葉の写真だけです。大雪山の黒岳の五合目で撮影をした夜露に濡れるハイオトギリソウです。
 

本当はPX-5600を返還したらすぐにPX-5600を購入するつもりでした。PX-5600の印刷に耐えられる写真を撮るために初心者用ではなく中級用の比較的高価なデジタル一眼レフカメラのキャノン ESO 40Dを購入しました。
画像処理を専用にこなすためのパソコンとモニターも購入しました。
のこるはPX-5600の購入ですが、未だに買わないでいます。

買わない理由は、デジイチ、パソコン、PX-5600用に用意しておいた資金が、故障したバイクの買い換えと自転車が盗難にあったので新たにKHS F20 Westwoodを購入したためになくなってしまったことがあります。

でも気持ちの上では、もっと重要なことがあります。北海道に住んでいた頃は大雪山に良く登りましたが、どの写真をみても印刷したくなるような素晴らしいものが撮れました。普段の生活でもゴジュウカラやアカゲラなどの野鳥やエゾジカやエゾリスなどの野生動物がよく見られ、こうした写真も印刷したくなるものが何枚もありました。
ところが、栃木に引っ越してからはそうした写真が撮れないでいます。印刷したくても写真がないので、PX-5600を買えないでいます

日本百名山の男体山日光白根山磐梯山会津駒ヶ岳に登り、中禅寺湖や裏磐梯の小野川湖にカヤックを浮かべ沢山の写真を撮ってきましたが、どれも印刷したくなるほどのものではありませんでした。被写体が物足りないのです。

今のところは、購入したカメラとパソコンに慣れる時期と割り切っています。秋、空気が澄み、山が紅葉で彩られたら、きっと素晴らしい写真が撮れると思います。
PX-5600の購入はそれまでまとうと思っています。

PR
エプソンダイレクトでPX-5600を買う

8月 27th, 2008

Posted In: EPSON PX-5600

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です