うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Img_3693
lenovo japanのアフィリエイト向け新製品発表会
で当月に発表されたばかりのX200に触れることが出来ました。X200はSOHO、もしくは個人で使用する方向けのモバイルノートブックのパソコンです。DVDドライブのついていない1スピンドルPCなので、軽量コンパクトなモバイルノートを求めている方にはピタリのPCです。
X200の特徴の一つはウルトラベースと呼ばれるユニットを接続することにより、ディスクトップと遜色のない機能を持たせることが出来る点にあります。軽量モバイルとディスクトップ並みの拡張性を持ったPCと言えます。
 

Img_3774
ThinkPad X200用のウルトラベースは優れた拡張性をX200に持たせてくれます。
Lenovo D221 Wideモニター 22.0V型、Lenovo製最大サイズ(08年2月現在) に対応しています。
 

  1. Ultrabay(TM) Slim装備により、このベイにウルトラベイ・スリム・デバイス:Blu-ray/
    CD-RW/DVD-ROMコンボまたはスーパーマルチ・ドライブを装着することができます。別売のシリアルATAハードディスクベイアダプターを使用するとHDDの増設も可能です。
  2. 内蔵バッテリーチャージャーでスペアバッテリーの充電が可能ですから、外出先でX200のバッテリーを消費しても、戻れば新しいバッテリーと差し替えることが出来ます。
  3. デジタルおよびアナログ・ビデオ端子を装備しているのであらかじめディスプレイを用意しておけば、X200を装着するだけでデュアルディスプレイ環境が出来上がります。
  4. 通信ポートにギガビット・イーサーネット(RJ-45)を装備しています。
  5. ステレオ・スピーカーを内蔵し、マイク入力とヘッドフォン出力の端子を装備しています。
  6. USB 2.04ポート装備しています。

Img_3697
液晶
画面
12インチです。lenovoのラインナップの商品番号が変わり、X200の200は12インチを表すように分かりやすくなりました。液晶画面は非常に見やすく、疲れにくい事が見て分かります。 12.1型ワイドTFT液晶 (1,280×800ドット、1,677万色)。
 

Img_3825 Img_3826

キーボードはディスクトップのキーボードと遜色のない大きさと配列で、12インチモニターと同じ小さな筐体一杯に配列されています。一番上のFキーに間が空いていたり、Delキーなどの配列が他社製品と違いディスクトップとほぼ同じ配列になっているのがThinkPadらしいです

ディスクトップを使い慣れたユーザーならスムーズに移行できますが、他社製品のノートブックしか使用したことのないユーザーが移行してきた場合は多少、とまどいがあるかもしれません。しかし、このキー配列はわたしがタイプしたノートブックの中では一番使いやすいキーボードの一つです。

小さな筐体のため、タッチパッドは装備されていませんが、トラックポイントは以前のものに比べるとスムーズに動かすことが出来るようになっているので、すぐになれると思います。
SL300と同様にクリックするボタンに赤い色が復活しています。
 

Img_3812
キーの
タッチは絶妙で、少々高
価なキーボードを購入するよりもこちらのキーボードの方が感覚が良いです。
ノートブック特有のキータッチの浅さが気になりません。これ以上深くても浅くても物足りなさを感じるで
しょう。
力加減も丁度良いです。これ以上堅くても柔らかくても疲れると思います。 
大きなわたしの手でも、キーの一つ一つが通常のキーボードと同じサイズなので、ディスクトップやA4ノートと同様の快適なタイプをすることが出来ます。
 

Img_3719_edited1X200の分解された写真です。キーボードやHDDがはずされています。
 

Img_3761_4
Img_3809

フクロウの羽をモチーフとしたファンがこの中に入っています。ThinkPad Owl Silent Technologyと呼び、空冷ファンの羽の形状はTail Windと呼びます。

Img_3805 Img_3810

ハードディスクの安全性の写真です。
左の写真には、X200を手で持って左右に揺すっている様子を、アプリケーションが検知している様子を移しています。これが落下の加速度を検知するシステムで、落下前にハードディスクの円盤の上にある針を円盤の上からどかします。

このシステムの凄いところは、電車の中で、膝の上でX200を使用しているような場合、定期的な振動や揺れがあることを理解して、落下とは異なることを学習して、針をどかさないようにする事です。

右の写真は保護ケースに入ったハードディスクをマグネシウム製の筐体に差し入れている様子です。

左の写真のようにソフト的な保護と、右の写真のようにハード的な保護の二重の保護がハードディスクに対して施されています。パソコンで最も重要なものはマザーボードでも液晶ディスプレイでもなく、データだと言うことを理解している証拠だと言えるでしょう。

Img_3766 Img_3818_2

右がキーボードの受け皿の写真です。
万一、キーボードのコーヒーなどをこぼしても、この受け皿がマザーボードへ液体がしたたり落ちるのを防いでくれます。

受け皿で受け止めた液体は、左の写真のように底の排出口から流れでるようになっています。

この記事はレビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

PR

lenovo ThinkPad X200

プロセッサー インテル® Core™2 Duo プロセッサー P8400
初期導入OS Windows Vista® Business 32 正規版
メモリー(空スロット数) 1GB(空1)
HDD 160GB(5,400rpm)
オプティカル・ドライブ なし
ワイヤレス インテル® Wireless WiFi Link 5100AGN (1×2)
Bluetooth あり
ディスプレイ 12.1型ワイドTFT液晶 (1,280×800ドット、1,677万色)
指紋センサー あり
質量(バッテリー・パックを含む) 1.35Kg
ダイレクト価格 157,500円 (税込)期間限定 9/4まで

8月 31st, 2008

Posted In: ノートブック, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です