うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Img_0901
モニターとして貸して頂いているThinkPad SL400をモバイルノートとしてAMNのセミナー会場へ持って行き、当日の模様をリアルタイムで入力してみました。
持ち重り、日常とは違う環境でのタイプのしやすさ、筐体の大きさと当日のテーブルの大きさが合うかどうかなど、モバイルノートとして実際に使えるかどうかのテストも兼ねています。

最近はモバイルノートよりも一回り大きい13インチノートブックが価格もこなれて、重量も軽く人気がありますが、SL400はそれよりも一回り大きな14インチタイプです。モバイルノートとして使えるのでしょうか?
 

運ぶ重さと持ち重り

lenovoのSL400のスペックを見るとSL400の重量が役2.5kg、付属品が約0.4kg、合計で2.9kgほどあります。わたしはこの日は、ハイエンドコンパクトデジタルカメラとエプソンのフォトビューワ P-7000その他の機器を持参していきましたので、総重量は6kgを越えていたと思います。

わたしは登山をするので日常、思いものを背中に背負うことには慣れていますから苦になりませんでしたが、一般の方がモバイルノートとして持ち歩くには重すぎると思います。
SL400だけを持って行くので有れば重くは感じないと思いますが、ACアダプターなどは必要でしょうし、その他の持ち物も当然あると思いますので、モバイルノートとして常用するのは無理でしょう。

片手でも楽にもてましたし総重量2.9kgとしては持ち重りはしませんでした。筐体内部の重量配分がよく考えられているのか、この点は分かりません。

画面の大きさと見やすさ

14インチの良さが十分に発揮されました。
他のモバイルノートと比べて2回りも大きいディスプレーなので、タイプをしていても疲れませんし、上下、2段にアプリケーションを表示させても使用できました。惜しむらくは1280×800の解像度なので、もう一回り大きな解像度のディスプレーが欲しいところです。

タイプのしやすさ

ThinkPadシリーズの最大の特徴の一つがタイプのしやすさです。
筐体にあまりがあるので、タイプをしていても、パームレストの代わりとなったりと、疲れにくく感じます。キー配列は他のThinkPadシリーズとは違っているのですが、他社のモバイルノートと共通なので、わたしの場合はむしろタイプしやすかったです。

バッテリー駆動時間

lenovoのSL400のスペックでは3時間と4時間のモデルがあります。わたしがモニターをしているSL400は3時間タイプの様です。セミナーは大抵は2時間で終わるので、バッテリーの容量で支障は有りませんでした。

モバイルノートとして使った場合の所感

重量の観点から見ると、日常は机の上で使用するコンパクトなディスクトップの代わりとして使い、必要な時だけモバイルとして持ち出すという使い方が賢明と思います。

その代わり、出先でも机に置けば、モバイルノートよりも快適な環境が手に入ります。日常的にパソコンを鞄で持ち歩く必要のない方むけのノートパソコンだと思います。

わたしのThinkPad SL400 レビュー(10/11 2008追加)

  1. 初期導入編 | モニター製品としてやってきた
  2. デュアルモニター機能比較編 | 3台のパソコンの比較
  3. 日常業務編 | メインパソコンとして使用する
  4. モバイル編 | AMNセミナーに出席
  5. モバイル編 | 空いた時間を有効活用

レビューポータル「MONO-PORTAL」の記事はレビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

PR

10月 4th, 2008

Posted In: ThinkPad SL400

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です