うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Img_0087
Panasonic Let’sNOTE
冬モデルの発表会がありましたので参加しました。
当日の目玉製品は持ち運び用の取っ手付きF8ですが、冬モデルでは既存のモデルにもバリエーションが増えていました。

当日はPanasonic Let’s NOTEの冬モデルの説明とF8の説明、Let’s NOTEの写真撮影の3部構成となっていました。 
 

Let’s NOTEの冬バモデル

Img_0085
Panasonicの直販サイト、MyLet’s倶楽部限定の製品の紹介がありました。

これまではプレミアムエディションでしか選べなかった黒色が、プラス5000円で選べるようになりました。Let’s NOTEはシルバーのイメージが強かったのですが、これからは黒いLet’s NOTEを目にする機会が増えるかもしれません。

イメージカラーで言うとThinkPadはつや消しの黒Let’s NOTEはシルバーです。これが変わるかどうか、興味のあるところです。
 

Img_0093
Let’s NOTEの歴史と簡単な紹介もありました。
Let’s NOTEはご存じの通り、モバイルノートのシェアと顧客満足度がNO1のPCです。

ユーザーに支持されている理由として、「軽量・長時間・頑丈」を上げていました。軽量と長時間・頑丈は相反するので、そのバランスの採り方が支持されている理由でしょう。
 

Img_1207
実際にF8とダイナブックをCRATECで持ち比べてみましたが、ダイナブックの方がカタログ上の重さは軽いのにもかかわらず、持った感覚ではF8の方が軽く感じました。

コンパクトな筐体の中のパーツの配置が、重量配分まで考えられているのではないかと思いましたが、考えすぎでしょうか?
 

Let’sNOTE F8の紹介

Img_0096
ニューモデルのF8の紹介です。取っ手がついたモバイルノートは珍しい存在です。

取っ手がついた分、これまでとは違った使われ方がされると想定して、目に見えない筐体の内部で補強が成されているそうです。
取っ手回りを含めて各部分の強度はタフブックと同等という話でした。
 

Img_0103
ドライブ

タフブックと同等の強度を持たせながらより軽量なドライブを開発して内蔵しています。

Img_0104
冷却ファン

タフブックと同等の堅牢さと冷却力を持たせながら、タフブックでは2本あったパイプ1本にするなど軽量化に成功した冷却ファンが搭載されています。
 

Img_0107
ハードディスクドライブ

分厚い保護用の素材が張られています。
素材はHDDの位置によって厚さや材質が変えられていて、HDDを衝撃から守るのに最適に張られています。位置によって色が付けられているのがユニークと思いました。
 

Img_0108 Img_0109

筐体と天板。
当然ですが、十分な強度を確保しています。
特に天板の凹凸は、デザインとしての変化だけでなく強度を増すためのものでもあります。

F8のカラーバリエーション

Img_0194 Img_0214

Img_0222 Img_0221

Img_1616
F8と引き合いに出されているタフブックです。CEANETで撮影したものです。
世界ラリー選手権など砂塵の中など過酷な環境での使用を前提に作られたノートブックです。
 

PR マイレッツ倶楽部で購入する

マイレッツ倶楽部 TOP

Let’sNOTE F8

10月 10th, 2008

Posted In: アフィリエイトセミナー参加レポート, ノートブック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です