うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Img_1226
ミニノートPCはキーボードが小さすぎて、手の大きなわたしには打てないので全く興味が有りませんでした。しかし、日本のノートPC市場の1/5前後がミニノートPCで占められたと聞いた直後に、CEANET Japanで東芝がNB100を展示しているのを見つけ、とうとう国内メーカーも参戦したのかと驚きました。CEANET Japanで実機を見るまでNB100の事は全く知りませんでした。
白紙の状態で触れた事になります。
 

eMobileなどの他機種は知人が持っているので使ったことはあります。
造りが簡素でとても重要なデータを保存しておきたくなるような筐体ではありません。HDDのデータを安全に保存する対策も施されていそうにありません。それだけでも手が出しにくい製品です。

NB100 体験レビュー

CEANET JapanのモバイルPCブースに1日いたわたしですが、東芝のNB100の前になぜ行列が出来るのか、不思議でした。国内主要メーカー初のミニノートPCとうことを知らなかったからですが、来場者の多くはNB100を見に来ていたのではないかと思います。
見に来る人の1/3位は日本語を話さない国の方でした。
 

Img_1220_2 Img_1264_2
中国系のビジネスマン 仲良くなったアメリカ人

Img_1256
わたしは手が大きくタイプが遅いので、まずキーボードを見るようにしています。
ボディーからやむを得ませんがキーは小さく、大きさも同じで打ちに初ものです。
ただ、他社の同等の機種に比べるとキーピッチなどが良いように感じました。
 

Img_1232
トラックバッドの精度は良く、ほぼ動かしたい箇所にポインターを移動できます。
クリックも違和感なく操作できました。
 

Img_1244
外部端子は、SDカードスロットが1つとUSB端子が3つ、D-Subがついているだけのシンプルな構成です。
ミニノートPCでプレゼンテーションを行えるかは微妙と思いますが、D-Subを用意しているのはプレゼンテーションを意識してのことでしょう。
D-Sub端子が裏面にあるのは、わたしは個人的には好きです。側面にあると以外にスペースを取るので、小型のボディーの利点が薄れるからです。
 

Img_1250
USB端子は右に1つ、左に2つと分散されています。
 

Img_1261
ミニノートPCとしては、先行他社の製品と大きく違う点は見あたりませんでした。
キータッチが良いこと、ハードディスクが120GBと容量に余裕が有ること、USB端子が3つ用意されていることが目立ちました。
目に見えない違いは、国内の主要なメーカーの東芝が製品化したと言うことでしょう。アフターサービスやオプションパーツなど、高価になると思いますが、安定して供給されるはずです。信頼感が違うと行った所でしょう。
 

この記事はレビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

スペック

CPU Intel(R)Atom(TM) N270 (1.6GHz)
メモリ 1GB
ハードディスク 120G
ディスプレイ 8.9インチワイド(1024×600)
バッテリー駆動時間 2.9時間
重さ 1050g
Bluetooth Ver2.1+EDR準拠

PR

Img_1227
楽天市場で東芝 NB100を購入する
Yahooショッピングで
東芝 NB100
購入する

10月 18th, 2008

Posted In: ノートブック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です