うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Img_1326_2
バリューコマースエキスポで知人にHPのブースと担当者を紹介して貰いました。

このときに紹介をして貰ったのがミニノートのHP 2133 Mini-Note PCでした。ミニノートはキーボードが小さすぎてわたしの大きな手ではタイプできないので興味もなかったのですが、HPのミニノートは17.5mmのフルサイズに近いサイズで、日本語キーボードに準拠しています。しかもファンクションキーもついているので、タイプのしやすさは抜群でした。
 

わたしとHPのこれまでの関係

Img_1294_2
わたしとHPの関係は、15年以上も前にマッキントッシュを使っていた頃にモバイルプリンターを購入して以来、縁のないメーカーでした。

最近も画像処理用のディスクトップを購入しましたが、幾つかのメーカーや販売店で比較をしましたが、HPは全く念頭になく、HPのwebsiteを見て商品を見
ると言うこともありませんでした。

好き嫌いというのではなく、そもそも個人向けのPCを取り扱っているPCメーカーというイメージがなかったのだろうと思います。知名
度は抜群ですが、所詮は大企業しか相手にしていないメーカーという気持ちが合ったのではないかと思います。
 

HP 2133 Mini-Note PCの紹介

Img_1328_2
今回、紹介をして貰ったHP 2133 Mini-Note PCはすでに販売後、半年前後を経過している製品です。ハードの情報には敏感な私ですが、メーカーに興味がなかったからか、まったく知りませんでした。

担当者の話では、発売当初から爆発的に売れて生産が間に合わず、ようやく半年を経過して安定的に製品を供給できるようになったということです。

わたしも、発売直後にHP 2133 Mini-Note PCの存在を知っていれば購入したと思います。仕事柄、モバイルノートは所有していますがそろそろ買い替えの時期なので、物色をしているからです。
特にわたしが気に入ったのが筐体の大きさに似合わないほど大きなキーボードを搭載していることです。

HPのミニノートと他社製のミニノートの違いはCPUが他社製はAtomと使用しているのに比べて、HPはVIA C7®-M ULV プロセッサ (1.2 GHz, 128 KB L2 cache, 800 MHz FSB)もしくはVIA C7®-M ULV プロセッサ (1.6 GHz, 128 KB L2 cache, 800 MHz FSB)を使用しているので、処理速度がやや遅いといったことが上げられます。
ただし、Windows XPへのダウングレードができるので、XPで使用する分には問題はないでしょう。
 

スペック

スタンダードモデル

CPUはVIA C7®-M ULV プロセッサ (1.2 GHz, 128 KB L2 cache, 800 MHz FSB)を搭載しています。
メモリは通常で1GB、最大2GBを搭載できるので十分です。
HDDは120GBを搭載しているので、これも十分です。
無線LANは802.11b/gに対応しています。セキュリティもWEP, WPA, WPA2などに対応しているので、問題ないでしょう。
ディスプレイは8.9インチワイドTFTカラーWXGA液晶ディスプレイ「1,280×768」です。これも十分です。
外部ディスプレイは最大 2048 x 1536ですから、まず不自由を感じることはないでしょう。
質量は約 1.27 kgで、まず平均的な重さです。
バッテリー駆動時間が最大 約 2.3 時間と短いです。
 

ハイスペックモデル

CPUはVIA C7®-M ULV プロセッサ (1.6 GHz, 128 KB L2 cache, 800 MHz FSB)を搭載しています。
メモリは最大2GBを搭載できるので十分です。
HDDは160GBを搭載しているので、これも十分です。
無線LANは802.11b/gに対応しています。セキュリティもWEP, WPA, WPA2などに対応しているので、問題ないでしょう。
ディスプレイは8.9インチワイドTFTカラーWXGA液晶ディスプレイ「1,280×768」です。これも十分です。
外部ディスプレイは最大 2048 x 1536ですから、まず不自由を感じることはないでしょう。
質量は約 1.27 kgで、まず平均的な重さです。
バッテリー駆動時間が最大 約 4.6時間 (6セルバッテリ使用時)、最大 約 2.3 時間 (3セルバッテリ使用時)。
 

キーボード

Img_1329_2
最大の魅力がキーボードです。
フルサイズに近い17.5mmのキーを使用していて、キーの配列もフルサイズのPCに準拠しています。
わたしの大きな手のサイズで、完全にブラインドタイプが出来るミニノートはこれしかないでしょう。
 

バッテリー

Img_1331_2
モデルはローエンドモデルとハイエンドモデルの2種類があります。価格差は約15,000円なので、間違いなくハイエンドモデルを購入すべきでしょう。

予備バッテリーがあればモバイルノートとして、十分な作動時間を確保できます。
バッテリーは大きくなく、軽量なので邪魔になることはないと思います。
 

左右と前面の写真

左右のUSB端子などの写真です。

Img_1332_2
外部ディスプレー出力用のD-SubポートとUSBポートが1つ、INとOUTのオーディオ端子が見えます。
 

Img_1333_2左からSDカードコネクター、USBポートが1つと有線LANポート、電源コネクターが見えます。(SDHC対応です)
 

Img_1334_2
正面はトラックパッドとその左右にあるトラックパッドのON/OFFスイッチが見えます。
 

Img_1335_2
天板。
フルアルミボディです。
安っぽい樹脂製やプラスチックではないところが魅力です。
 

今後のHPのミニノート

わたしは先日、今使用しているモバイルノートのバッテリーを新品に交換したので、あと1年くらいは現行機種を使うつもりでいます。

現行機種は既に販売後半年を経過していますので、そのころにはHPのミニノートもモデルチェンジをしているはずと思います。
既に大手メーカーの東芝やDELLがミニノートを発売しているので、HPとしてはそれを上回る機種を世に送り出さなければならない時期にさしかかっています。

モデルチェンジの製品がでたら、新発売と同時に買おうか検討中です。
当然、今度の機種にはAtomが搭載されるでしょうし、さらにユーザビリティに工夫が加えられ、例えばUSB端子が3つになるなどの改良が成されると思います。

1/13 2009にTREviewへのリンクを追加しました。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

この記事はレビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

1/16 2009 追加
わたしのミニノートレビュー記事

わたしのHP 2133 Mini-Note PCのレビュー記事

PR

11月 6th, 2008

Posted In: ノートブック, ヒューレットパッカード HP 2133, ミニノート(ネットブック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です