うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Img_03601 DELLが開催したリンクシェアのアフィリエイター向けのセミナーと、AMNのブロガーミーティングの双方でDELL Inspiron Mini 12を体験したレビューです。

これまでのミニノートよりも一回り大きい12インチ画面にした事により、キーボードが大きくなりタイプがしやすくなり、モニターも見やすくなりました。先行発売されているMini9の欠点や他メーカーのミニノートの欠点をモニターして上で、DELLが世に送り出したミニノートと言えます。
 

Img_0342 DELLでの位置づけは、Mini9と違って、持ち運びするためのモバイルノートとしても使えるだけでなく、家庭でのネットサーフィンやメールのやりとりを中心としたライトな使い方なら十分に耐えうる機種という位置づけです。

実際、イラストレーターやフォトショップなどを使用しなければ十分なスペックといえそうです。
 

Img_0445 手に持ったところ、Mini9に比べて数百グラム重いはずですが持ち重りしません

モバイルノートは高価で手が出しにくかったユーザーもこの価格なら購入に踏み切ってくれるというDELLの読みは、この持った時の軽さに現れています。
 

Img_0343 キーボードはフルサイズのパソコンと同じ配列で、同等にタイプする事が出来ます。

惜しむらくはMini9にはあった「Fn」キーと連動してタイプできた「home」と「end」キーが無くなった事でしょうか。この2つのキーはヘビーユーザーほど多用するキーなので、なぜMini9には有ったのにMini12で搭載しなかったのか解せません。

わたしがノートブックを購入する際の基準の一つはキーボードに有りますが、この2つのキーがなければそれだけで購入の対象から外します。それほど重要なキーです。
 

Cimg1318 キーボードをタイプした感覚は、値段相応と言ったところでしょうか?
 

Cimg1322 キーの表面がほぼ平坦なため指先になじみにくく、ピッチもしっくり来ません。

長時間、多数の文章を打てるキーボードではありませんが、DELLの想定しているユーザーがそもそもそれほどのヘビーユーザーではない事を考えると、このキーボードを採用する事でコストを抑えられれば、それで良いのだろうと思います。
 

Cimg1325 Mini9ではファンクションキーが無い事で評判を悪くしましたが、Mini12ではしっかりと搭載されています。ファンクションキーが無いと使い勝手が非常に悪くなるので、これは重要なことです。
 

Cimg1302 トラックパッドクリックは平均的な感度を持っています。
ポインターを動かしたい位置に動かしたりする分には、不満は有りません。トラックパッド上を指先でたたくとクリックしたと同じ動作をする事も、他の機種と同等で、反応も良いです。

左右のクリックがトラックパッドの下にあり、大きさも左右均等であることは使いやすいです。クリックした感覚も、反応も良いです。
実用上、不満を感じることはありませんでした。
 

Cimg1307 デザインは悪くありません。
ホワイトとブラックの2つのカラーが有りますが、安っぽさは有りません。
ブラックは色の関係上、指紋や傷が目立つので、神経質な方には向かないと思います。写真を撮影する時は、必ず指紋をふき取ってから撮影をしていましたが、それでも指紋が目立ちました。
 

Img_03521 向かって右の側面にはUSBポートとLANポート、SDHCカードリーダー、マイクロホン端子とスピーカー端子が取り付けられています。
 

Img_03551 向かって左側には電源端子、D-Sub端子、USBポートが2つ着いています。

左右合計で3つのUSBポートが着いているのは、2つの機種と比べて使う上でとても便利といえます。

例えばホームユースを想定すると、1つはマウス、1つはテンキーに使用すると、空いている端子が2つの場合は無くなります。USBメモリーなどを使うには3つのUSB端子が有った方が抜き差しをしなくて良いという意味で使い勝手が良いです。
 

Img_03391 ACアダプターがこれまでのモバイルノートに比べるとやや小型なのは、消費電力が抑えられているからです。

バッテリーの持続時間が3時間あまりとそれほど長くないので、モバイルノートとして使う場合、ACアダプターを持参するのは必須となりますが、それほど大きくなく重くもないので、持って歩くのに支障は無いでしょう。
 

Cimg1315 天板と液晶モニターのわざと負荷をかけてみました。ふにゃりとした感覚があり、耐久性はなさそうに感じました。液晶モニターを開ける時には、必ず中央に手をかけて開けるべきでしょう。写真のような開け方をするとすぐに壊れそうに感じました。br /> ちなみに、液晶モニターを閉じる時にロックはされません。最近はロックしないモバイルノートが主流のようです。
 

Img_0844 Mini9とMini12の大きさの比較です。
 

Img_04382 Mini12の面白い点は、ミニノートとしては珍しくBTOに対応している事です。自分の使用目的に会わせてCPUやHDDを変更する事が出来ます。
 

購入すべきか?

Img_0443 価格が10万円足らずで購入できる事を考えると、ディスクトップを普段は使用していて時折り外出にノートブックを持って行きたいユーザーにとっては値段がモバイルノートとの半分前後と安く、必要最低限のポートを備えているので購入する価値は有ると思います。

ホームユースでネットサーフィンやメールの送受信が主な用途なら最初の1台として購入するのとしたらどうでしょうか?
ディスクトップのように本体とディスプレーを一度配置すると動かせないという事はなく、軽く持ち運べる上にモニター一体なので場所を取らずに何処ででも使えます。これはメリットです。
CDドライブやDVDドライブは外付けとなります。これらの機器は使用頻度は少ないですが、必須のアイテムですので購入する前提で予算を組むべきでしょう。Mini12をメイン機種として1台で使うとすると、本体以外の周辺機器も用意しなければなりませんからデメリットといえます。

モバイルノートにこだわらなければ、同等かそれ以上のコストパフォーマンスを備えたノートブックも購入できる価格なので、比較検討の余地があります。
わたしは、最初の1台にこのMini12はお薦めしません。同じノートブックを購入するのなら、頻繁に持ち運ぶ方以外はDVDドライブが搭載されている機種を購入する事をお薦めします。2台目のPCとしてなら、キーボードに「home」と「end」が無い欠点を許容できるので有れば、購入する価値は有ると思います。
 

1/13 2009にTREviewへのリンクを追加しました。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

この記事はレビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

1/16 2009 追加
わたしのミニノートレビュー記事

PR

Cimg1300
DELL オンラインストアでInspiron Mini 12を購入する
楽天市場でDELL Mini12を探す

11月 14th, 2008

Posted In: ノートブック, ミニノート(ネットブック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です