うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Cimg1745 11/7(2008)にガレリア銀座で開催されたEIZOのアフィリエイター向けの製品開発のセミナーがありましたので参加しました。(ASP:リンクシェア)

当日に開発の話が出た製品は、以前に当ブログで取り上げたマウスとTVリモコンを合わせた機器のC@T-oneとハイビジョン映像を楽しめるFORIS.HD DT27ZD / DT24ZDでした。

C@T-oneは、わたしはモニターとして頂いているので使っていますが、実際の使用では使いにくく失敗作と思っていたのですが、わたしが考えていたのとは逆に人間工学に基づいた、使いやすさを考えた設計が成されている事が聞けるなど、大変に興味深いセミナーとなりました。
 

以下、わたしの所見を交えながら当日の模様を記録しました。

C@T-one の開発秘話

Cimg1750 話は開発の新田さんです。

C@T-oneの開発は、構想を初めてから発売まで1年弱くらいかかりました。発売日は今年(2008)の9/12です。
 

開発のきっかけ

Cimg1748 PC画面にTVを表示させることのできるモニターも既にあったので、わざわざPC用のマウスと、TV用のマウスを一つにする必要が有るのかという、疑問が定義されました。
しかし、PCとTVの操作性がまるで違うので、一つの製品にならないかと言うところから開発の話が始まりました。PC上でTVを見るユーザーは少数と判断したのだろうと思います。
 

ネーミング

マウスは日本語でネズミ >> 補食するのは猫 >> 補食するのは犬かな?
と言う話から、これまでのマウスの概念を覆すと言う意味合いを込めて、ネズミを補食する猫を名前に取り入れました。
 

形状

形状は以前、アップルで似た商品が世に出したことがあったそうです。大昔はマックユーザーだったわたしは、何となくアップルがこの手のデザインのマウスを出した事が理解できました。しかし、アップルの製品はC@T-oneとはコンセプトが違っていた事もあり、売れずに廃番となったそうです。

Cimg1812_2 EIZOでは機器のアイコン化を重視しています。
例えばリモコンにはドーナツ型のスイッチが取り入れられています。
C@T-oneも基本構想にドーナツ形状が取り入れられました。
 

人間工学に基づいた形状の模索

Cimg1749 丸い形状は使いづらいことは分かっていたそうです。そのため、丸い形状でありながら、ユーザーが使いやすくするにはどうすればよいのか、形状や大きさを決めるのに2ヶ月弱をかけました。

この形状にあたっての重視したことは、使いやすい製品にすることでした。
 

  • 手に持つ機器と言うことで持ちやすさ、疲れないことにこだわりました。
    デザイナーの川崎和男は医学博士でもあったので、交渉が大変だったそうです。一言で言えば人間工学、あらゆる形状から考えました。
    疲れないための工夫
    • 脱力状態に合わせる
    • 多点支持を維持する。手の平と複数の指でマウスを支える。
    • 手首が机に着くこと。手首が着かないと非常に疲れる。
    • 上記から形状が考え出されたので、あとは指の長さを考えた大きさとすればよい。
  • なぜ円形なのか?
    • 右利きでも左利きでも使えるというメリットがあります。
    • 裏話として、テレビのリモコンとした場合、赤外線の送信部に指がかかってしまうことが開発段階で分かったそうです。そのため、左右利き腕に対応するために赤外線の送信部を2箇所持っています。

なぜ、マウスとリモコンを一緒にしたのか?

Cimg1752 TVリモコンとマウスを一緒にすれば便利になるのではないか、と最初に考えた。つまり、ユーザーが使用するリモコンを取り替える煩わしさを解消することが目的でした。
 

最初はマウスとTVのモード切り替え用のスイッチを付けようと言う案もあリマしたが、PCマウスとTVリモコンで使い分ける時にひっくり返すのだから、加速度センサーによって自動的に動作モードを切り替えるようにしました。

加速度センサーを内蔵しているとは思いませんでした。
この結果、電源が入っているのは表面のみとする事が出来るので、下面のスイッチを押しても誤操作が起きる事が防がれる事となりました。その上、表面しか電源が入っていませんから、内蔵電池の長持ちにも役立ちます。

なぜ単三電池なのか?

Cimg1948 わたしも今の時代、なぜ使い捨ての単三電池を使用するのかが理解できませんでしたが、開発者はわたしよりもさらに奥深く考えている事が分かりました。
 

リチウム電池などの内蔵充電池は劣化問題が伴います。内蔵充電池が劣化して充電してもすぐにバッテリー上がりを起こしてしまうと、ユーザーは使い捨てて仕舞うかもしれません。内蔵充電池は以外に高く着くので、買い換える方が安上がりの場合が多いからです。

一旦世に出した製品は長く使って欲しいという開発者の思いがあったそうです。
内蔵充電池だと劣化したら使われなくなると考えたので、充電式の単三電池を使用して貰うことを考慮して単三電池にしました。

わたしもニッカド水素の単三充電池を用いています。奇しくも開発者の考えとわたしの使用方法は一致していました。

充電式の単三電池は公称1.2Vしか無いので、開発の初期から対応しています。アルカリ電池は1.5Vなので、製品によっては1.5Vでないと作動しないものも有るそうです。

切り替えスイッチがない理由

この辺りは、いかにも開発者ならではの話として興味深かったです。ユーザーは無いものには興味を示しません。なぜなら無いから気づかないのです。
 

PCマウスとTVリモコンの切り替えスイッチがあると見栄えが悪くなります。デザインをする上で制約を受けるという意味でしょう

スイッチの切り忘れは電池の寿命を縮めると考えました。スイッチは必ずと言っていいほど切り忘れが有ります。特にリモコンの様に電源が入っている事が明確に分からない機器はなおさらです。

電池寿命を考慮するとスイッチのないことが必要となるとかんがえました。一定時間を経過すると自動的に電源がオフになります。

表にするとマウス、裏になるとTVリモコンに自動で切り替わります。

電源の立ち上がり

一度回路を殺しているので、立ち上がりに時間がかかります。これはわたしが使用していて苛つく部分でした。
 

わたしの場合、C@T-oneは主に画像処理用のディスクトップで使用しているので、業務中でも数時間使用しない事がしばしばあります。数時間使用しないと自動的に電源がオフになるのは大変にありがたいのですが、マウスを左右に動かしても容易に再起動してくれません。3回から5回左右に振ってようやく電源が入ります。わたしが主として使用しているのはMicrosoftのマウスですが、軽く右か左へマウスを振るだけで電源が入ります。

上記の点をわたしが開発者に言うと、「スイッチが無いので、根本的に機能が違っている。開発のコンセプトが違っていると思われる。」と言う回答になっていない回答でしたので、どうも話がかみ合いませんでした。表面と裏面を切り替える加速度センサーを付けるくらいなら、マウスの電源の自動オン・オフももっと素早く対応して欲しいというのがわたしの希望でした。

なぜ、番組表ボタンがないの?

番組表を出して、次ぎに必要なボタンはカーソルボタン4つ、次ぎに決定ボタンなど10個のボタンが必要となります。
番組表を操作するリモコンのボタンを調査したところ、各社で数や仕様が違っていたそうです。そのため、あえて番組表ボタンを付けませんでした。
 

このぽっちはなに?

Cimg1757 リモコンはテーブルの上に置かれるものという前提で開発しました。

綺麗なデザインをしたが、置かれた時に傷が着かないようにぽっちをつけています。
 

メーカーはユーザーにあえて言わないが、色々な努力をしています。ぽっちりもその一例です。
この辺りの気持ちは、同じ開発者として思わずうなずいてしまいました。わたしはネット上のプログラムを作成するシステムエンジニアですが、ユーザーの使い勝手を考えて作成します。その結果、ユーザーに支持されてアクセスの増加や、使いやすいインターフェイスという評価を得る事が出来ますが、なぜメニューバーがこの位置にあるのか、はやりのプルダウン式のリンクやJavaScriptを使用しないのかなど、ユーザーに向かっては言う場が有りません。でも開発者は、言いたい機会を持ちたいのです。

これは何のため?

Cimg1758 ボタン面を見ないで操作するためのブラインドタッチ用の形状です。
これがあるので、ボタン面を見ないで操作できます。
 

これは何なの?

Cimg1759 ストラップ用の穴です。
店頭では盗難防止用のケーブルを付けることも出来きます。
 

乾電池の液漏れ対策

Cimg1760 乾電池には必ず起こること。
液漏れが起きると、電気機器の基盤などを破損して2度と使い物にならなくなります。
C@T-oneは漏れにくい設計をしています。
長期間使用しない時は、電池を抜いておくことが一番です。
 

なぜ電池の液漏れが起きるのか?それは内圧が大きくなると破裂するので、破裂を防止をするために液漏れするように作られているからです。
100%防ぐ手だては無いので、必ず電池を抜くことです。
乾電池のこうした仕組みは初めて知りましたので、興味深かったです。

赤外線送信部

Cimg1766円形なので、角形のリモコンと違い正面に向けて赤外線とレンズを配置できないので、送信部のLEDとレンズに工夫をしました。
意図した方向(つまりリモコンを向けた方向)に赤外線がとぶようにしました。
 

トップカバーの構造設計

Cimg1769 ボタンを押した時の荷重にいかに耐えるか、設計で苦労をしたそうです。
どの部位にどれだけの荷重がかかるかが、パソコン上で全てシュミレートすることが出来る時代となったので、まだしも楽だったそうです。
 

FORIS.HD DT27ZD1 / DT24ZD1

EIZOの絵創り

Cimg1773

  • コンテンツの制作者の意図を忠実に再現すること
    Cimg1776
     
    • 映像が訴える「何か」が伝わる
    • 映像だけでは怖くない、悲しくない。音が加わることで怖さを感じる、悲しさを感じる様に、人間の脳が働いている。
    • 映像+音()感動と雰囲気が伝わる=高画質
    • FORISは映像とスピーカーが1対1のサイズを取っている。
  • 長時間見ても疲れないテレビCimg1782 >
      「幸画質」の造語
    自動シャープネスの背景
    • 地デジの普及
    • 4:3映像(SD画質)?昔の映像。これがハイビジョンと同時に流れるようになった。
    • ハイビジョン放送だったが、先鋭感の無い放送
    • SD映像の画素数720?420→ハイビジョンで放送すると2倍以上拡大するのでぼける。
    • 自動シャープネスの効果
    • EIZOの製品は映像を常に監視していて、SD映像をシャープに加工する。
  • 黒レベル自動調整の背景
    • ハイビジョンの時代となり、テレビの制作にも変化が起きた。
    • ハイビジョンカメラで映画に近い雰囲気の「暗い」場面が撮れるようになった。
    • 映画はもともと暗い環境で見ることを前提としているが、テレビは明るい環境で見るものなので黒が潰れて「見えない」こととなる。
    • 液晶テレビでもプラズマテレビでもCRTテレビでもプロジェクターでも明るい環境では同じく、暗さが見えない。
    • 真っ暗な環境では100%の性能を発揮できるが、明るくなるに従い見えなくなる。
    • 100から200ルクス 夜間のリビング
    • 昼間のリビング 2000から5000ルクス 反射光がうつり込む。コントラスト比が数十対1と低い値となるので、見ていてつまらない映像となってしまう。
    • 明るい環境下で、何処まで見えるのか?
      • 明るい環境ほど人間の目は見えるので、暗いものを見るのが苦手となる。
      • 人間の脳が認識できるコントラスト比は1万対1まで認識できる。カメラでは絶対に出来ないコントラスト比。
      • 瞬時コントラストは2000対1位と言われている。
      • 人間の目は明るいものと暗いものを同時には認識できない。
      • 視力の良い人は悪い人よりも認識できる。
      • 年齢を重ねると視神経が衰えるので、認識できなくなる。お年寄りのいる家は出来るだけ明るくしてあげるのはこういう理由がある。
      • 実験環境が1800までしかできなかったので1600でデータが切ってある。
    • 明るい環境下では、どう見える?
      写真の例はラスベガスのホテルの写真。Cimg1793
       
      • ヒストグラムが暗い方に偏っている
      • 明るい環境下でみると、暗い方が見えなくなる。
      • 潰れた黒輝度を上げてあげる。
    • 明るさの自動調整の新化
      • テレビの大型画面化
        • 目に入ってくる光量が拡大する。
        • 目を細めるなどの自衛措置を人間はと
        • 眼精疲労が問題になる。
      • 疲れない措置を自動でテレビ側が行う
        明るさの自動調整の実際
        • 視聴環境(画面周囲)の環境光をセンサーで測定
        • 入力映像をリアルタイムに解析
        • 撮している環境の明かりと撮している映像を自動で解析して、最適な映像に調整して映像として流す。
        • 明順応と暗順応
        • 照明光学に基づく白輝度の制御
        • 長時間の視聴でも疲れないテレビ(映像)となる。

質疑応答

Cimg1738 テレビは店頭モードがあり、設定を変えないと疲れるそうです。開発の担当者はバリバリモードと読んでいました。
このばりばりモードを知らないで使っていると、眼精疲労を起こしやすいそうです。

3歳児まではテレビを間近でみたがる(見えないから近づいてみる)ので、バリバリモードで見せてしまうと、視力が悪くなりやすくなるそうです。子供がテレビに近づいて見るときは、話して遠ざけてあげるようにしてくださいとの事でした。
 

1/13 2009 TREviewへのリンクを追加しました。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

わたしのFORIS.HDの記事

12/ 1 2008に下記のリンクを追加しました。

  1. EIZO マウスC@T-oneとFORIS.HD DT27ZDの開発秘話 | アフィリエイトセミナーレビュー
  2. ここまでこだわっていた!| EIZO FORIS.HD 開発秘話 (DT27ZD1 / DT24ZD1)

PR

EIZO ダイレクトで リモコン機能付きマウス C@T-oneを購入する

EIZO ダイレクトで液晶テレビ FORIS.HD DT27ZD1-WTを購入する

EIZO ダイレクトで液晶テレビ FORIS.HD DT24ZD1-WTを購入する

11月 13th, 2008

Posted In: PC/パソコンの周辺機器, アフィリエイトセミナー参加レポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です