うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

デジタル家電やゲームの商品レビューを集めた
ソーシャルブックマークサービスのみんぽすに、わたしが自分で書いたレビュー記事を投稿するようになったのはごく最近です。これまではみんぽすから貸与された製品のレビュー記事だけを投稿していました。これまでに書いてきたレビュー記事を投稿してみると、既に他人が投稿をしている場合が数件見られました。他人の書いた記事をめざとく見つけて投稿してポイントが稼げるみんぽすのシステムが果たして妥当かどうか、考えさせられました。

みんぽすの趣旨は、デジタル家電やゲームの商品レビュー記事を集めて紹介するというものですから、投稿者が書いた本人でも第三者でもかまわないわけです。レビュー記事が多い方がみんぽすを購読するユーザーにとっては親切ですから、これはこれで良いことだと思います。レビュー記事を書いても投稿しないユーザーの方が現時点では圧倒的に多いでしょうから、投稿されない記事を見つけて投稿する第三者がいることは、みんぽすにとっても、購読ユーザーにとっても良いことだと思います。

1_2
ところが、記事を書いた本人が投稿しようと思い立った時に既に投稿が成されていて、その記事がポイントを稼いでいて、他人のレビュー記事を投稿してポイントを稼いでいる第三者を見ると、レビュー記事を書く方としてはありよい気はしません。
 

わたしの場合、第三者が投稿していた記事は

  1. 映画を音で聞く! パイオニア
    サラウンドヘッドホン SE-DRS3000C
  2. PENTAX
    Optio W20 (ペンタックス オプティオ)

の2つがありました。
細かく探せばもっと出てくるでしょう。

この辺りは、書いたらすぐにみんぽすへ書いた本人が投稿する以外に解決策は無いのが現状と思います。ソーシャルブックマークというサービスがそもそも、ブックマークの共有化にあるからです。

ただ、みんぽすの場合は、投稿者にポイントを付与して、投稿された記事の購読が多くなるとポイントも増える仕組みを導入したことが、ジレンマを抱えてしまったことと思います。投稿記事が多くなり、利用者が増えると、このジレンマがみんぽすを苦しめることになる事は容易に想像できます。みんぽすが現在のシステムをそのまま継続して行くのか、ジレンマを解消する方法を模索中なのか、注目しています。

11月 11th, 2008

Posted In: ブログで利用できる無料のサービスの使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です