うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

ブログを書く上でモチベーションは重要です。
読み手を意識して書いているからです。
レビュー記事の場合、読み手は大きく2種類に分けられます。
コンシューマ(消費者、買い手)となる可能性のあるユーザーと、売り手の立場となるメーカーや販売店です。ブロガーはどちらからでも、書いた記事が高く評価されれば嬉しく思います。
製品やサービスとほめた記事も有ればけなした記事もあります。製品の機能を紹介するにとどめている記事もあります。

Ddr_2
たまたま、パナセンスのホームページを見ていたら、先日、レビュー記事を書いた耐水防塵ビデオカメラのSDR-SW20の最後のモニター販売のお知らせを見つけました。
非常にユニークな機能を持ち、わたしが本格的にブログに動画を取り入れるきっかけとなったモニターのレビューを書いた製品でしたので、思い入れがありました。

とうとう最後のモニター販売なのかと感慨が深かったのですが、ふと下を見ると「みんぽす」のリンクが貼ってあり、その中にわたしのレビュー記事が取り上げられていました。
以前から高い評価を頂いていたレビュー記事でしたが、パナセンスからの紹介を受けているというのは、ブロガーとして嬉しい限りです。

記事は「Panasonic SDR-SW20 カヤック編 | 思川を下る」です。思川をカヤックで下る人はそうそういないので、まずわたしのレビュー記事に間違い有りません。
上の画像をクリックして拡大すると、「カヤック編思川を下る」という文字が下のみんぽすのバナーの所に書かれています。他にも「利根川サイクリングロード」もたぶんわたしの記事ではないかと思います。

先日、カシオの対応について書きましたが、アフィリエイトとして云々ではなく、この様に取り上げられるだけで、わたしは喜びを感じます。多少なりとも世の中の役に立っているという実感を得ているという事でしょうか?
こうしたメーカーの製品は、機会を得ればどんどんレビューを書きたくなります。ただし、御メル記事ばかりではないですが...。

12月 6th, 2008

Posted In: ブログやサイトの運営に役立つこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です