うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

先日、カシオのリンクシェアの対応の遅さというか無視されている記事を書きましたが、その翌々日、カシオからメールが届き、否承認の理由と返事が遅れたことへのお詫びが書かれていました。
メールを出してブログの記事として書いたことで、カシオもあわてたのかもしれません。何事も行動をしなければ、物事は動かないと言うことの証左でしょう。

カシオのリンクシェアプログラムの否承認となったことの理由はきわめて単純で、カシオのECサイトがリンクシェアから止めるため、新規の申し込みをお断りしているというものでした。

こうなるとカシオの不備と言うよりも、リンクシェアの方で、新規の申し込みを出来ないようにするシステムを用意していないことの方に問題があります。リンクシェアは社内の方と懇意にさせて頂いていますし、様々なイベントにも招待を受けていて、わたし個人はとても好感を持っているASPですが、これはブロガーやシステムエンジニアとしての立場からのおつきあいです。

アフィリエイターやECから見ると、リンクシェアは居丈高になっているという噂をあちこちで耳にします。決して評判は良くありません。お金がカラムのでどうしても生臭い話となってしまいます。わたしは特にそういった方面の話には興味が無いので、出来るだけそうした話が出ると席を外すようにしています。

それにしても、カシオもメールを送信してから数週間も経ってから、ブログの記事を書くと手の平を返して返信をよこすとは、社風が想像されます。
レビュー記事で取り上げたカシオの新機種のカメラEX?FH20は余分な機能があり、一般のユーザーにお勧めはしかねますが、カメラとしてはとても良くできたカメラでしたので、もっとレビュー記事を書きたかったのですが、こうした社風の会社の製品では取り上げる意欲を無くします。

今回の教訓
何事も行動を起こさないと問題は解決しないと言うこと。
メールを送信して相手が動かなければ、更にもう一度ブログに書くという行動を起こしたことで相手が動きました。

12月 7th, 2008

Posted In: アフィリエイトの実践

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です