うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

このレビューは家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)
みんぽす

IMGP6109-1ソニーブロガー説明会のこぼれ話です

 

これまでPanasonicLenovoDELLなどの大手メーカーの説明会に出席をしてきましたが、ソニーだけは別な内容の説明会でした。これは説明をする方が広報担当の人ではなく開発者であったこと、あいだに入っている代理店がみんぽすであったことも重要ですが、ソニーという会社の社風が風変わりでユニークなのだろうと思いました。
 

以下、思いつくままに他社との違いを書いてみました。

ソニーという会社が製品の説明をするととてもユニークとなる

IMG_0892PanasonicやLenovoのハイエンド・モバイルノートの説明会では、製品のパソコンとしての性能の良さや、ハードディスクドライブのデータを保存する仕組み(落下した時などの安全性)などに時間が多く割り当てられましたが、ソニーでは全くそういった話は出なかったことが興味深いです。
かろうじて、「性能では他社製品に負けないPCです」と一言、言っただけでした。
ほとんどの時間はブルーレイディスクの再生能力と音質の良さに当てられました。VAIO type Tを開発した人たちの思いが何処に込められているのかがよく分かりました。
「ソニーらしさ」と良く言われますが、ソニーらしさというのがこういう点なのかと、不思議に納得してしてしまいました。
 

IMG_0990モックアップを見せてくれました。
外寸だけを作ったタイプ、キーボードなどまで配置したが中身は空っぽのタイプなど数種類があることを、このとき初めて知りました。おそらく全てのメーカーで同様のモノを作ってから製品化するのでしょうが、それをブロガーに見せてくれるのが面白いです。
ソニーの方の話では、このモックアップなどはソニーの社員でも99%以上が見たこともなければ存在も知らないのではないかと言うことでした。
 
モックアップを開け閉めするシーンの動画です。

IMG_1018VAIO type Tの分解した様子。
LenovoのX200とW700を見たことはありますが、内部の部品類の配置はそれよりも精密に感じました。
わたしは自分のパソコンを良く分解しては修理をしたり、部品を取り付けたりしているので、ソニーの方に「これはなに?」「これの下にCPUが入っているのですね」などと聞きまくっていました。
 

IMG_1025天板だけが出てきました。
天板は繊維が入っているので、手にとってねじると、一方へはねじれるが、他方向へはねじれない。とてもおもしろい構造の説明を受けました。

動画で天板がねじれる様子を取りましたので、ご覧ください。

天板は何枚も塗装をして、品質の高いモノだけを製品に使用するそうです。色が劣るモノは跳ねられてしまうそうです。無駄になってしまうわけですが、それだけに高品質の天板だけが製品化されることになります。
VAIO type Tの天板は指紋が着きにくいのですが、そうしたことも塗装の品質の高さに理由があるのでしょう。
動画で、天板を比べるシーンを撮影しました。

このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...

  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!
  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!

「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

この記事はレビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

PR

Img_18981SonyStyleで
VAIO type Tを購入する
楽天市場でVAIO typeTを探す
yahooショッピングでVAIO typeTを探す

12月 22nd, 2008

Posted In: ノートブック, ミニノート(ネットブック), 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です