うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Img_5223PHPをWindows XPで動作させるにはPHPをインストールする必要があります。
PHPは現在Ver4.xとVer5.xが平行して配布されています。PHP4の最新バージョン(1/18 2008) 4.4.9をWindows XPにインストールする手順を画像を使って分かりやすく解説します。

PHPのVer4.xとVer5.xはかなり機能が違っていますので、お使いのサーバに合わせたバージョンをインストールください。

ヒューレットパッカード HP 2133にインストールする場合には必ずAC電源から電気を取ってください。
また、細かな設定を行うので、トラックパッドよりもマウスの方が作業の効率が良くなります。出来ればマウスを使用してください。
 

サーバ構築の必要性

PHPで作ったプログラムを公開する場合、テストをするサーバ環境の構築が必須です。なぜなら、インターネット上のサーバにアップロードする前に動作確認を行わなければならないからです。動作確認を行わずにアップロードしてしまうと、バグがあった場合に無限ループに陥り、サーバに過負荷を掛け停止させてしまうなどの事態を招きかねません。

サーバはApacheの他にPerl、MySQLなどもインストールして初めて実用的なテストサーバが構築出来ます。
ここではPHP4のインストールだけを取り上げます。順を追ってMySQLなどのインストールを取り上げます。

Perlでプログラムを組んだとしても、データベースにMySQLを使用する場合、phpMyAdminというフリーのMySQL管理ソフトを使うことになりますphpMyAdminは名称の通り、PHPで動作しますので、PHPで動作するアプリケーションを開発しなくても開発環境にPHPをインストールしておくことは必須となります。

参考サイト:PHP 4.4.7 [Windowsへのインストール]
わたしが1/5 2008に作成をしたページです。既に1年を経過していますが、マイナーバージョンアップによる若干の違いを除けば、最新バージョンの4.4.9のインストールにも役立ちます。このページと合わせてご覧ください。

Windows XPにPHP4をインストール

ダウンロード

G1
PHPのダウンロードは下記のURLから行えます。
http://www.php.net/downloads.php
執筆時点の最新のバージョンPHP4は4.4.9です。

ダウンロードしたいPHPのバージョンがない場合は
http://museum.php.net/php4/からダウンロードできます。

Windows Binaries PHP 4.4.9 zip packageをダウンロードください。
 

ファイルを選択します。
初期設定で矢印が黒く表示されていますので、jp.php.net PacketBusiness, Incをクリックしてください。ダウンローダーが起動します。
G2

 

保存にチェックマークが入っていますので、そのままOKボタンをクリックします。
G3

 

ダウンロードしたファイルはzip形式に圧縮されていますので、解凍します。
G4

 

解凍するとphp-4.4.9という名称のファイルができあがります。
G5

 

このファイルをハードディスク直下に移動して名称をphpに変更します。
C:phpとなります。
G6

 

php4ts.dllとdllsフォルダの移動

ディレクトリをハードディスクの直下に移動して、フォルダー名をphpに変更したら、ファイル1つとフォルダ1つをシステムフォルダーにコピーします。

php4ts.dllの移動

C:phpにある php4ts.dll ファイルを C:\WINDOWS\system32 にコピーします(Windows XPの場合)。
G7

 

dllsフォルダの移動

C:phpにある dllsフォルダをフォルダごと C:\WINDOWS\system32 にコピーします(Windows XPの場合)。
G8

 

ファイルをコピー&ペーストしました。
G9

 

php.ini-distの移動と設定の変更

C:phpにある php.ini-dist をC:WINDOWSにコピーして、名称を php.ini に変更します。
G10_2

 

php.ini-distの設定の変更
コピーしたphp.iniをテキストエディターで開きます。
行番号はバージョンによって多少異なりますので、目安としてください。

383行目付近
magic_quotes_gpc = On

magic_quotes_gpc = Off
に変更します。
G11

 

429行目付近
extension_dir = "./"

extension_dir = C:/php/extensions/
に変更します。
G12

 

542行目付近
;extension=php_mbstring.dll
の先頭の「 ; 」をはずします。

extension=php_mbstring.dll

G13

 

1044行目付近
[mbstring]
以下の項目の先頭の「 ; 」を使用環境に合わせて適時削除します。
ここでは1051行目付近の

mbstring.internal_encoding = EUC-JP


1065行目付近の

mbstring.encoding_translation = Off

の「;」を取りました。
G14

 

PHPの動作のテスト

これで作業は終了です。
PHPの設定が間違いないか、確認をします。

ファイルを作成します。
<? phpinfo(); ?>
と1行だけ書いたファイルを作成し、拡張子を「.php」にします。
分かりやすく「test.php」とすると良いでしょう。

このファイルをApacheのhttpd.configファイルで設定をた「www」ディレクトリに入れます。
配置はC:\www\test.phpとなります。

このファイルにアクセスをします。
ブラウザーのアドレスバーに「http:127.0.0.1/test.php」と入力してください。
下記の画面が表示されればインストールと設定は完了です。
G15

 

お疲れさまでした。

トラックバック先

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

この記事はレビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています。

この記事はインプレス 第2回 『HP 2133 Mini-Note PC』モニターコンテストにトラックバックしています。

PR

Img_4516
ヒューレットパッカード・オンラインショップでHP 2133を購入する
楽天市場でHP 2133を探す
YahooショッピングでHP 2133を探す

1月 22nd, 2009

Posted In: サーバ環境のインストール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です