うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Img_5223
PerlやphpをWindows XPで動作させるにはApacheをインストールする必要があります。
ここではApacheの最新バージョン(1/18 2008) 2.0.63をWindows XPにインストールする手順を画像を使って分かりやすく解説します。

ヒューレットパッカード HP 2133にインストールする場合には必ずAC電源から電気を取ってください。
また、細かな設定を行うので、トラックパッドよりもマウスの方が作業の効率が良くなります。出来ればマウスを使用してください。
 

サーバ構築の必要性

自宅サーバを立ち上げる場合はもちろん、プログラムを作成する場合でもサーバ環境の構築は必須です。なぜなら、インターネット上のサーバにアップロードす
る前に動作確認を行わなければならないからです。動作確認を行わずにアップロードしてしまうと、バグがあった場合に無限ループに陥り、サーバに過負荷を掛け
停止させてしまうなどの事態を招きかねません。

サーバはApacheだけでは動作しません。php、Perl、MySQLなどもインストールして初めて実用的なサーバが構築出来ます。
ここではApacheのインストールだけを取り上げます。順を追ってphp、Perl、MySQLのインストールを取り上げます。

参考サイト:Apache 2.0.54 [Windowsへのインストール]
わたしが6/. 2005に作成をしたページです。既に3年半を経過していますが、マイナーバージョンアップによる若干の違いを除けば、最新バージョンの2.0.63のインストールにも役立ちます。このページと合わせてご覧ください。

Windows XPにApacheをインストール

ダウンロード

Apacheのオフィシャルサイトhttp://httpd.apache.org/download.cgiにアクセスをします。
このページでは常に最新バージョンのダウンローがド出来ます。

アクセスをしたら縦にスクロールをして、中ほどの「Apache HTTP Server 2.0.63 is also available」を表示させます。この中の
apache_2.0.63-win32-x86-no_ssl.msi
をダウンロードしてください。このファイルはMSI Installerを使用しているので、ダウンロード後、ワンクリックでインストールができます。

E1_2

 


apache_2.0.63-win32-x86-no_ssl.msi
をクリックするとダウンロードを確認する画面が表示されますので、「ファイルを保存」をクリックしてください。E2

 

ダウンロードが完了して、画面のファイルが表示されます。E3_2
 

インストール

ダウンロードした上記のファイル「apache_2.0.63-win32-x86-no_ssl」をダブルクリックください。インストーラーが起動して下記の画面が表示されます。「Next」をクリックください。
E4

 

ライセンス確認画面

ライセンスを確認する画面に移動します。「I accspt theterms in the licebse agreement」のラジオボタンにチェックを入れ、「Next」をクリックしてください。
E5

 

Read This Firstの確認

「Next」をクリックしてください。
E6

 

サーバ情報の入力

サーバのドメイン名とサーバ名、メールアドレスを入力する画面です。空欄だとエラーとなります。外部に公開せずにテストサーバとして構築する場合、適当に名称を入力してかまいません。例えば「example.com」などです。わたしはNetwork DomainとServer Nameには「127.0.0.1」を入力することをお薦めします。
Administrator’s Email Addressは、テストサーバでは送信されませんので適当なメールアドレスを入力ください。公開する場合は受信出来るメールアドレスを入力ください。
下段のラジオボタンは初期設定のままでかまいません。
入力を終えたら「Next」をクリックします。
E7

 

セットアップの種類の選択

Setup Typeの選択画面です。
複雑な設定をしないのであれば、初期設定の「Typical」のままでかまいません。「Next」をクリックしてください。
E8

 

Apacheのインストール先のフォルダーの指定

Apacheをインストールするフォルダーを指定します。
初期設定ではProgram Filesに設定されています。もちろん、初期設定のProgram Filesにインストールをしてもかまわないのですが、Apacheのインストールされたフォルダーがルートディレクトリとなりますので、Program Filesにインストールすることをわたしはお薦めしません。
ご自身で利用されているレンタルサーバの環境に合わせた設定の方が後々便利です。ハードディスクの直下にインストールすることをお薦めします。
インストール先を変更しますので、「Change」ボタンをクリックください。
E9

 

Changeをクリックすると、フォルダーの変更画面に移動します。
下にインストールされるフォルダーの位置が書かれていますので、「Program Files」を削除して、「Apache Group」にしてください。
「OK」ボタンをクリックします。
E10

 

OKボタンをクリックすると、画面が戻ります。
インストール先がProgram FilesからApache Groupに変わっていることを確認してください。
E11

 

最終の確認画面

インストールを行うか取りやめるかの、最後の確認画面です。
特に問題がなければ、Installをクリックします。
E12

 

インストール

Installボタンをクリックするとインストールが開始されます。
HP 2133の場合は10秒前後でインストールは終了します。
E13
E14

 

インストールが終了すると下記の画面が表示されます。
「Fnish」ボタンをクリックしてインストールは終了です。
E14_2

 

インストールが成功したかの確認

Fnishボタンをクリック後、タクストレーにApacheのアイコンが表示されていて、緑色の矢印となっていれば、インストールは成功です。
E15

 

ブラウザを起動します。
アドレスにhttp:/127.0.0.1/とタイプしてください。(http://localhost/でも可)
下記の画面が表示されれば、Apacheは正常に作動しています。
お疲れさまでした。
E16

 

トラックバック先

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

この記事はレビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています。

この記事はインプレス 第2回 『HP 2133 Mini-Note PC』モニターコンテストにトラックバックしています。

PR

Img_4516
ヒューレットパッカード・オンラインショップでHP 2133を購入する
楽天市場でHP 2133を探す
YahooショッピングでHP 2133を探す

1月 20th, 2009

Posted In: サーバ環境のインストール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です