うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Imgp6540
先ほど、ファイナンシャルプランナーの継続教育に出席をしてきました。参加者は約160名、広い会場がいっぱいになるほどでしたが、スピーカーの話のメモをとるのにノートブックを使っている出席者が、見渡したところ一人もいませんでした。
 

わたしがこれまで出席をしてきたのはブロガーミーティングやパソコンのの新製品発表会などが多かったため、必然的に持ち歩けるノートブックを所有していて利用しているユーザーの出席が多かったことに気がつきました。

ミニノートの普及はまだこれから?

パソコンの売り上げはほぼ横ばいですが、そのなかでミニノートと呼ばれる廉価なノートブックパソコンだけが右肩上がりの売り上げの伸びを示しています。その数字を元に一家に一台のパソコンから一人に一台のパソコンへと変わりつつあるという風に宣伝されていますが、実情はそうでもなさそうだと言うことに気がつきました。

ミニノートを購入するユーザーは、すでに一台ディスクトップや大型のノートブックを所有している方が手軽に持ち運べる二台目のパソコンとしてに購入しているのだろうと思います。少なくとも、最初に購入するパソコンがミニノートという方は少ないのではないでしょうか?
理由はいろいろありますが、CPUが非力なので画像処理ができないなど制約が多いことが上げられると思います。安くても価格相応の性能では一台目としては購入しないでしょう。

モバイルノートは上場企業などでは社員一人に一台の配布が当たり前の様に行われていますが、一般の家庭では高価なので購入する必要性のある人は希でしょう。
そういう意味で、可搬性はモバイルノートと同等で価格が半分以下のミニノートがもう少し普及しているかと思っていましたがそうでも無いようです。

わたし自身で言えばモバイルノートを一台所有していますが、通常のメモ帳代わりに持ち歩くにはやはり怖さが伴います。業務で相手との打ち合わせがあれば持参しますが、ブロガーミーティングなどに持ってゆくにはミニノートのほうが手軽です。
ミニノートの出現のおかげで、持ち運べるノートブックも私用と業務用の二台を個人でも所有できるようになりました。

パソコンそのものが業務用という位置づけなのか、個人としてミニノートを購入して持ち歩いている人はまだまだ少ないようです。

HP 2133の使い勝手

今回のFP継続教育セミナーは午前中から午後まで、6時間近くかかりました。持参したHP 2133の大容量バッテリーがからになり、標準バッテリーに変えてかろうじて最後までタイプできました。
ミニノートといえども、モバイル環境で私用するにはやはり5時間以上の作動時間は必要なようです。

帰宅後、久しぶりにHP 2133をデュアルモニター環境で私用してみました。19インチモニターと組み合わせているのですが、HP 2133も19インチモニターも横の解像度が1280pxなので、違和感なく左右の2つの画面上を行き来できます。

トラックバック先

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

この記事はレビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています。

この記事はインプレス 第2回 『HP 2133 Mini-Note PC』モニターコンテストにトラックバックしています。

PR

Img_4516
ヒューレットパッカード・オンラインショップでHP 2133を購入する
楽天市場でHP 2133を探す
YahooショッピングでHP 2133を探す

2月 7th, 2009

Posted In: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です