うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

主にテストの話です。

テストの工数の肥大化
開発の効率化が進む中で、開発プロセスの効率化、開発資産の再利用、標準化が求められています。

テストの工数は増加し続けています。
 1%のプログラムの修正でも、テストは100%行う必要があります。
 テスト工数は開発初期楮段階の何十倍にもなります。
 テストを省くと、後でトラブルとなり、システムがダウンしたり損失が発生します。

開発は短縮できたがテストは短縮できず複雑になって来ています。
 この状態が続くとソフトウエア業界が破綻する流れになっています。

マネージャーはテストの管理をしていますか?と聞くと...
 ほとんどテストの管理をしていない。トータルでテストの品質管理をしていない。各部署、部下を信頼しているので、各部署でテストを行っていて、マネージャーが管理をしていないのが現状。

USの企業は管理ありき。
マネジメント層は、現場が煩雑となってでも管理をやらせます。
このままではグローバルの企業に負けてしまう。
開発環境に日本発が少ない。Rubyなどあるにはあるが。
 1.予防コスト
 2.評価コスト、自動化によるコスト削減。自動化しないとコスト破綻する。

100の工数がかかった。マイナーの工数が5かかった。直したところが他の工数に影響を与えている可能性が有るので、テスト数は最初と変わらない。例)金融系のシステムなど。
 JaSSTソフトウェアテストシンポジウムというイベントが有りますが、驚くほど認知度が低いそうです。
 ニッチな市場なのでみんなが投資しないです。
 テストのところを自動化して行くことを念頭に開発をする。

性能障害はなぜ恐ろしいか
 どうして再現するのか、再現することが難しい。10回に1回くらいでる。実運用が難しい。100%再現が出れば対応ができます。

負荷テストの重要性
 ボトルネックを突き止める。
 事前見積もりと実際の性能が異なる。不具合が出し切れていない。テストをすると設計の数字が出てこない例が幾つもあったそうです。
 単体レベルのテストは一人がアクセスできるレベル、現在は多数の人がアクセスして負荷がかかるのを前提としてテストをする。これが負荷テスト。
 ソフトウエアは見た目がわからない、見えない。だから性能がわかりにくくなっている。
 1から作る、9作ってあって1を加えてその1がどの程度の負荷がかかるのかがわかる。
 負荷テストツールが出回っています。5つくらいの有償ツールが出ています。オープンソースのJMeterがあります。
 負荷テストは期間となる10%でかまわない。このテストはWebシステムのすべてにする必要はない。
 テストをするとボトルネックがでる。ページの応答時間、負荷をかけて行く、ボトルネックがあると表示時間が遅くなる。スループレットはページビューが増えると上がり続けボトルネックの時点で横ばいとなります。
 負荷試験の結果はAPサーバーかDBサーバーが70%の原因となる。
 99%は負荷検証をすればボトルネックがある。

キーポイント
クライアント

ネットワーク危機
スループット
CPU使用率
メモリ
WEBサーバ
スループット
CUP使用率
APサーバ
CPU使用率
メモリ
DBサーバ
CPU使用率
メモリ
ディスクI/O

マクロからミクロへ視点を移動する流れ。
機能レベルの単体テストを行う、負荷テストは最後に行う。2分かかる処理を10秒にしたいとクライアントから要望が有れば開発か設計(アーキテクチャ)までさかのぼらなければできないので実質的には不可能。

開発要件とテストが紐ついていない。
現場主義のため。
上流行程からテストと紐ついて行かないといけない。
テスト担当者
テストを知っている開発者は少ない。
システム構成をよく理解している。
テストツールの操作ができる。
基本的な結果グラフを見て問題点が指摘できる。
アプリケーション担当者
DBA
ネットワーク担当者
システム管理者

作った側がミスを認めるのは難しい。そのためにはテスターがその場で言う必要があります。

ツール
JBoss
エンピレックス

Developers Summit 2009の備忘録として、出席をしたセミナーを記録にとどめておきます。セミナーの写真撮影が禁止でしたので文字だけの備忘録となっています。

2月 19th, 2009

Posted In: Developers Summit 2009

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です