うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Img_7468
先日開催されたアフィリエイター向けのセミナーの参加者にNECの製品を貸与する企画がありましたので、わたしはNEC LaVie G タイプNの貸与を申し出ました。ただ、NECの新しいミニノートのLaVie Laghtにも大変に興味がありましたので、無理を言ってLaVie Lightも貸与して頂きました。
 

 

アフィリエイター向けセミナーで実際に触れていますがやはり1週間を使うと、長所と短所がよりはっきりと見えてきます。以下、1週間のモニターをした感想です。

NEC LaVie Light

長所

キーボード

Imgp67171
キーボードのピッチはミニノートとしては標準的なサイズです。フルサイズに近い大きさを確保していて、違和感なくタイプをすることが出来ます。キーの配列も特殊なキーはなく、すぐにブラインドタイプが打てます。
 

Img_7471
キーのストロークはやや堅めです。この辺は好みによると思います。わたしはタイプをしていて疲れを感じるほど固いとは思いませんでしたが、柔らかめのキーが好みの方には固すぎるかもしれません。
 

タイプパッドとクリックボタン

Img_7476
タイプパッドは非常に精度が高いです。とくに指先でブラウザなどを上下にスクロールさせる機能は、ほぼ思い通りにスクロールさせることが出来ました。
 

モバイルノートととしての使用感

Imgp67021
2日間、セミナーに出席した時に持参をして使用しました。セミナーのスピーカーの話しにタイプが追いつかないと言うことはありませんでした。モバイルノートとして十分に使用に耐えると思います。
 

液晶ディスプレイの倒せる角度

Img_7478
180度まで液晶ディスプレイを倒すことが出来ます。
ここまで倒せれば、電車の中などで使う時に、とても使いやすくなります。
 

SDカードリーダー&ライター

Img_7492
かなり深くさせることが出来ます。取り出しやすいように、溝が掘られています。
SDカードを差したままで持ち歩いても、飛び出してしまう可能性は非常に低いでしょう。
 

持ち重り

Img_7482
1kg強の上に、内部のパーツの重量配分がうまくいっているのか軽く感じます。
 

短所

キーボード

Img_7474
以外に使いづらかったのが「Fnキー」と「Ctlキー」でした。どちらも特に小さいわけではなく、配置もわたしが通常使用しているミニノートのHP 2133やNa01 miniと同じなのですが、何故か打ちにくく感じました。

他のキーに比べて小さいからかもしれません。
 

Img_7475
特殊な配列には該当しないのですが、最近のノートブックやミニノートではあまり採用されなくなっている、独立したPageUpキーとPageDownキーです。Fnキーと組み合わせることでHomeとEndになります。
この配列のノートブックを使っていた頃はとても便利に感じていたのですが、最近は使わなくなっていたので、慣れるのに時間がかかりました。独立したキーにせず、矢印キーにFnキーと組み合わせても良かったのではと思います。
 

タイプパッドとクリックボタン

精度は高いのですが、面積が狭いのと、クリックボタンの配置が左右に分かれているのが使いづらく感じました。わたしが使用しているHP 2133も同様の配置ですが、HP 2133で使いづらく感じるのは上下の高さが足りないことくらいで、クリックボタンが使いにくく感じたことはありません。理由は不明ですが、微妙な位置関係やクリックボタンのストロークの深さなどが関係しているのかもしれません。
 

ACアダプター

AImg_7487
Cアダプターが一世代前のミニノートと同じくらいに大きいです。わたしの携帯電話は耐水耐衝撃性のカシオGzシリーズなので通常の携帯電話の倍くらいの大きさがあるのですが、それよりも更に大きいです。
本体が軽量な事も、ACアダプターが大きく重いことで帳消しとなってしまいます。
 

Img_7488
ACアダプターのコードに格納用のマジックテープが着いていません。HP 2133やNa01 miniでは着いているので、着いていないとコードがばらけてしまい不便です。
 

好みの分かれるところ

デザイン

Img_7466
堅牢なボディーのためかほぼ四角形をしています。昔の弁当箱を思い起こします。ピンクなどカラフルな色が用意されていますが、デザインと色が必ずしもマッチしているとは思えません。この辺は、使う側の感性次第でしょう。
 

Img_7477
角も丸みを帯びていません。かなりごつい感じがします。
 

グレア(光沢有り)液晶ディスプレイ

Img_7491
光沢有りのディスプレイは見た目が綺麗でDVDの再生などには良いのですが、文字をタイプする際には反射をしてとても使いづらいものです。見た目の綺麗さを取るか使いやすさを取るかはユーザーが決めることでしょう。
 

バッテリーの持ち時間

Img_7486
駆動時間は3時間前後でミニノートとしては標準的ですが、モバイルノートとして使用するのであれば短すぎます。予備のバッテリーを購入する必要があるでしょう。
ミニノートでも5時間以上駆動するバッテリーを搭載したモデルが発売されているので、この点は検討する様でしょう。
 

以上、簡単ですが、1週間のモニターをまとめてみました。
アフィリエイター向けセミナーでのLaVie Lightの印象はこちらです。

この記事はレビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

PR

NEC Direct(NECダイレクト)でLaVie Light
iconを購入する。

楽天市場でLaVie Light BL100を探す。

YahooショッピングでLaVie Light BL100を探す。

icon
icon

2月 28th, 2009

Posted In: ノートブック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です