うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Imgp67001
CMS13グループが集うCMSパネルディスカッションが行われました。前半と後半に分かれたイベントでしたが、参加CMSが13と多すぎたために全体像がぼけてしまったのが残念です。集めればよいでは良いイベントは開催出来ない好例でしょう。
 

CMSの紹介

SKIP(スキップ)

マイミク機能を搭載していない。
全文検索を標準装備、アンテナ機能で更新を受信。
ユーザー400名、2000件

Moodle(ムードル)

イーラーニングに特化したCMS。教育機関などに需要が多い。
Moodleは豪州が開発。
教育課程、工程を制作する。

Plone(プローン)

汎用のCMS。
ポータルを作るのに便利。
多言語対応がよくできている。7カ国語に対応するようなサイトに向いている。
大きなコミュニティで開発をしている。

OpenPNE(オープンピーネ)

機能はたくさん入っていない。素人でも導入できるように。
技術があればほかのCMSと連携をさせられる。

TYPO3

TYPO 3(タイポスリー)

豊富な機能。
導入のハードルは高い。
複数サイト、複数ドメインを管理画面で管理できる。
画像処理(バナー)などを作れる。かなり強力な機能を実装している。

xoops cube

3Dゲームエンジンのコンセプトを志向し、モジュールだけでなく、基盤プログラムの交換が可能。
次期バージョンではタクスシステムを導入して並列処理を行わせる予定。

ウサギプロジェクト MyNETS

OpenPNEから分派したSNS
PHP、MySQL、LAMPで動作する。んr
ダウンロードは2万件、2007年配布開始。

MODx(モデックス)

スキルの高いユーザーに指示を受けている。
開発がしやすい。
ドキュメントとテンプレートの位置づけが特殊。テンプレートはなくてもかまわない。まず、コンテンツありきのシステム。
今ままで日本公式がなかったが、現在、鋭意作成中。
0.9.63レボリューション1.0へ移行するバージョンと2.0の開発が同時進行している。

geeklog(ギークログ)

ドイツ人が開発
開発当初から多言語対応。
WEBアプリケーションフレームワーク。いろいろな使い方ができる。
使い方はブログを中心としたCMS。
日本人のユーザーが1千名を超えた。

concrete5(コンクリート5)

今月オープンソース化された、それまでは100万円以上の価格で販売されていた。
初心者に優しいサイト。Ajaxを利用した直感的なユーザーインターフェイス。
システムが他のCMSと全く違う。
ブロックを積み上げてゆくコンセプト。
日本語化は3月の予定。

ワードプレス

ブログエンジン。
もっとも使われているCMSの一つ。
一つのポータルサイトを構築することができる方向性が見えてきた。
個人のブログとしてみていたかたはMUとしてみてもらいたい。

WARP

LinuxコンソーシアムCMS部会
ユーザーをサポートすることを目的としている。
CMSの数が多くなったので、ユーザーが選べない。
WEB上で相談窓口を個別案件にサポートする。
日本のCMSの底上げができればと思われる。

Wkyインストーラー(CMSインストーラー)

どのCMSでもWindowsに簡単にインストールできるオープンソースです。

OSS Japan

OSSの使っているユーザー数を視覚的にみることができます。

ここまでが午前中ノブでした。

CMSから他のCMSに質問

TYPO3への質問
開発しない人でも使えるのか?
最低2週間は勉強が必要。オフィシャルサイトにかかれている。
ユーザーが使うユーザビリティはカスタマイズができる。
TYPO3専用の言語TYPO Scriptがあり、書かれている。
TYPO SCで間違えてもシステムがクラッシュすることはない。

Moodle
インストールは自動化、20分で終了。
実際に使用している人の話では、習得に3日。

Geeklog
Windows用の自動インストーラーがある。15分でインストールができる。

多言語対応の苦労話
ソース埋め込み
WEBのインターフェイスを書き換えたいのに、すべてのソースを書き換えなけらばならない。アメリカン。
Geeklogは文字対応は比較的楽、文字を数字で区切っていて困ってしまうので、2バイト文字は文字化けをしてしまう。修正をする。
Ploneはノルウェーとアメリカンが始めたので、最初から他言語かが視野にあった。グローバルに開発をしているので、本家という概念がない。
TYOP3、翻訳画面が用意されている。80%位の日本語化ができている状況。
これまでは海外のOSSを導入してきたが、今は日本で開発をされたOSSを海外に展開することがあるので、翻訳などの苦労が発生している。
AjaxのライブラリにJクエリがある。

3月 1st, 2009

Posted In: OSC2009

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です