うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

Img_7759
レノボのネットブック、IdeaPad S10eに待望のカラーバリエーションが追加されました。IdeaPadの発表の時に既に試作品は手にとって見せてもらっていましたが、改めてモニターとして貸与を受けて実機を使うことが出来ました。
 

各社のネットブックをモニターしてきましたが、色合いで言えば、トップクラスの良さです。試作品を見た時はホテルのバンケットルームの明かりで色合いがはっきりとは掴めなかったのですが、実際に実機をあちこちに持ち歩いて使ってみると、やはり色合いの良さが際だっていることがかかります。

わたし自身、IdeaPadはキーボードのキー配列に不満があるので余り好きではなく、過去のレビュー記事でもこの点を書いていたのですが、一般のユーザーにはこのキー配列が特に違和感は無いようです。

こうしたキー(「半角/全角」「Home」「End」など)はわたしだけが主に多用していると言うことが最近分かりました。わたしのブログの記事を読んでいるブロガーから「なぜそれほどキー配列にこだわるの?」とよく質問を受けるからです。

実際にIdeaPadを購入して使っている知人達も不満点はキーのストロークやピッチであって、キー配列についての不満は無いようです。

IdeaPad S10e ブルー

Img_7761
色合いは艶やかなブルーです。ちょっと不思議に思ったのが、他社がパッションピンクとかソリッドブルーなどの装飾語を加えるのに、シンプルにブルーと言っていることです。

わたしはこうしたシンプルさがすきなのですが、社風なのかどうなのでしょう?
 

Img_7763_edited1
キーボードは真っ白です。ボディーが艶やかなブルーなので、一層白い色が映えます。コントラストから言えば、ブルーとホワイトのキーボードの組み合わせはベストと言えるでしょう。
 

Img_7762_edited1
比較の対象としてエプソン Na01 miniを置いてみました。ネットブックの中では一番無骨なデザインの製品と思います。わたしは実用性を重視するので、結構この質実剛健なデザインが気に入っています。
しかし、デザイン性ではIdeaPadの方が良いのは一目瞭然です。欠点は指紋がつきやすく、一度付いた指紋は容易に落ちないことです。
 

Img_7753
倒せる角度がやや浅いのが不満です。
エプソン Na01 miniと比較するとその差がはっきりと分かります。
 

Img_7767
モニターの解像度がエプソン Na01 miniよりも高さで若干低いです。
エプソン Na01 miniの解像度は1024×600pxです。
IdeaPadの解像度は1024×576pxです。
アプリケーションなどをインストールする時やライブチャットをする時など、解像度の要件が最低でも1024×600px以上となっている場合が多いので、この点は注意したいところです。
 

この記事はレビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています。

PR

Lenovo Japan 公式サイトでLenovo IdeaPad S10eを購入する。

楽天市場でLenovo Ideapad S10eを探す。
Yahoo!ショッピングでLenovo IdeaPad S10eを探す。

3月 19th, 2009

Posted In: ミニノート(ネットブック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です