うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

JavaScriptで前のページへ戻るソースを書き留めておきます。
リンクタイプとボタンタイプの2種類があります。

ボタンタイプ
<input type="button" onclick="history.go(-1);" value="戻る" />
実例

リンクタイプ
<a href="JavaScript:history.back()">戻る</a>
実例
戻る

最後に一言
XHTMLに対応するために、タグは全て小文字で書いてください。
inputタグの最後に「/」スラッシュを入れるのを忘れないでください。

4月 5th, 2009

Posted In: JavaScript

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です