うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

実機を使った撮影会の前にK-xで綺麗な写真の取り方の講習がありました。

デジタル一眼レフカメラが初めてという方もいたようなので、K-xのスイッチの入れかたやSDカードの入れ方から説明が始まりました。
その後で、AV、TVなどダイヤルの使い方の説明がありました。このときにダイヤルのモードでオートではなくAVやTVで撮影をしている人の挙手を求めると、半数近くの方が利用していました。参加者のデジイチを使いこなしている割合の高さが分かります。
Img_4048

 

K-xの実機を使った撮影会の前の説明

K-xカメラに慣れる

視度。
以外と忘れやすいのがファインダーの「視度」の調整です。わたしも一度、どうしてもファインダー越しのピントが合わずに悩んで購入をしたカメラ店に相談に行って、視度が原因だったことが分かったと言うことがあります。視度は常に一定ではなく撮影する状況に応じて変化するので、常に調整をする癖を付けておくと良いです。わたしも一度で懲りましたので、視度は必ず確認するようにしています。
EOS 40Dとの比較ですが、K-xの視度の調整のレバーはとても操作がしにくいです。常に確認はしますが、視度を変更する機会は希なので慣れると言うこともないと思います。製品の完成度が高いだけに惜しいところです。
Img_4050

 

モードの選択。
初めてデジイチを購入したユーザーは、わたしもそうでしたがピクチャーモード、シーンモードで撮影をした方がよりよい写真が撮影出来ます。

わたしはEOS 40Dを購入して約1年かかって自分の好みのカスタマイズしたモードを見つけました。それまではISOやWBなど色々と調整をしてもシーンモードよりも良い写真が容易にとれませんでした。しばらくはAV(絞り優先)とTV(シャッタースピード優先)で撮影をしていましたが、今はこれらのモードもほとんど使用せず自分専用のカスタムモードをプログラムモードに設定をして撮影をしています。ちなみにEOS 40Dはユーザーが3つまでカスタムモードを登録出来ますから、わたしもシーンに応じて使い分けられるように3つのモードを登録しています。

ピクチャーモードやシーンモードはベストの写真は撮れませんがベターの写真が必ず撮れます。自信のない方はまずシーンモードから撮ることに慣れるとよいです。シーンモードで撮る良さは、撮影者が構図や光など被写体に集中出来ることがあげられます。この構図と光の角度だとISOは400、F8.0、WB+1にする、などと悩む必要は無くなります。 プロカメラマンに聞いた話ですが、写真学校に通っている時の学習内容のほとんどは構図だったそうです。写真を撮り印刷して先生に提出をすると、先生は引き出しからはさみを取り出し写真の中に写っている不要な部分を切り落として行ったそうです。設定はカメラ任せで構図や光に集中した方がよりよい写真が撮れる証左でしょう。
Img_4056

 

ブログを魅力的に見せる写真の取り方

被写体が一番魅力的に見える「アングル」。ワインの例です。
ごく普通のワインをテーブルに置いて撮してあります。
Img_4059

 

ワインを写真として人に見せる場合に重要なのは何でしょうか?撮影をする前に考えましょう。重要なものが見つかったらワインを観察して構図を決めましょう。

1.ワインで重要なのは製品のロゴです。ロゴ・文字を撮すことに決めました。観察をして構図を決めます。構図は縦と横がありますが斜めに切り取る事にしました。
Img_4063


2.K-xの重要な機能の高感度を活かして撮影をしてみましょう。ワインの背景にキャンドルを置き、キャンドルの光越しにワインを撮しました。
Img_4064

 

焦点距離をものにします
時計の例です。
1.ワイド(デフォルトで面白く写せる)
2.望遠(商品を魅力的に写せる)
ワイドと望遠をうまく使い分けられるようになると撮せる写真の幅がぐんと広がります。
Img_4062
 

K-xの高感度を生かしてみましょう。
夜景を撮影するのに三脚が必要なく手持ちで綺麗に写すことができます。
Img_4065

 

次は...。

K-xの実機の撮影会のレビューです。

うろぐのペンタックス K-xの記事の一覧

  1. 「ペンタックスの社歴と開発への取り組み」ペンタックス K-xレビュー&「デジタル一眼レフでブログが変わる!」ブロガーミーティング with PENTAX その1
  2. 「新製品K-xの紹介」ペンタックス K-xレビュー&「デジタル一眼レフでブログが変わる!」ブロガーミーティング with PENTAX その2
  3. 「撮影の説明」ペンタックス K-xレビュー&「デジタル一眼レフでブログが変わる!」ブロガーミーティング with PENTAX その3
  4. 「実写レビュー」ペンタックス K-xレビュー&「デジタル一眼レフでブログが変わる!」ブロガーミーティング with PENTAX その4
  5. 「ポートレートレビュー」ペンタックス K-xレビュー&「デジタル一眼レフでブログが変わる!」ブロガーミーティング with PENTAX その5
  6. 「花レビュー」ペンタックス K-xレビュー&「デジタル一眼レフでブログが変わる!」ブロガーミーティング with PENTAX その6
  7. 「ユーザビリティーとデザイン」ペンタックス K-xレビュー&「デジタル一眼レフでブログが変わる!」ブロガーミーティング with PENTAX その7

うろぐプラスのペンタックス K-x撮影レビュー

ペンタックス K-xをわたしの撮影フィールドへ持ち込んで、実際に山や湖などを撮影したレビュー記事はペンタックス K-xの最近のブログ記事 としてまとめてあります。

訂正について 10/23 2009

  1. タイトルが「その1」から「その7」までと分かりづらかったので、記事の内容が分かるような単語をタイトルの最初に書き加えました。
  2. うろぐ内のペンタックス K-xの記事の一覧のリンクを追加しました。
  3. うろぐプラスで実際の撮影フィールドでの写真のレビュー記事へのリンクを追加しました。

PR

Img_3934


楽天市場でペンタックス K-xを探す。
Yahoo!ショッピングでペンタックス K-xを探す。
Yahoo!オークションでペンタックス K-xを探す。

参加者のブログエントリー一覧

10月 1st, 2009

Posted In: PENTAX, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です