うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

間があいてしまいましたが、先月(9/4 2009)に開催されたEIZOの石川県白山市にある工場見学セミナーの続編です。

当日の趣旨は工場見学だけでなく、アフィリエイトと取り組もうということも含まれていました。
時間割は前半がアフィリエイトとアクセスアップに関する講習、後半が工場見学でした。
わたし自身の興味はアフィリエイトやアクセスアップにありませんでしたので、ブログの記事ではわたしの興味を優先させて工場見学から書かせて頂きました。

以下の記事は、当日のアフィリエイト講習の備忘録です。
わたし自身がそちら側の人間でもあるので興味深く聞いていましたが、かなり誤謬がありましたので、わたしの実践から得た感想や結論を交えてセミナーの内容を記録します。

SEOに頼らない集客方法

講師 株式会社しくみラボ様

ページビュー(以下PV)はGoogleなどの検索経由、相互リンクやはてなブックマークなどの被リンク、お気に入りやブックマークなどのダイレクト、コンテンツマッチ広告などから得られます。
どうすればPVを増やせるかを考えるさいには、PVがどこから来るかを知っていなければなりません。

「SEOとは被リンク数獲得活動である。」は住太陽さんのことば。住太陽さんは初期の頃からSEO対策の第一人者として活躍をしている方です。わたしが最初に手にしたSEO対策の書籍の執筆者も住太陽さんでした。被リンクの価値はGoogleの登場以来10年間不変。

わたしはこの言葉には異論があります。
まず、いつまで被リンク数がSEO対策として有効であるか誰にも分からないと言うことです。10年前に誰が今日のGoogleを想像したでしょうか?。
当時はYahoo!が圧倒的な検索市場でのシェアを持っていました。
今から10年後に被リンク数が有効とは誰にも分かりません。全く新しいテクノロジーが開発されているかもしれないからです。

「被リンクはインターネット上での唯一の財産」。
これは本末転倒です。
被リンクが財産なのではなくコンテンツが財産です。優れたコンテンツを持つサイトやブログは自然と被リンクが貼られます。特に他を圧倒する情報量と正確さを持つサイトや、他に類を見ないユニークなサイトを運営しているわたしは実体験として断言することができます。被リンクを獲得することに努力を傾けるのではなく、被リンクを貼られるほど優れた、あるいはユニークなサイトの制作と運営を目指すべきです。

被リンクの増やし方

優れたコンテンツを持つブログを持っている前提条件としての話です。サイトには役立ちにくいですので注意してください。
1.良いコンテンツを作ることが被リンク数を作ること。
2.知り合いを増やして相互リンクをする。
3.ブログランキングに参加すると被リンクが1つ獲得できる。
4.トラックバック
1は当然です。
2はすでに時代遅れの発想です。相互リンクしかないブログやサイトは、被リンク先と外部へのリンク先が同一になりますので、それを排除するアルゴリズムがすでに導入されています。多数の被リンクを受けているサイトに限って、相互リンクは有効といえます。相互リンクの割合が相対的に小さいからです。
3は被リンクを得られることは間違いないですが、被リンクを得たことによって得られる力は非力なものです。有力なサイトからの被リンクは力を持っていますので検索順位を上昇させる力を持っていますが、非力な被リンクはほとんど無力です。だた被リンクをクリックしてくれるユーザーがいること、そのユーザーが被リンクや相互リンクを張ってくれる可能性はありますので、無駄ではありません。
4はトラックバックそのものがスパム化しているので、トラックバックを受け付けないブログが増えています。また、全く同じコンテンツ(コピー)を作成してオリジナルにトラックバックを送信した場合にコピーページが上位に来る(トラックバックの被リンクの力の影響のため)現象が以前から問題となっていました。これを解消するためにトラックバックの被リンクをある程度無力化するアルゴリズムが導入されています。

ブログランキング

登録するだけで被リンクを獲得できます。
適切なカテゴリを登録すれば、1来訪者当たりのPVが多いです。
上位を獲得すれば爆発的なPVが獲得できる可能性があります。

わたし自身、ゴールデンハムスターのブログを運営していますので、この話は間違いないです。わたしのゴールデンハムスターのブログは日本ブログ村の特定のカテゴリーで1位を獲得したこともありますが、爆発的なPVの上昇ではありませんが、PVの1/3は日本ブログ村からのアクセスでした。ついでに言うと1/3は直接の訪問、検索エンジン経由のPVは1/3でした。アクセスをしてくれるユーザーがわたしのゴールデンハムスターのブログの更新を楽しみにしてくれていたことが直接の訪問の多さから分かります。
ついでのついでですが、ゴールデンハムスターでGoogleで検索をすると1ページ目(10位以内)に表示されますが、あまりPVの増加には影響は無かったようです。

プロフィールサイト

登録するだけで被リンクを獲得できます。
複数のブログ、サイトをまとめます。
例)アバウトミー、ブログクラブなどがります。

このサービスは、わたしは存在すら知りませんでした。このセミナーに出席をしたおかげで得られた知識です。どんなセミナーでも必ず得られることがあります。

トラックバックサイト

もれなく被リンク数が獲得できます。
例)モノポータル、日本ブログ村、リンクシェアチャネルなど。

日本ブログ村はPVの獲得に役立ちますが、それ以外のトラックバックサイトはPVの獲得にはつながりません。被リンクを得られるだけと見た方が良いでしょう。ただアフィリエイトに限って言うとリンクシェアチャネルは成果の獲得が発生しやすいトラックバックサイトです。登録が大変に面倒なことと、リンクシェア経由のアフィリエイトリンクだけが貼られていることが条件ですので、万能ではありません。

ブログにコメントをする

他の人のブログにコメントをします。
コメントはブログの作者と知り合いになる第一歩です。
コメントされてうれしくない人はいない。(わたしは迷惑に感じますのでうれしくない人も若干存在します)
コメントのURLの被リンクはSEO的には無意味と言われているが、Googleはカウントをしています。

ブログは緩やかなコミュニケーションと言われています。SNSなどと比べた場合、コミュニティーなどの制約が無く、必要に応じて、あるいは気に入った記事に対してコメントを着けたりしますが、気に入らない記事にも悪意のあるコメントをつける人がいます。これが高じるとブログの炎上となるわけです。コメントは功罪半場といえるでしょう。
わたしは悪意のあるコメントを読むつもりはありませんので、コメントはオフにしています。

トラックバック

ブログにエントリーを書いたら、必ずどこかにトラックバックを打つこと。こまめに行うことで劇的に違います。
はてなブックマークで探してトラックバックを打ちます。

これは一歩間違えるとスパム行為となりますので、トラックバックを打ちすぎることをわたしはお勧めしません。

被リンクの獲得の方法

知り合いに頼む。
知り合いがいないひとは、イベントに参加して知り合いを作りましょう。
まずは名刺交換。ついで挨拶メールの送信。
自分と気が合いそうな人と、SNS・ブログで継続的に交流することも有効です。

知り合いが増えると...
RSSをとってくれるなどのメリットがあります。

ブックマークサイト

はてぶを積極的に利用する。
良い記事を書き知人がはてブに登録。新着に登録された。ホットエントリー入り。他の有名サイトが取り上げる。など
各種のサービスを利用して被リンクを獲得。

単純に良いコンテンツが上位に来る時代は終わったという気がしました。アルファブロガーのブログを見ると、リンクやブログパーツがごてごて貼られていて見苦しいのですが、そうした「努力」をしないと、アクセス数が維持出来ないと言う側面があるようです。わたしはシンプルなデザインとインターフェースが好みなので、こうしたアクセスアップのための取り組み方には付いて行けません。

こうしたアプローチの方法は、SMO(ソーシャルメディア最適化・ソーシャルメディアオプティマゼイション)と呼ばれています。

行動力

アルファブロガーの和田さん(和田ブログ)は、今日参加したセミナーの様子が翌日には詳細に書かれているほど、ブログに対して積極的に取り組んでいます。
そうした書き手の気持ちが読者の心をつかみ、検索エンジン経由でない、定期購読してくれる「ファン」を獲得しています。

和田さんはわたしの知人の一人ですが、ブログを通して読者にどうすれば楽しみや事実を伝えられるか、いつも考えている方です。

以上、簡潔ですが、所感を交えて書き留めておきます。

10月 31st, 2009

Posted In: EIZO, アフィリエイトセミナー参加レポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です