うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

昨年購入をしたCANON EOS 40Dを下取りに出して、おなじCANON製の上位機種にあたるEOS 7Dを購入しました。
CANON EOS 7D

ボタンの配置や液晶モニターに表示されるインターフェースなどに若干の違いがありますが、基本的なユーザーインターフェースは共通でした。EOS 40Dを使用しているユーザーなら1日で基本操作に慣れると思います。

このカメラの魅力は沢山あります。
高性能の画像処理エンジンを搭載していること。
ISO6400の高感度、プラス実質ISO12800のモードも搭載していること。
1秒8コマの連続撮影が約100枚まで可能なこと。
フルハイビジョンの動画の撮影が出来ること。
動画の撮影がオートフォーカスでピントを合わせられること。
高性能のUSMレンズがセットで手に入ること。
等です。

キャノン EOS 7D購入レビュー

EOS 7D購入の動機

EOS 7Dを購入するまでおなじCANON製のEOS 40Dを使っていました。ところがこの40Dがメーカー保証が切れたとたんに故障をしてしまい、店舗保証を使うことになりました。店舗保証は1回のみなので、以後は補償無し、壊れたら自腹で修理をしなければならない状況となりました。デジタル一眼レフカメラ(以下デジイチ)は頑丈に作られていて、数年は故障はしないと聞いていたので、1年あまりで故障して保証を使うことは大きな誤算でした。

保証が無ければ、次ぎに壊れた時には自腹を切らなければなりません。デジイチの修理は万単位が普通なので、既に旧モデルとなり性能的に見劣りのする機種を高額な費用を出して修理をするというのは釈然としません。
買い換えを考えた最初の理由は上記の訳です。

EOS 7Dを購入する前の他機種との比較検討

修理に出していたEOS 40Dを引き取りに店舗を訪れた時に、「EOS 40Dを買い換えるとしてお薦めのカメラはどの機種でしょうか?」と質問をして店員さんに紹介されたカメラが7Dでした。わたしは7Dを35mmデジイチだと思いこんでいたので興味が無かったのですが、店員さんの説明を聞いて、今までEOS 40Dに感じていた不満を全て解消してくれるカメラだと言うことが分かりました。
買い換えるのならこの機種しかないと思いました。

わたしが買い換え機種に求めた機能と性能を一覧にすると下記のようになります

  1. ISO感度は6400以上。
  2. 撮影モードのユーザー設定の登録が3つ以上出来ること。
  3. 1秒5コマ以上、50枚以上の連続撮影が可能なこと。
  4. ファインダーの視野率が100%。
  5. ISOやホワイトバランスなどの設定をボタン一つで行えること。液晶モニターに表示させてボタンを何度も操作して呼び出すような深さで無いこと。

等です。

買い換えを考え始めた時に思い浮かべた機種にはCANON製は無く、NIKON D300s、D90、PENTAX K-x、K7、ソニーα550等がありました。

  1. NIKON D300sは友人知人の間での評判が悪いです。店員さんに話を聞いた時にもこの機種はお薦め出来かねますとはっきり言いました。
  2. D90はモニターを1ヶ月していたので性能や機能はよく知っていたのですが、キットレンズが貧弱なので新たにレンズを買わなければならないので割高になるのがネックです。そのうえ発売後1年を経過しているので、最新機種と比べると性能を比べて価格が割高に感じます。
  3. PENTAX K-xは現在、モニターとして貸与を受けている機種なので性能も機能もよく知っていますが、ISO6400の感度や画像処理エンジンなどに魅力を感じましたが、機能はEOS 40Dにはとてもおよばない機種です。入門者向けのエントリーモデルなのでわたしのメイン機種となるには役不足です。上位機種にK7がありますが、半年以上前に発売された機種なので、画像処理エンジンなどはやや古さを感じましたから割高感がありました。
  4. ソニーα550はISO12800と高感度です。α300シリーズをモニターとして貸与を受けたりして使用したことがあるので、おおよその性能と機能は予想がつきましたが、α550がα700の後継機種ではなく、α300の上位モデルと言うことから性能や機能で物足りなさを感じることが明らかでした。

そんな状況で、店員さんにEOS 7Dを勧められたわけです。

わたしに映ったEOS 7Dの魅力を一覧にすると下記のようになります。

  1. ISO6400の感度。プラスISO12800モードが用意されていること。ノイズが入るので実質はISO3200が上限と思いますが、十分な高感度です。
  2. 撮影モードの登録が3つ出来ることと、邪魔な風景モードなどがダイヤル設定に無いこと。風景モードやポートレートモードなどは使わないので、無い方がダイヤルを操作する上で楽です。
  3. 高性能のUSMレンズで、ズームが15-85mmと広角なレンズで有りながら、望遠がこれまで使用していたEOS 40Dと同じ85mmであること。つまり今までよりも大きな風景を撮ることが出来て、望遠は同じ倍率でとまどうことが無いと言うことです。
  4. 1秒8コマ、連続で約100枚の撮影が可能なこと。飛ぶ鳥などを撮す事があるので、高速連写と連続撮影枚数は必須でした。
  5. ファインダーの視野率が100%であること。これまでのEOS 40Dは90%台の視野率でしたので、ファインダーで山を撮した時に、実際の写真は隣の山のすそ野が少しはいっていたり、木の枝が入ったりすることがありました。これは90%台の視野率でファインダーでは見えない部分が実際に写真では撮されるためです。視野率100%ならこうした問題は起こりません。

購入資金の調達

7Dは高性能なので高価です。
販売価格はキットレンズ15-85mm USMのセットで約24万円、プラス店舗5年間保証料金が販売価格の5%、レンズ保護のためのフィルターが約5千円、それに消費税、等を合わせると約26万円になります。

わたしの手持ちの自由になる資金がこのときは20万円でしたので、6万円ほど乖離しています。
この差額を埋める手だてを探しました。
まず、現在使用しているEOS 40Dを下取りに出すこと。18-85mm USMレンズのセットなので3万円以上で買い取ってくれると予想しました。
それではまだ足りませんので、知恵を絞って出てきたのがTポイントで購入することです。Tポイントは楽天ポイントから変更出来ることを思い出したので、貯まっていた楽天ポイントをTポイントに変更しました。

EOS 40Dの下取りとTポイントを合わせた結果、約19万円で購入することが出来ました。EOS 7Dに15-85mm USMレンズがセットで19万円なら破格の値段だと思います。
CANON EOS 7D

移転について

この記事は別のブログに書いたものですが、そのブログを一時閉鎖することになりましたので、こちらのブログに移転することになりました。
わたし個人の所有のカメラ用品だけでなく、モニターとして貸与を受けた製品も含まれているので、削除するよりも移転して継続して掲載することにしました。
記事の入力された年月日は当時のままです。
2011/4/18

PR

CANON EOS 7D楽天市場でEOS 7Dを探す。
amazonでEOS 7Dを探す。

10月 22nd, 2009

Posted In: EOS 7D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です