うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

霧ヶ峰は名前の通り霧に覆われていました。それでも視界が全く効かないと言うほどの濃霧ではなく、遠景が見えない程度の霧でしたので、車山の人造物などあまり見たいとも思わないものを隠してくれる効果もありました。

この日は細かな設定を修正したりせずに、霧ヶ峰の高原を歩きながら気に入った風景を見つけてはシャッターを切るというのんびりとした撮影をしました。このため被写体に対して最適な設定をしていないので、エントリーモデルのカメラ任せの撮影に近い撮り方となりました。
前日(10/24 2009)の蓼科山で写真を撮るごとに修正をして同じ被写体を何枚も撮していたので、今回はその逆の撮り方をしました。

霧ヶ峰の最高峰は車山ですが、スキー場があり、レーダーサイトやリフトが設置されているのでわたしの好みではありませんでした。車山から八島ヶ原へ至る途中に通る蝶々深山のなだらかな岩の頂がひどく気に入りました。
IMGP9064

蝶々深山にて。

撮影モードはAV、ISOと露光補正は適時の値に固定しました。

霧ヶ峰をEOS 7Dで撮す

ビーナスラインの入山口から車山の頂までの写真

早朝、霧で視界が狭められていました。登山道を歩いていても曲がり角を曲がるとその先が見えない程度の霧の深さでした。
写真は忠実色と記憶色の間の色合いです。実際の色はもうすこし淡い色でした。
シャッタースピード1/250
f/11
ISO1600
焦点距離15.00mm
露光補正+0.33
IMG_0493

車山肩の湿地にある小さな池。ピントをあまり考えずにシャッターを切りましたので、ピントが手前の草に合っていて、肝心の池がぼやけてしまいました。
シャッタースピード1/200
f/14
ISO1600
焦点距離15.00mm
露光補正+0.67
IMG_0502

スキー場の縁を示すらしい樹林。
霧にぼやけているのが幻想的でしたので、シャッターを切りました。
この辺りにはリフトや人工降雪器などスキー場の諸設備があちこちにありましたが、霧のおかげで道沿いの設備以外は名にも見えませんでした。
シャッタースピード1/640
f/10
ISO800
焦点距離15.00mm
露光補正0.00
IMG_0515

霧ヶ峰の最高地点の車山の頂です。車山の頂は平坦で広い面積の岩場です。レーダーサイトが設けられていて風情が無くいささかがっかりしました。
山頂を示す標識が離れて2箇所に立っていました。山頂を通り抜けると車山肩まで降りられる道があります。
シャッタースピード1/1250
f/10
ISO800
焦点距離15.00mm
露光補正0.00
IMG_0536

車山から八島ヶ原にかけての風景の写真

紫の花。高原全体が冬の準備をしている中で数輪の淡い紫色の花を見つけた時には感動をしました。これから実をなすのですが、降雪に間に合うのかと心配をしてしまいました。
花びらが一枚一枚くっきりと撮されていました。これほど綺麗に撮せるとは思っていませんでしたので、EOS 7Dで来年の初夏の花を撮るのが楽しみになってきました。もうすこし拡大した写真を撮りたかったのですが、85mmズームではこれが精一杯でした。
シャッタースピード1/250
f/10
ISO800
焦点距離85mm
露光補正0.00
IMG_0577

蝶々深山(ちょうちょうみやま)の頂き。名にもない緩やかな傾斜を持った鍋の蓋のような箇所です。山頂を示す標識がなければ素通りをしてしまうかもしれません。位置的に、晴れていれば信州の山の全てを見渡せるのではないかと思います。
シャッタースピード1/500
f/10
ISO800
焦点距離15.00mm
露光補正0.00
IMG_0584

色づいた針葉樹の枝。
自分の色合いを見てくれとイワンばかりに登山道に枝が張りだしていました。綺麗な橙色に染まった葉がとても気に入りました。
シャッタースピード1/160
f/7.10
ISO800
焦点距離15.00mm
露光補正0.00
IMG_0602

沼だった八島ヶ原は湿原となりましたが、点々と池が存在しています。写真の八島ヶ池もその一つです。
シャッタースピード1/250
f/14
ISO1600
焦点距離15.00mm
露光補正0.00
IMG_0620

ビーナスラインの脇の小径の写真

強清水から車山肩までビーナスラインに沿った登山道があります。車とオートバイの音がいささか煩かったのですが、景観は良いものでした。
シャッタースピード1/500
f/11
ISO800
焦点距離15.00mm
露光補正0.00
IMG_0680

雲が尾根を覆い隠そうとしています。雲の速度を思いの外速く、瞬く間に尾根が見えなくなりました。
シャッタースピード1/400
f/11
ISO800
焦点距離15.00mm
露光補正0.00
IMG_0678

感想

前日(10/24 2009)は細かな設定を1枚の写真を撮るごとに行っていたのであわただしかったのですが、この日はそうした設定の変更は最小限にしたおかげでのんびりとした撮影が出来ました。
撮れた写真は忠実色と記憶色の間の色となっています。露光補正を修正すれば、どちらかの色の写真になったのではと思います。

細かな設定の変更をしなかったためか、細部まで綺麗に撮れている写真が多くありました。EOS 7Dに慣れるまでは、最小限の設定を修正するだけで、後はカメラ任せに撮影をした方が良さそうです。
15.00mmの広角レンズは実に素晴らしいです。17mmや18mmでは撮りきれなかった景観を撮ることが出来ました。

移転について

この記事は別のブログに書いたものですが、そのブログを一時閉鎖することになりましたので、こちらのブログに移転することになりました。
わたし個人の所有のカメラ用品だけでなく、モニターとして貸与を受けた製品も含まれているので、削除するよりも移転して継続して掲載することにしました。
記事の入力された年月日は当時のままです。
2011/4/18

PR

CANON EOS 7D楽天市場でEOS 7Dを探す。
amazonでEOS 7Dを探す。

10月 28th, 2009

Posted In: EOS 7D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です