うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

eMAXISの商品の紹介Prat1の続きです。
IMG_2126

eMAXISの目標

eMAXISはこれまで商品のラインナップが手薄だったサラリーマン層や独身OL層をターゲットとした商品です。

ETFは月給から毎月購入すると毎回手数料がかかってしまいます(ETFについては後で説明を書きます)。投資信託のeMAXISはノーロードなので手数料が発生しません。毎月積み立ててもらう購買層(サラリーマン層)に負担をかけたくないという思いからeMAXISが開発された事情が分かります。

三菱UFJ銀行としては、ETFとeMAXISの相互補完関係を築きたいと思っています。
ETFでは、野村証券系や大和証券系はすでに商品を発売していました。三菱UFJ信託銀行は後発組なので工夫をしないと勝てないのは世の常です。そこでコストで対抗をしました。三菱UFJ信託銀行のMAXISは0.17%、他社は0.24%前後のコストがかかります。
コストが低い分だけ購入者が得られるリターンが大きくなります。

eMAXISの将来の予想像

投資信託は運用する資産の額が変わっても運用に掛かるコストは大きくは変わりません。1億円でも100億円でもその差はわずかです。
現状のネットが締める投資信託の規模は決して大きくは有りません。しかし、三菱UFJ信託銀行はネットの投資信託の将来性に対して、先行投資として低コストの商品の開発・販売に踏み切りました。

この様なデータが有るそうです。
ここ数年の窓販での伸びは横ばいです、しかしネットでの販売額は伸びています。確定拠出年金は35%伸びています。
将来伸びる分野としてネットに先行投資をしましたから、当初から8本の投資信託を用意しました。

販売開始後の実績

目標としては500億円の純資産を目指しています。安定して運営できる規模として500億円以上が必要と考えているからです。この金額になれば次の手が打てると思っています。初日が2500万の売り上げ、昨日が4500万の売り上げ、3日間で1億円超の金額を集めているそうです。
発売開始後4営業日しか立っていませんので何とも言えない数字です。

eMAXISを検索をかけるとブログばかりがヒットするそうです。広告は行っていません。ブログの書き込みと証券会社にバナーを貼ってもらっている、それだけでこれだけの資金を集めています。そう考えると、がんばっている数字かもしれません。

この記事の執筆時点(11/11 2009)のeMAXISの基準価格は下記の通りです。
日経225 9,664円
TOPIX 9,738円
国内債券  10,004円
国内リート 9,890円
先進国株式 9,943円
先進国債権 9,856円
先進国リート 9,733円
新興国株式 9,783円
販売時の1口当たりの価格は10,000円ですから、全体として基準価格は下落傾向に有るようです。

投資家の不安

低コストのファンドなので気にする人たちがいます。
過去に途中で解散したりDC専用とされてしまうなど痛い目にあった人が懐疑的に見ているそうです。

三菱UFJ投信は10年以上の期間にわたってeMAXISを育ててゆくつもりなので、そうした投資家の不安を払拭したいと思っています。
ETFの名称がMAXIS、投資信託の名称がeMAXISと、ブランドにおもいを込めています。会社としても途中で抜けることはないだろうと、現時点では社内では思っているそうです。
難しいのは会社の思いだけでは投資信託を維持運営出来ないことが有ることです。例えば昨年のサブプライム問題に端を発した経済危機などに直面した時に投資信託が売られて資金が小さくなり維持出来なくなってしまう場合もあります。経済状況に劇的な変化がない限り三菱UFJ信託銀行がMAXISブランドを育てて行きたいと言うことでしょう。

eMAXISのこだわり

これまで書いた文章と重複しますが、eMAXISはネット向けとしてコストや決算にこだわっています。
内部留保で基準価格のあがることを目指している投資信託です。配当を出すと20%の源泉徴収が発生するので、極力内部留保で回して基準価格があがることを目指します。顧客の資産価値を高めるための投資信託です。

次は...。

新しい投資信託「eMAXIS」について Prat3を書きます。

三菱UFJ投信ブロガーミーティング記事一覧表

  1. 信託銀行って何をしている銀行なの?
  2. 投資信託って何なの??
  3. 新しい投資信託「eMAXIS」について Prat1
  4. 新しい投資信託「eMAXIS」について Prat2
  5. 新しい投資信託「eMAXIS」について Prat3

11月 11th, 2009

Posted In: インターネットで行う中長期的な資産形成, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です