うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

購入してきた高額製品を開封してから使用するまでが一番ドキドキします。
前の機種のEOS 40Dは比較的廉価だったことと、初めてのデジタル一眼レフカメラ(以下デジイチ)であったことから開封の時の印象は薄くしか残っていません。写真も撮影していませんでした。

EOS 7Dは販売価格が約24万円の高額な機種な事と、わたし自身がデジイチに対して落ち着いて対処出来るようになったことから、開封から最初の一枚を撮すまでを写真に記録として残すことが出来ました。

箱を開けると取扱説明書とCD-ROMなどが入った袋があります。
IMGP2547

開封する

箱の中にはエアマットで厳重にくるまれたカメラとレンズが入っています。箱の中で動かないようにぎしぎしに詰め込まれています。

カメラとレンズを取り出しました。
IMGP2549

液晶モニター保護フィルム

あらかじめ用意しておいたレンズ保護フィルムを液晶モニターに貼ります。
EOS 7Dの液晶モニターは取扱説明書には3型と書かれているのですが、実測してみると3型よりも半周り大きい面積でした。このため、保護フィルムも3型ではなくフリーサイズを購入しました。ちなみに液晶モニターのサイズは横約6.5cm、縦5.5cmです。
IMGP2550

フリーサイズですので大きさに合わせて切ります。
IMGP2551

余った保護フィルムでシャッターボタン付近にある液晶モニターも保護します。
EOS 40Dを使用していた時に、この部分に保護フィルムを貼ることを忘れてしまい、傷を付けてしまったからです。
IMGP2552

ストラップ

ストラップを取り付けます。
このストラップ、箱の底に他の付属品の下敷きになって入っていたので、当初はメーカーの入れ忘れか7Dからはストラップは別売となったのかと心配しました。
デザインはキヤノン EOSシリーズを踏襲していて黒地に白文字、赤のライン。7Dのロゴ入りです。
IMGP2575

レンズ保護フィルター

KenkoのPRO1プロテクターフィルターを取り付けます。
レンズの表面がむき出しなのは怖いことで、傷が付けば撮影は出来ないですし、水滴やゴミや埃が着いても困りますが、保護フィルターがあればレンズがむき出しにならないので安心です。
IMGP2576

保護フィルターを取り付けました。
これで安心をして撮影をする事が出来ます。
IMGP2578

最初の一枚

最初に何を撮ろうかと考えていたのですが、ゴールデンハムスターの「ハム」が食事の入った瓶の中に頭を突っ込んで荒らしまわっている姿を撮りました。
可愛い家族の一員なので、最初の一枚にはピタリでしょう。
これまで使っていたEOS 40Dでハムスターを撮すのには、別途に蛍光灯スタンドを2つ用意しなければなりませんでしたが、EOS 7Dは天井から照らす蛍光灯40W*32Wでも十分に撮せました。
※写真をクリックすると拡大します。
IMG_0015
撮影モードAV(絞り優先)
シャッタースピード:1/25
f/5.6
ISO1600
焦点距離:15.00mm

移転について

この記事は別のブログに書いたものですが、そのブログを一時閉鎖することになりましたので、こちらのブログに移転することになりました。
わたし個人の所有のカメラ用品だけでなく、モニターとして貸与を受けた製品も含まれているので、削除するよりも移転して継続して掲載することにしました。
記事の入力された年月日は当時のままです。
2011/4/18

PR

CANON EOS 7D楽天市場でEOS 7Dを探す。
amazonでEOS 7Dを探す。

11月 7th, 2009

Posted In: EOS 7D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です