うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

夜、ハムスターの「ハム」が置きだしてくる時間になると、カメラバッグからEOS 7Dと取り出してテーブルの上に置く習慣が出来ました。夜行性のハムスターを何とか満足のいく写真に収めたいと、毎晩撮りまくっていますが、なかなかこれはという写真が撮れないでいます。

今回の一連の写真は、わたしが食べていたキュウリにかじりつき離さない「ハム」です。
「ハム」はキュウリが大好物です。

撮影モードはAVです。

キュウリにかじりついたので取り上げようとしたら、かじりついている「ハム」です。取り上げようとしますが歯でキュウリの皮にぶら下がっています。
シャッタースピード1/80
f/5.60
ISO5000
焦点距離46.00mm
露光補正0.00
IMG_0867

キュウリにしがみつくハムスター

「ハム」はキュウリの皮はあまり好きではありません。皮を歯で削ってから中の柔らかい部分を食べます。
シャッタースピード1/80
f/5.60
ISO5000
焦点距離46.00mm
露光補正0.00
IMG_0869

半分のキュウリをかじる

半分を食べた後、残りを「ハム」にあげました。大喜びでかじっています。「ハム」はとても賢いので、わざわざ皮をかじらなくてもすむキュウリの先端を両手で持ってかじっています。
シャッタースピード1/60
f/5.60
ISO5000
焦点距離53.00mm
露光補正0.00
IMG_0871

満足しているハムスター

キュウリをかじりたいだけかじって満足げの「ハム」です。
シャッタースピード1/100
f/5.60
ISO6400
焦点距離50.00mm
露光補正0.00
IMG_0875

感想

ハムスターをキュウリという食べ物でつって動きを止めて撮影をしましたので、前回までと比較してですが、良い写真が撮れました。
A4位までなら印刷にも耐えるのではと思います。

ピントとブレの写真が多いですが、夜の屋内で、蛍光灯の明かりだけを頼りに片手撮りをしていると、防ぎようが無いのかもしれません。

ISO感度ですが、前半は意識的に5000に落として撮影をして、後半の6400とノイズの出具合などを比べてみました。最大感度で撮影をするとノイズがかえって多く発生する機種が多いです。EOS 7Dがそのような癖を持っているかを知っておきたかったからです。
比較の結果はノイズは増えませんでした。撮影状況によってはノイズが増える可能性もありますが、とりあえずは最大感度のISO6400で安心して撮影が出来ます。

移転について

この記事は別のブログに書いたものですが、そのブログを一時閉鎖することになりましたので、こちらのブログに移転することになりました。
わたし個人の所有のカメラ用品だけでなく、モニターとして貸与を受けた製品も含まれているので、削除するよりも移転して継続して掲載することにしました。
記事の入力された年月日は当時のままです。
2011/4/18

PR

CANON EOS 7D楽天市場でEOS 7Dを探す。
amazonでEOS 7Dを探す。

11月 4th, 2009

Posted In: EOS 7D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です