うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

ノートン・ブロガーミーティングでモニターとして頂いたノートン・インターネットセキュリティ2010を早速ミニノートヒューレットパッカード HP2133にインストールをしてみました。
インストールの環境はPCが
HP 2133(CPU VIA-C7M1.60Gz 2GBメモリー)、
ADSL NTT 8M、
LAN 1000Mです。

インストールそのものはとても簡単です。
CD-ROMをPCに入れると自動的にインストール画面が立ち上がります。
後は、インストールをクリックすると、インストールから更新まですべて自動で行ってくれます。画面もシンプルで好感が持てます。
1

インストールの前に初期化の時間があります。この初期化にかかる時間は、約1分30秒です。初期化の後にインストールと更新が行われます。
インストール・リンクをクリックすると初期化を行い、次いで定義ファイルの更新を行います。

やっかいなのはインストール後の定義ファイルの更新です。
わたしがインストールをした12/2 12:00の時点でダウンロードする更新データが約60MBありました。
初期化から更新データのインストールの準備まで約10分かかりました。
2

初期化と更新データのダウンロードが終了すると、プロダクトキーを入力する画面が表示されます。
プロダクトキーの入力のユニークな点は、半角英数字を入力すると、自動的にハイフン「-」が挿入されることです。ブラインドタッチが出来れば、プロダクトキーを見ながら画面を見ずに入力することが出来ます。
ついでに言うと、アルファベットは大文字小文字を区別しません。ちょっとしたことですが入力の際に助かります。
3

プロダクトキーを入力するとインストールが始まります。
PCの性能にもよると思いますが、ミニノートのHP 2133ではインストールから起動の設定の終了まで約2分30秒かかりました。
面白いと思ったのは、インストールの終了まで1分未満とつねに表示されていることです。実際にはインストールだけでも1分30秒かかりました。
4

インストールが終了するとアクティブ化が自動で開始されます。
約4分かかりました。
5

アクティブ化が終了しました。
嬉しいのは1年ではなく366日間保護されることです。365日よりも1日多くあります。
6

インストールの完了を知らせる画面が表示されます。
これで全ての作業が終了しました。
7

ユーザーインターフェースはノートン・インターネットセキュリティ2009とほぼ同じです。
機能は大幅に強化されていますが、使い勝手でとまどうことはなさそうです。
8,jpg

以上、簡単ですがインストールの実践を書きました。
定義ファイルのダウンロードとそのインストールにもうすこし時間がかかると思ったのですが、以外に速くできました。

この定義ファイルは驚くほどの早さで更新されています。後数ヶ月後にノートン・インターネットセキュリティ2010をインストールすると1時間以上かかると思います。2009の時がそうでした。

12月 4th, 2009

Posted In: アプリケーションのレビュー, インターネット上の脅威・詐欺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です