うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)とLenovoのブロガーミーティングで紹介されたのが今年(2009)1月5日発表されたばかりの最新鋭機種、ThinkPad Edge 13です。
ThinkPadで初めてのEdgeシリーズ、初のAMDプロセッサー搭載、初の黒以外のボディーカラーの導入等、初物づくしのモデルです。しかも従来のシリーズのカテゴリーに含まれない新しい市場を開拓する野心的なモデルです。

処理能力などはカタログやLenovoのウェブサイトを見ればスペックが書かれていますのでおおよそ見当がつきます。ここでは実際に触れてみないと分からないキータッチやボディーに触れた感触などを写真を交えて紹介します。
ThinkPad Edge 13

写真で見るThinkPad Edge 13

デザインと使用感

ブラックモデルを正面から見たところです。
ディスプレイはグレア、光沢有りなのですが、ノングレアのようにさえ感じます。反射が他社のグレアモデルよりも押さえ込まれている様に感じました。
ThinkPad Edge 13

向かって左側面。
D-Subソケット、HDMIソケットが並んでいます。
その右側が有線LAN、USBソケットです。
HDMIソケットが付いたことで、デジタルで外部モニターに出力させることが出来ました。
従来のD-Subソケットも付いていますので、プロジェクターなども使えます。
気になるのが有線LANソケットの位置です。かなり前側に付いているので、実際に使用した際には邪魔に感じると思います。
ThinkPad Edge 13 向かって右側面

向かって左側面のソケット類。
右からD?Subソケット、HDMIソケット、有線LANソケット、USBソケットとならんでいます。
ThinkPad Edge 13 ソケット類

向かって右側の側面です。
メディアスロットとUSBソケットが付いています。
USBソケットが左右に付いていると、使い勝手が驚くほど良くなります。
電源ケーブルがボディーに対して直角に差し込まれているのは頂けません。邪魔になります。
エプソンNa01 miniの様にくの字に曲げるなどの工夫が欲しかったところです。
ThinkPad Edge 13 向かって左側面

180度以上に倒せるモニター。
モニターは倒せる角度が浅いと電車の座席に座ったときに使いづらいなどの弊害があります。
ここまで倒せれば、対面している相手にモニターを見せながら文字入力ができます。
ThinkPad Edge 13 フラットにモニターを倒せる

ヒンジ。
特殊な形状をしているのかと思ったのですが、そうではありませんでした。取り付け方の工夫で180度以上に倒せるようにしていました。
ThinkPad Edge 13 モニターのヒンジ

キーボード。
右上のキーの配列がThinkPadシリーズとは違っています。
ユニークなのがFキーが初期設定ではないことです。個人ユーザーでファンクションキーを多用する方は少ないと判断をして、通常ならFnキーとの組み合わせで操作するキーを初期設定にしてあります。
もちろん、Fキーに設定することが出来ます。Fキーの設定を変えるにはBIOSで行います。
ThinkPad Edge 13 キーボード

BIOSから設定を変更します。
ユニークなのがFnキーを固定出来るモードが用意されていることです。これは身障者でFnキーと組み合わせのキーを同時にタイプ出来ない方に配慮したものです。
この設定をすると、Fnキーを最初にタイプして、次ぎに組み合わせのキーをタイプするとFnキーと組み合わせキーを同時にタイプしたことになります。
わたしは各メーカーの様々なパソコンを見てきましたが、この様な配慮をしたパソコンは初めて目にしました。
ThinkPad Edge 13 キーボードのBIOS設定

キーボードのタイプ感。
ThinkPadそのままのタイプ感でした。キーの形状がこれまでのThinkPadシリーズと違っていますが、タイプ感は損なわれていません。
ストロークは若干固めで浅いです。慣れるのには1日か2日かかると思います。
個人的にはX200やT400のキーボードよりもEdgeのキーボードの方が気に入りました。
ThinkPad Edge 13 タイプ感

トラックポイント。
従来のThinkPadよりも高さが低いです。
ThinkPad Edge 13 トラックポイント

トラックパッドとクリックボタン。
クリックボタンが上下に付いています。
トラックバッドとトラックポイントの2つのデバイスがあるので、ユーザービリティが優れています。
わたし流の使い方ですが、ポインターをトラックポイントで動かし、クリックはトラックパッドを2回叩くことで、クリックボタンはほとんど使用しません。この方がとても使いやすいです。
ThinkPad Edge 13 トラックパッドとクリックボタン

ブラックモデルの天板。
個人向けのモデルなので光沢有りです。このため指紋が着きやすくなっています。神経質な方はふき取りようのセーム皮などを持ち歩くと良いでしょう。
ThinkPad Edge 13 ブラックモデル

ブラックモデルのロゴ。
赤いLEDが点灯します。これは好みの問題と思います。
ThinkPad Edge 13 ブラックモデルのロゴ

レッドモデルの天板。
つや有りなので指紋が目立ちます。
艶やかな赤なので、好みがはっきりでる色と思います。
ThinkPad Edge 13 レッドモデル

レッドモデルのロゴ。
ThinkPad Edge 13 レッドモデルのロゴ

レッドモデルを持ったところ。
光沢があるので光が反射しています。
重量は約1.64kg。13インチモデルとしては標準的な重さです。
持ち重りもしませんでした。
ThinkPad Edge 13 持ち重り

綴じたところの左側面。
ThinkPad Edge 13 向かって左側面

綴じたところの背面。
なにもなくすっきりとしています。
ThinkPad Edge 13 背面

綴じたところの右側面。
ThinkPad Edge 13 向かって右側面

綴じたところの正面。
なにもありません。すっきりとしたデザインに統一されています。
ThinkPad Edge 13 正面

モニターの端を持って、持ち上げてみました。
これだけゆがんでもThinkPadなら許容範囲です。
ThinkPad Edge 13 モニターの端を掴んでゆがんで持ち上げたところ

トラックポイント。
指で操作をすると、確かに従来のThinkPadよりも低いです。
違和感と言うほどではありませんが、ちょっと変だな、と思いました。
この程度の差は、1日か2日で慣れます。
ThinkPad Edge 13 指先で触るトラックポイント

ThinkPad Edgeの分解写真

Edgeの分解写真です。
ThinkPad Edge 13 分解写真

注目のキーボード。
驚くほど薄く仕上がっています。この薄さでタイプ感を損なわないのはさすがにThinkPadです。
ThinkPad Edge 13 キーボード

キーボードの背面。
中央に四角い飛び出しがありますが、ここにトラックポイントとそれをコントロールしてデジタル化するシステムが内蔵されています。
トラックポイントからアナログでポイントの移動データを取得してマザーボードでデジタル化をすると雑音を拾ってしまうので、直接トラックポイントからデジタル化をしているそうです。
これは分解しただけでは分からないことです。開発をした方に質問をして初めて分かりました。
ThinkPad Edge 13 キーボードの背面

マザーボード。
左上が冷却ファン。
中央にトラックポイントの突起を収める空間が設けられています。
右下の大きな空間はハードディスクが収められます。
ThinkPad Edge 13 マザーボード

低価格を追求しながら冷却性能を維持し、高い静音性を持たせた冷却ファン。
ThinkPad Edge 13 冷却ファン

パネルの分解写真。
筐体やパネル一つ一つは軽く作るために華奢になっていますが、組み合わせることで堅牢なボディーとなります。
ThinkPad Edge 13 パネルの分解写真

バッテリーパック。
ThinkPad Edge 13 バッテリーパック

2.5インチのハードディスク。
ThinkPad Edge 13 ハードディスク

感想

エンタープライズ・ユース(企業向け)を考慮することなく、個人ユーザーにThinkPadを使ってもらいたいという思いから作り出された機種であることがよく分かります。
筐体は光沢のある黒と赤、外部モニター出力端子にHDMIを用意、キーボードの初期設定にFキーではなくFnキーと組み合わせキーが配置されていることなどです。

コストパフォーマンスの非常に高い機種といえます。
CPUにデュアルコアのAMD Turion Neo X2 L625(Windows 7 Home Premium)とAMD Athlon Neo X2 L325(Windows 7 Professional)を搭載しています。シングルコアのプロセッサーを搭載した機種ならもっと廉価な13インチモデルがありますが、キーボードや耐久性ではとうていThinkPadにおよびません。ThinkPadの長所を継承しながらどこまで廉価に製品化出来るかを追求した機種だと思います。

LenovoにはIdeaPadブランドがあり、これは完全に個人向けのラインナップです。
IdeaPadの各機種も触れてきましたが、正直に言うと、ThinkPad Edgeの完成度の高さと価格に低さを見てしまうと、IdeaPadの存在自体がかすんでしまう気がします。IdeaPadブランドは価格競争に真っ向から挑む機種になるのかもしれません。

面白いと感じたのがOSです。
エンタープライズ・ユースのX100eにはWindows 7 32bitしかカタログ上では選択が出来ないように書かれているのですが、Edgeでは初期導入のOSがWindows 7 Home Premiummの場合は64bit版のみ、Professionalでは32bit版のみとなっていることです。

PR

ThinkPad Edgeを探す。
Yahoo!ショッピングでThinkPad Edgeを探す。
Yahoo!オークションでThinkPad Edgeを探す。
amazonでThinkPad Edgeを探す。

1月 19th, 2010

Posted In: ThinkPad, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です