うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

完全なクローズドのNTTのイベントR&Dにブロガーとして参加することが出来ました。
本来はNTTの顧客など招待状を持った方だけが参加できる年1回のイベントですが、アジャイルメディア・ネットワークのご厚意で参加しました。(2/24 2010)

テーマは「人、社会、地球にやさしい未来を拓くICT」です。
NTT R&D

NTTグループのクライアントが多く招待されたイベントのため、三鷹駅から武蔵野研究所まで無料のシャトルバスが3分間隔で往復するほどの多くの方が参加するイベントです。

午前中に開かれた茂木先生の講演が、現在のわたしには珠玉のように思えました。
先生の用意されたパワーポイントの資料が英語でしたので、先生の言葉だけをタイプしたので取りこぼした記録が多いのが残念です。

「よりよい社会に向けての人間の挑戦」

スピーカー
脳科学者 理学博士
ソニーコンピュータサイエンス研究所 シニアリサーチャー
東京工業大学大学院連携教授
茂木 健一郎氏(もぎ けんいちろう)

茂木先生からのっけからの質問。あなたはあと何年生きますか?
人間の脳は楽天的に考えないと生きていけない仕組みになっています。根拠のない楽天性が人間をよくします。
茂木先生は、「今日は技術者の集まりと思って準備をしてきてしまった」そうです。

人間は欲望に突き動かさらせています。NTTを例に取ると「人と結びつきたいという欲求」、コミュニケーションです。
一番重要なのはドーパミン、欲望の構造を作っています。
iPhponeの所有者が人に見せつけたがります。これは自慢したいから。
スマートフォーンにするかは別として、現代人は携帯電話を手放せなくなっています。
携帯電話は人類史上最大のドーパミン。
ドーパミンは嬉しいときに発生します。
携帯電話をなくすと落ち込む。これはドーパミンを出せなくなるからです。
これからビジネスを立ち上げるのであれば、ドーパミンを引き出すモデルを訴求するべきです。

何か行動を起こす。
ドーパミンが発生する。
コンテンジェント、コンテンジェンシー。予想できることと予想できないことが入り交じっている状態をさします。
ドーパミンは予想できない嬉しい出来事に出会ったときに大量に生成されます。

携帯電話が史上最強のドーパミン発生装置な理由は、予想できない電話やメールがあるから。
一般の人は携帯電話を持っていないと不安になりますが、デジタルカメラを持っていなくても不安になりません。これはドーパミンの発生の違いからです。

予想できることと予想できないことが入り交じっている状態が重要です。携帯電話はある程度予想できるのです。彼女や彼氏からの電話やメールが来ることが分かっているからです。
スパムメールや迷惑電話だけでは不愉快となってしまいます。

アバターのヒット。
予想できるストーリーという要素と3Dという予想できない要素の複合がヒットの理由の一つ。
何が人を引きつけることは、作り上げてみんなに見てもらわないと分からない。
ヒット商品の法則をドーパミン系からとらえる新しい視点。

ドーパミンは不確実性が無いと発生しません。
放送と通信の融合は当たり前のことです。偶有性が増すのが今後のネット社会の進化の流れです。
バンクーバーオリンピックなどブロードキャスト、リアルタイムで見ることに意味があります。
映画はどうか?同時に見る必要がありません。
放送と通信の融合はドーパミンの視点から見ると正当な進化です。

コンテンジェンシープラン。予想できることと予想できないことを含めた計画性。
コンテンジェンシーは人間が学習する機会を与えてくれます。今のネット社会はその方向に進んでいます。

人生には予想がつかない様々なことが発生すします。
偶有性。
結婚生活なら夫や妻が予想のつかない行動を取るとき。
育児なら子供の受験・不合格の結果など。
親のプランの一例として、我が子が進級できないことは大問題なので英国の学校に留学させてしまおうということがありました。コンテンジェンシープランが偶有性に対応しています。

DLPFC
ゲームが人間の脳の活性化に役立っています。ゲームは偶有性が多いからです。
人間関係もゲームの一種。握手をすることで何らかの報酬が得られる。金銭、名声、人脈など。
対人関係は人間の最大の偶有性。
会話には学習機会があります。話が飛ぶランダムな会話や同じ話を毎回聞かされることは偶有性が少ないので益はないです。

ユーザーはよく計画された偶有性に引き寄せられます。
Googleが提供しているのは偶有性。予想できる検索結果と予想できない検索結果の偶有性。
トップページはシンプル。
Yahoo!のトップページは情報であふれている。これもYahoo!なりの偶有性があります。

YouTubeが支持されている理由は?。
画質や音質は悪いが、偶有性に優れているからです。
ビートルズの本物の映像も出てきますが、ただのおじさんがビートルズの曲を歌っていたりします、しかもおじさんの歌がとても上手だったりします。

twiterの支持の理由。
偶有性の作り込み。
140のリミット。
リアルタイム性(ハイチ地震で証明されました)。
なぜネットに新しいサービスが現れては消えているか?偶有性の問題です。偶有性が少ないとユーザーが離れてしまい利用されません。

twiterは自分がアクションを起こしてその画面が表示されるということが、脳のドーパミンを発生させます。
対して、メーリングリストは一方的に、しかも希望しない時間に配信されるから、支持されない。

トップページに重いフラッシュはストレスを感じます。ユーザーが期待していないことを行っているといえます。
トップページにはユーザーが期待するリンクを配置するようにします。

生徒が質問をしました。生徒の脳が情報を求めているということです。学習をしたいという欲求があります。
教授はわざわざ参考書を探しに出かけ、生徒の知的欲求に応えました。

amazonのキンドル。未来のネットデバイスを感じさせます。
箱から出して30秒でamazonのキンドルのトップページに行くことが出来ました。
どこのキャリアとも契約をしていなくても、勝手にネットにつながり、アメリカのサーバーにアクセスしました

英国の新聞を定期購読していたので、すぐにメモリーがいっぱいになると思っていたら、購入したデータはクラウドで保存されているので、キャンドルには過去1週間分の新聞紙かメモリーされていないそうです。クラウドにアーカイブされています。
書籍にしてもビデオにしても、将来、こうしたデバイスは、キャリアとの契約はなしで、箱から開けて30秒で使い始められるようになります。データの大部分はクラウドに置かれます。

インターネットはワールドワイド、国境や国籍はありません。amazonのキャンドルのように優れたデバイスなら、アメリカで開発されたものでも、日本でも支持され購入されます。
また、これまでは無関係と思われていたNTTと出版社が提携するなど、予想も出来ないことがが起きます。

セキュリティは非常に重要。
セキュアベースは安全地帯。
セキュリティを十分に行いユーザーに安心をしてもらい、その上でランダムな出来事を期待させます。確実なことと不確実なことがちょうど良い具合にミックスされていることが良いです。

赤ちゃんの脳は自分の体についても分からないです。
自分を触れば触ったという感触と触られたという感触が得られます。
赤ちゃんはセキュアが殆どありません。親がセキュアを教えて育ててゆくのです。
確かなるセキュリティーが必要です。

日本の大学や新聞はガラパゴス化。国内でしか通用しない。
打破するか?日本人一人一人がチャレンジする必要がある。なぜ、打って出ないのか?セキュアベースがかけているから不安なので出て行けない。沈み行く船でありながらしがみついている。

eコマースのサイトでもクラウドの利用で安く出来るようになりました。
坂本竜馬のセキュアベース。おりょう、乙女姉さん、土佐藩からの資金の提供など。

質疑応答

予想できることと予想できないことの混ざり具合は?
主観的な認識によって違ってきます。
集中しているけれどリラックスしている状態がフロー(flow)。子供が夢中で遊んでいる状態がフローな状態です。
高いスキルを持っている人と赤ちゃんでは偶有性のパーセンテージは違って来ます。
非常に動的なものです。
仕事の時、フローな状態がベストです。

茂木先生は「美人の基準は?」なども準備をしてきましたが、時間の都合で出来なかったそうです。これも偶有性。

茂木さんのハイでアグレッシブな活動の源泉は?
リラックスしながら頑張っているから、頑張っているとは意識していません。楽しくリラックスしていればストレスには感じません。

モバイルデバイスとコミュニケーションは?
人間の脳は文脈で強く左右されていました。
モバイルは文脈の自由度を増してくれます。
親は子供を育てている文脈と、友達とお茶をしている文脈を同時にこなすことが出来るようになりました。子供を保育園に預け緊急の連絡先を携帯電話とします。その上で友人と会って喫茶を楽しみます。
昔の固定電話の時代なら、子供を預けても固定電話の通じる先以外にはいることが出来ませんでした。
これはモバイルコミュニケーションだから可能なことです。

次は...。

2枚のモニターで作り出す立体映像」を書きます。

2月 24th, 2010

Posted In: NTT R&D 2010, 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です