うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

試写体感ブラビア3D

左右の目が交互に映像を見るので、斜視でも立体映像として捉えることが出来きました。映像の切り替えは1秒間に60回。

これまで平面の映像、それも常に二重に見えていたものが、3Dメガネをかけることで一重の映像に代わり、しかも見られなかった立体映像がそこにありました。
弱視の人が本も読めずにいたのが、めがねをかけることで矯正されて視力1.2になったのと同じような感激があると思います。
視力の悪い人はメガネやコンタクトレンズ、最近では手術で視力を矯正することが出来ますが、斜視は矯正する手段がありません。生まれてから一度も一重の映像を見たことのないわたしにとっては3D映像は衝撃以外の何者でもありませんでした。

美ら海水族館

最初に放映していたのは、沖縄県本部半島にある美ら海水族館です。
ジンベイザメなど水族館内の魚を3D映像で撮影をしました。この撮影では、万一魚などを傷つけたり危険と判断した場合には、ケーブル類を切断する覚悟で行ったそうです。
SONY BRAVIA 3D TV LX900 V52 美ら海水族館

これが美ら海水族館のジンベイザメのモニュメント。
美ら海水族館 ジンベイザメのモニュメント

このレビューは「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

11591-1368-165731

フィギュアスケート

3D映像の再生だけでなく、2Dの映像を擬似的に奥行きのある3D映像とするモードを搭載しています。この機能はブラビアだけだと思います。

フィギュアスケートは被写体深度が浅く、スケーターにピントを合わせ続けて撮影をするので、観客席とは映像上の距離感が発生します。
その距離感を3D映像として疑似的に再現することができます。

3Dとして専用に作られた映像は画面の外に飛び出しますが、この機能は見るものに奥行きを持たせます。スケーターの奥に観客席があることがはっきりと認識できます。
立体的な飛び出す3D映像もよいですが、通常の2D映像の方がまだまだ一般的な今日、この2Dを3Dに見せる機能は重宝すると思います。
ソニー ブラビア 3D TV LX900

3Dトランスミッターとメガネなしのモデルも用意されています。将来的には3Dを見たいが、今はコンテンツが少なく価格も高いので2Dのテレビで十分というユーザー向けのもでるです。
SONY BRAVIAのオフィシャルサイト。新製品の情報が掲載されています。
ちなみにわたしがヤマダ電機で契約をしたのはNX800シリーズの46Vです。

今後のソニーの3Dワールドの進化は?

コンシューマが3D映像を撮影できる機器の開発を進めているそうです。年内の発売を目指していますが、サイバーショットになるのか、デジタル一眼レフカメラになるのか、ビデオカメラになるのかはまだ分からない段階だそうです。

3Dテレビの客観的な評価基準は?クロストークをいかに減らせるかが一つ。他にあまり定量的な指標は無い。コンテンツを作った人が正解を持っているので作った人が見た映像に基準があります

ブラビアの記事の一覧

  1. ソニー3DブラビアLX900 試写体験ブロガーセミナー(2010/04/24)
  2. SONY 3D BRAVIA LX900 試写体験ブロガーセミナー|3Dメガネ編(2010/04/24)
  3. ソニー3DブラビアLX900レビュー|試写ブロガーセミナー(2010/04/24)

PR

LX900 楽天市場でSONY BRAVIA LX900を探す。
Yahoo!ショッピングでブラビア3D LX900を探す。
Yahoo!オークションでブラビア3D LX900を探す。
amazonでSONY BRAVIA LX900を探す。

このレビューはWillVii株式会社運営の家電・PC・携帯・ゲームレビューサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...

  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!
  • ブロガーへの報酬、レビュー内容の指示は、本情報開示以外は一切ありません!

「モノフェローズ」に興味のある方はこちら

PR

LX900
楽天市場でSONY BRAVIA LX900を探す。
Yahoo!ショッピングでSONY LX900を探す。
Yahoo!オークションでSONY LX900
amazonでSONY BRAVIA LX900を探す。

4月 25th, 2010

Posted In: 参加レポート・ブログ・ブロガーミーティング, 薄型テレビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です