うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

WebSiteやblogを運営していると、相互リンクの依頼やコメントに記載されたURLなどが増えてきます。
記載されたURLを確認しないと、そのURLの善し悪しや安全性は分からないのですが、確認すると言うことは、アクセスをすることで、万一悪意のあるサイトだった場合に、マルウエアなどに感染する危険性があります。

URL VoidはURLを入力するだけで、18種類のスキャンを行い、そのURLの安全性を評価してくれます。
cnet Japanの記事「[ウェブサービスレビュー]不審なURLを身代わりでチェックしてくれる「URLVoid」

実際に送信されてきたスパムメールや、blogに投稿されたコメントに記載されていたURLをURL Voidでスキャンしてみました。

使い方は簡単です。
テキスト欄にURLをコピー&ペーストして、スキャンをします。
10秒から20秒ほどで結果が表示されます。
問題なければ「CLEAN」、疑わしい場合は「SUSPICIOUS」、危険であれば「DANGEROUS」と表示されます。

これがスキャンをした結果です。
オレンジで囲んだテキスト欄にNRLを入力します。
赤で囲んだところが、問題ありの箇所です。

URL Void

ブログのコメントに投稿されたURLのうち、3つに2つが「CLEAN」で、残りが「SUSPICIOUS」ないし「DANGEROUS」でした。
ブログのコメントに記載されているURLは、かなり危険性が高いようです。

12月 21st, 2010

Posted In: security/セキュリティ, インターネットサービス(無料), 備忘録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です