うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

HP HPE-580jpアフィリエイトのバリューコマースが主催する、ヒューレットパッカードの今年の春モデルの新製品発表会が荻窪でありました。
春モデルで気になるのはインテルの新しいCPU(Sandy-Bridge)の搭載状況と価格です。
デスクトップPCではハイエンドモデルのフラッグシップHPE-590jpには搭載されず、ひとつ下のクラスのHPE-580jpに搭載されていました。
わたしは、今年こそパソコンを買い換えないとと思っていますので、自分が買うとするとと言う視点から説明を聞いてきました。

2011年の春モデルの特徴

ヒューレットパッカードの春モデルの特徴の一つは、グラフィックカードに力を入れていることです。
HPE-580jpですと、オンボードグラフィックの他に、
GeForceなら
GT420(2GB)
GT440(3GB)
GTX460(2GB)
が、
Radeonなら
HD6850(1GB)
が選択可能です。

HP HPE-580jp
これが当日展示機のグラフィックカード。
わたしは今度の機種にはDisplayPortを搭載したモデルが欲しいと思っていますので、選択肢はRadeon HD6850となると思います。もっとも、PCメーカーや機種よっては、グラフィックカードはGeForceしか選択が出来ないこともあるので、Radeonが選択できるのは良いことです。

HP HPE-580jp
HPE-580jpはインテルの第二世代Coreプロセッサー、Sandy-Bridgeの搭載モデルです。Intelのオフィシャルサイト「第 2 世代インテル(R) Core(TM)プロセッサー・ファミリー

HP HPE-580jp
これがストレージデバイスの格納場所。
3.5インチハードディスクないしSSDが最大2つまで格納できます。
わたしは、こんどのディスクトップ機をNAS代わりに使う予定でいますので、内蔵HDDが最大で2つというのは「少ないな」と感じました。最低でも4つは格納したいところです。
もっとも、通常の使用であれば4つのHDDを格納する必要は無いので、十分でしょう。
形状からみると、HDDの増設や取り替えは多少手間がかかりそうです。
SSDの搭載が一般的となってきたことに答えて、SSDのシングルユース(1台)の他に、インテル製320GB(160GB×2)RAIDO 0も選択できます。

HP HPE-580jp
メモリーソケットです。
2×2で4枚のメモリーを搭載することが出来ます。
この位置にあると、メモリーの増設や差し替えは簡単にできそうです。
最大16GBまで増設できます。

HP HPE-580jp
スコアは、展示機では7.6が出ていました。
操作をして体感速度が確かめられなかったのは残念ですが、7.6と言う数字は一応の目安にはなりそうです。

HP HPE-580jp
背面のディスプレイソケットです。
HDMIが1系統、DVIが2系統のグラフィックカードが搭載されていました。

HP HPE-580jp
背面のソケット類。
下の方にうまくまとめられている感じです。
前面にUSBソケットがあるので、背面のソケット類は常時さしている器機が中心となるはずです。

PR

ヒューレットパッカード デスクトップPC HPE-580jpHP Directplusで見てみる。
HP Pavilion Desktop PC HPE 580jp/CT (春モデル)

1月 13th, 2011

Posted In: デスクトップパソコン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です