うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

アフィリエイトのバリューコマースからLenovoのThinkPadシリーズのレビューを書くためにEdge15が先週送られてきました。
たまたまヒューレットパッカードの2011年春モデルの発表会と重なり、世間は2011年春モデルの時期と感じました。

ヒューレットパッカードは発表会でしたので時間が少なく、Core 第二世代のCPUを積んだモデルを重点的に見たのですが、それでも小一時間では十分には分かりません。
Lenovoでは約2週間、貸し出しをしてくれるので、普段使用しているアプリケーションをインストールして使い勝手を確認することが出来ます。

今回は、Edge15の外側の使い勝手のレビューです。
わたしはノートブックに対してはいくつか気ににするところがあります。
ノートブックはオールインワンなので、ディスクトップ機のように付け替えたり買い換えたりすることが出来ないからです。
まず見るのがキーボード。ついで液晶モニター。そしてUSBや外部モニターのソケット類です。

ThinkPad Edge15

使い勝手のレビュー

キーボードとポインターデバイス

これがキーボード。
ThinkPadの名前をつけている位なので、キーボードのタイプ感やトラックパッド類の使い勝手は十分です。
以前にはThinkPadのキーボードのタイプ感がわたしの理想に近かったのですが、ここ1年ほど、同じLenovo製のエンハンスドキーボードを使うようになってから、ThinkPadよりももう少し柔らかめのタイプ感のキーボードが好みとなりました。
ThinkPad Edge15

キーボードの左側の配列です。
ThinkPadシリーズのキーボードでなじめないのが「fn」キーと「Ctl」キーの配列。
ただしこれは個人の慣れです。
わたしは長くCtlキーが左外、fnキーが左内の配列になじんで来たからです。例えばPanasonicのLet’Noteシリーズを使っていれば、ThinkPadと同じキー配列なので違和感は感じないはずです。
ThinkPad Edge15

キーボードの右側の配列です。
Back spaceキーは他社のノートブックと同じ位置にありますが、deleteキーの位置が異なります。
この辺りのキーはブラインドタッチでよく使うキーなので、位置が異なると文字入力の速度に影響してきます。
他のThinkPadシリーズと比べても異なるのが気になります。
ThinkPad Edge15

ThinkPadシリーズでわたしが気に入っているのがポインターデバイス。
マウスの代わりになる機能です。
ほとんどのノートブックがトラックパッドのみを搭載している中で、ThinkPadは一部の機種をのぞいて従来通りのトラックポイントとトラックパッドの双方を搭載しています。
これはポインターを動かしてクリックをする時にたいへんに具合が良く、赤い丸ぽちでポインターを動かしながら、トラックパッドを親指で2回たたくことで左クリックをすることが出来ます。
一見、同じ操作ができるデバイスが2系統あることが無駄に見えますが、2つの良いところを使うことが出来るのです。
ThinkPad Edge15

液晶モニター

解像度は1366*768。
15インチノートとしてはもう少し高い解像度でも良かったかもと思いますが、価格を考えるとこの辺りが妥協できる数字なのかも知れません。
ThinkPad Edge15

液晶モニターはグレア(光沢あり)とノングレア(光沢なし)を選択できます。
グレアが主流となり、ノングレアが用意されていないモデルが増えてゆく中で、ノングレアが選べるのは貴重な存在です。
ノングレアは反射が少なく疲れにくいので、長時間モニターと向き合うユースに適しています。
ThinkPad Edge15

各種ソケット類

向かって左の側面。
左から通気口、D-Sub外部モニターソケット、eSATA/USBソケット、有線LANソケット、HDMI外部モニターソケット。
デジタルとアナログの2系統の外部端子ソケットが着いています。さすがにDisplayPortはありません。
ThinkPad Edge15

向かって右の側面。
左からUSBソケットが2つ、光学ドライブ、電源ソケット。
ThinkPad Edge15

光学ドライブを開いたところ。
ThinkPad Edge15

電源ケーブルをさしたところ。
日本製のパソコンですと、L字型にするなどして、省スペースを考える部分です。
Edge15は大きさから言ってモバイルノートとして使われることはほとんど無く、デスクトップPCの代わりの省スペースPCとして使われる機種なので、こうした点は改善を望みたいところです。
ThinkPad Edge15

背面。
この筐体ならUSBソケットが4つ欲しいと思っていたら、背面に1つありました。
左右にUSBソケットがついていないと不便に感じるのですが、プラス背面の3つの辺にUSBソケットがついているのは珍しいかも知れません。
ThinkPad Edge15

気がついた点

重さ。
片手で持ってみると、さすがに重く感じます。
部屋の中やオフィスの中で移動して使うのが限度で、モバイルノートとして使うにはよほどの体力が必要です。
ThinkPad Edge15

意外と小さなACアダプター。
前日にヒューレットパッカードの弁当箱ACアダプターを見たからかもしれませんが、本体が15インチと大きいので小さく感じたのは確かです。
ThinkPad Edge15

180度以上倒れる液晶モニター。
モバイルノートで倒れる角度が浅いと、電車の中などで膝の上でノートブックを使う時に画面がとても見づらくなってしまうのですが、Edge15はモバイルノートではないにも関わらず、よく倒せます。
ThinkPad Edge15

ThinkPadの「i」の字が赤く光ります。
背面の他に、パームレストの部分のロゴも光ります。
この辺りは好みです。
ThinkPad Edge15

CPUはIntel Core i3 M350 2.27GHz。
メモリーは2GBを搭載しています。
ThinkPad Edge15

PR

ThinkPad Edge15 楽天市場でThinkPad Edge15を探す。
Yahoo!ショッピングでThinkPad Edge15を探す。
Yahoo!オークションでThinkPad Edge15を探す。
amazonでThinkPad Edge15を探す。
LenovoオンラインショップでThinkPad Edge シリーズThinkPad Edge シリーズを探す。

1月 18th, 2011

Posted In: ThinkPad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です