うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

高尾山に連なる景信山で休憩を取っていたら遠くの空にトビが浮かんでいました。
高度が山頂と同じくらいらしく、水平の目線で見られました。

普段使用しているキャノン 15-85mm USMレンズなら撮影できない距離なので撮すことも考えないのですが、今回カメラに取り付けてきたタムロン 18-270mm PDZレンズなら撮すのに十分な距離です。
カメラの設定を多焦点から単焦点に変えて、風に浮かんでいるトビを撮りました。

高倍率ズームレンズの魅力の一つが、このように突然現れる被写体もとっさに撮せることです。
このときは、登山用の食事のレビューを書くためにガスストーブやフリーズドライのパスタの写真を撮っていたのですが、全く同じレンズで遠くを飛ぶトビも撮すことが出来ました。

カメラはキャノン EOS 7Dです。

トビを撮す

これが最大望遠で撮影をした写真から、トビを切り抜いたものです。
270mmの望遠、手持ちの撮影にもかかわらず、手振れは起きていないようです。
単焦点に変えてあるので、同じ日の朝に撮ったカワセミと比べてもピントも合っているようです。
_MG_4369

最大望遠で撮したトビの写真を縮小したものです。
風に揺られてトビは位置が一定していませんでした。
高尾山のトビ

トビを撮すのに高速連写を使わず、一枚一枚をシャッターを切りながら撮しました。
このため、パラパラ漫画のようにトビの姿が少しずつ変わって行く写真となりました。
高尾山のトビ

トビを見ていて感心するのは、巧みに上昇気流をとらえることです。
高尾山のトビ

先日のタムロンのブロガーミーティングで写真家の並木さんに教えていただいた、「望遠レンズで遠近感を持たせる」手法は背景をぼかせることで手前の被写体を浮き上がらせる事でしたが、トビの写真は図らずもその逆バージョンとなり、手前の木の枝がぼけて写っていて、被写体のトビとの距離感を出してくれているようです。
高尾山のトビ

タムロンのブロガーミーティングの記事

  1. 小型軽量レンズの開発
  2. タムロン 18-270mm PZDレンズの開発
  3. ズームレンズの使い方
  4. ズームレンズを使いこなそう
  5. 18-270mm PDZレンズレビュー

タムロン 18-270mm PDZレンズの記事

  1. 野鳥(トビ)の撮影
  2. 野鳥(カワセミ)の撮影
  3. バードウォッチングに持ってゆく
  4. ズームレンズの使い方(画面から必要な絵を切り取る)
  5. 登山で実感できた軽さと小ささ
  6. タムロン18-270mm PDZレンズ vs キャノン EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 比較レビュー
  7. 家の周りの自然の写真
  8. 広角と望遠、ズームレンズを楽しむ

PR

ズームレンズの使いかた TAMURON 18-270mm F3.5/6.3 Di II VC PZDレンズ 楽天市場でTAMURON 18-270mm PZDレンズを探す。
Yahoo!ショッピングでタムロン 18-270mm PDZを探す。
Yahoo!オークションでタムロン 18-270mm PDZを探す。
amazonでタムロン 18-270mm PDZを探す。

2月 5th, 2011

Posted In: タムロン 18-270 PDZ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です