うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

エプソンのサイトでモノクロプリントの説明をしています。
URLは
http://www.epson.jp/products/colorio/pro/kiwameru/theme4/p1.htm
エプソンのPXインクを搭載したPX-5600、PX-5002、PX-5Vなどのプリンターが対象の解説ですが、PXインクを搭載していないプリンターでも基本的な設定は同じの様です。

昨年まではPhotoshop Elements(以下PSE)で撮影をした画像に修正を加えたり補正を行ったりすることは無かったのですが、エプソンのPX-5Vブロガーミーティングに参加したときに数分でできる手法を教えていただいたので、入門書を読んだりエプソンのサイトを見ながら試しているところです。

以下の作業は上記のURLに書いてあるのですが、念のために備忘録として書き留めておきました。

Photoshop Elementsで画像をモノクロにする

    作業を始める前に

  1. Photoshop Elementsを起動したらモノクロ印刷をしたい画像を選択して、編集画面に移行します。
  2. 補正を始める前にPhotoshop Elementsの色空間をsRGBかAdobe RGBのどちらかか確認します。プリンターによってはAdbe RGBに対応していない機種があるからです。PX-5VやPX-5600はAdobe RGBに対応しています。
  3. 色相・彩度の設定

  4. 写真編集モードから、「画質調整」>「カラー」>「色相・彩度」を選択します。
    PSE 色相・彩度の選択
  5. 色相・彩度の編集から「マスター」を選択、プレビューにチェックが選択されているかを確認します。初期設定でなっています。
    PSE3
  6. 彩度のスライダーを動かして画像をモノクロ化します。ここでは左に-100まで移動しました。
    PSE4
    これがモノクロ化された画像です。
    _MG_9431_1
  7. 部分的に明るさを調整する

  8. 画像の一部の明るさを編集します。画像では旭岳の右の肩に太陽があって明るく、左の肩の空がやや黒ずんでいますので、左の肩の空の色を明るくします。
  9. 「編集」をマスター以外の色を選択します。違う色を選んでもPSEが正しい色にしてくれます。空の色を調整するので「シアン系」を選んでも自動で「ブルー系」に変更されます。「編集」を選択したら、画像の調整をしたい部分をクリックします。
    PSE5
  10. クリックしたら、一番下の「明度」を明るくしたい場合は左へ、暗くしたい場合は右へ動かします。この画像は明るくしたいので右に動かします。+100まで動かしました。
    PSE6
    左の空を明るくしたあとの画像です。
    _MG_9431_2

トーンの調整

    レベル補正の選択

  1. 写真編集モードから、「画質調整」>「ライディング」>「レベル補正」を選択します。
    PSE7_1
  2. 「プレビュー」にチェックが入っていることを確認します。
    PSE8
  3. 明るさの調整

  4. スライダーを左右に動かして、明るさの調整をします。明るくしたい場合は左へ、暗くしたい場合は右へ動かします。
  5. この画像は逆光で撮影をした旭岳なので全体的に白っぽくなっているので暗くします。スライダーを右に「0.91」まで動かしました。
    PSE9
  6. 補正前の画像。
    _MG_9431_3
  7. 補正後の画像。
    _MG_9431_4

プリントアウト

画像のモノクロ化と補正はこれで終わりです。PSEでプリントアウトをします。
試しに同じ画像を、カラー、補正前のモノクロ、補正後のモノクロの3枚印刷しました。
予算の都合でKGサイズの用紙を使いました。プリンターのPX-5Vとインクは貸与されているものの、用紙は自前なのであまり贅沢は出来ないのです。
PX-5V モノクロ写真

これが補正前のモノクロ写真(左)と補正後のモノクロ写真(右)。
旭岳の左の肩の空の明るさが異なるので、見分けやすいです。
PX-5V モノクロ写真

モノクロ写真というのは、コントラストが強い画像をプリントアウトするという向けの使い方と思っていました。
例えば、日本の古いお寺。
長い風雪の中で、表面が黒っぽい色彩となっています。背景が空や雪とすると寺が浮き上がって、カラーよりもモノクロの方がむしろよい写真となります。

今回、Photosho Elementsでのモノクロ化を試してみて、簡単にコントラストを調整できることを知りました。今までにも何度か山の画像のモノクロ化にはチャレンジしていたのですが、風景写真ではコントラストの強い写真というのはあまりなく、山の写真はモノクロには向かないのではないかと思っていたのですが、数分の時間を割いて補正をするだけで、立派なモノクロ写真がプリントアウトできる様になりました。

エプソンのサイトによるとPXインク・プリンターは、は3種類の黒系のインクを搭載しているので、モノクロ印刷にも向いていると言うことです。
通常のプリンターでは、黒とグレーのインクしか搭載していないので、淡いグレーはシアンやマゼンダなどのカラーインクから合成してプリントアウトするのですが、PXインク・プリンターでは淡いグレーのインクを搭載しているので、カラーインクの使用がとても少ないそうです。
今回、それを実感しました。

エプソン プロセレクションブログ

2/5に開催されたエプソン PX-5Vブロガーミーティングの様子が掲載されています。
PX?5V ブロガー発表会を開催しました!その1

EPSON PX-5Vの記事

PR

エプソンダイレクトでPX-5Vを買う。

4月 11th, 2011

Posted In: EPSON PX-5V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です