うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

YouTubeやUstream、ニコニコ動画などの動画は、これまでデータとして保存することが出来ませんでした。ネットに接続できる環境でならいつでもアクセスして動画を見ればよいのでさしたる不自由は無いのですが、ネットに接続できない環境で動画を見たい場合には保存が出来ないために見ることが出来ませんでした。

例えば、子供の動画をYouTubeにアップロードして祖父母に孫の姿を見せようとしても、祖父母宅にネットの環境が無い場合には、パソコンの他にモバイルWi-Fiルータなどを持参してネットの環境を整えない限り、動画を見ることが出来ません。

これは不自由な事ですが、その代わり著作権保護の観点からは、YouTubeに動画をアップロードしても、他のユーザーに動画を保存・別途に配信と言うことが出来ないので、安心していられると言うメリットもあったわけです。

今回、レビューを書いているB’s 動画レコーダー 2はそうしたことに一石を投じるアプリケーションです。
販売価格は3,990円、ソースネクストから発売されています。9/23まで期間限定特価の価格となっています。

画像の品質

録画した画像の品質は、オリジナルよりは劣りますが、まずまずと言ったところです。
著しく劣化してしまい、用をなさないというレベルではありません。2008年頃にYouTubeにアップロードしていた動画と同等の画質です。現在では録画機器もアプリケーションもYouTubeにアップロードに適した動画に変換してくれますし、YouTubeの方でも進化しているので、アップロードされた動画の画質は、良くなっています。

YouTubeからの録画
YouTubeにアップロードされている動画は著作権などの問題も出てくるので、わたしがアップロードした動画をB’s 動画レコーダー 2で録画しています。

これはゴールデンハムスターの走り回る動画です。4年ほど前にアップロードしたものです。

これが今回、B’s 動画レコーダー 2で録画したものを、アップロードしたものです。YouTubeにアクセスしてブラウザに表示された動画を録画しています。

画質は劣化していますが、見苦しいほどではありません。
ゴールデンハムスターの姿や動きはちゃんと把握できます。

パソコンからの録画
南アルプスの北岳(日本第二の高峰3193m)の山頂に飛ぶ鷹です。獲物を狙っているらしくホバリングをしています。YouTubeにアップした動画です。

これは同じ動画を、Photoshop Elemenstで再生したものをB’s 動画レコーダー 2で録画したものです。
YouTubeから録画した動画よりも、オリジナルの動画から録画しているためか、画像の劣化は少ないようです。

B’s 動画レコーダー 2で録画した画像は、オリジナルと比較をすれば劣化していることがはっきりと分かるので、どちらがオリジナルか迷うことは無いのですが、コピーのみを見た場合、オリジナルかどうか判断することは難しいでしょう。
悪意のユーザーがこのアプリケーションを使用した場合、著作権上の問題が発生する可能性はあります。
ただ、デジタルコンテンツは常にこうしたコピーの問題を抱えているので、B’s 動画レコーダー 2を取り立てて問題視する必要は無いでしょう。

ユーザビリティ

以下、B’s 動画レコーダー 2のページからの抜粋です。

生放送も、コメントも、バッチリ録画。
「B’s 動画レコーダー 2」は、YouTube、ニコニコ動画などのweb動画を録画できるソフトです。
そのパソコンで再生されている動画をそのまま録画します。もちろん、Ustreamやニコニコ生放送にも対応。PCモニタ上で表示できる動画は何でも録画できます。

2ステップで簡単録画
録画は簡単、わずか2ステップ。生放送など急いで録画したい時にも、スムーズに録画を開始できます。 録画範囲も、フルスクリーン録画、ウィンドウ部分録画、指定範囲録画から選べます。

実際に使用してみると、実に簡単に録画ができます。
購入から使用するまでの手順ですが、
ダウンロード > 解凍 > シリアルナンバー登録(ないし購入) > 製品のアイコンをクリック(起動) > 録画する範囲を指定 > 録画ボタンをクリック(録画の開始) > 録画の終了
以上です。
ダウンロードから購入まではその他のアプリケーションと同様なのでここでは取り上げません。

インストールを終えると、デスクトップにB’s 動画レコーダー 2のショートカットアイコンが作成されるのでこれをクリックして起動します。
B’s 動画レコーダー 2の操作パネルです。
1

上記のコントロールパネルの「録画」をクリックします。
すると、録画する範囲をしていする枠が表示されます。この枠は自由に大きさや位置を変更できます。
マウスで枠の大きさを変更するので、直感的でわかりやすくなっています。
ピンク色の枠をドラッグして上下左右の大きさを変更します。
2

この様に再生される動画のサイズに合わせます。
3

違う操作パネルが表示されます。
赤いボタンをクリックします。
そうすると録画が5秒後に開始されます。
クリックしてすぐに録画が始まらずに5秒のインターバルがあるのが使いやすくしています。録画ボタンをクリックしてからYouTubeの再生ボタンをクリックできるからです。
4

また、上記の操作パネルから、動画のフレームレートやコーデックも変更できます。
動画の知識があれば、戸惑わないで変更できます。

考えられる用途

YouTubeやニコニコ動画の録画が出来て便利なのですが、他にも使いみちがありそうです。
例えば、パソコンの使用方法を録画して、ネットに配信すると言った使い方です。

PhotoshopやIllustratorなどのアプリケーションで複雑な処理をさせる場合、文字で書くと「イメージ>回転>180°を選択してください」と書かざるを得ませんが、階層が深くなるほど操作が分かりづらくなって行きます。

これをB’s 動画レコーダー 2で操作方法を録画してYouTubeなどにアップロードすれば、見ただけで直感的に操作方法を理解できます。

ちょっと分かりづらいパソコンの操作を遠隔地の友人知人や家族に教えるのにも重宝すると思います。

PR


B’s 動画レコーダー 2をソースネクスト(SOURCENEXT)で購入する。

9月 13th, 2012

Posted In: 動画編集ソフト・エンコーダー