うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

SS500RとSS700Sの比較

9/25 北アルプスから戻ってきたら、購入したSS700が届いていたので、モニターとして借りているSS500と比較をしてみました。
外観も違いがありますが、身につけて感じた一番の違いは重さです。

DSC02384_edited-1

SS500は最軽量モデルで重さが49gです。
対してSS700はハイエンドモデルで重さも最も重く61gあります。
その差は12g。
SS500に比べると、SS700は20%以上重いことになります。

この12gの差は、腕に着けると数字以上に感じる重さです。
9日間の北アルプス縦走で一度もSS500を身につけている違和感を感じなかったのですが、SS700は自宅の周りを軽く散歩するときに身につけるだけでも左腕が重く感じました。
その後も、外出するときにはSS700に慣れようと出来るだけ身につけているのですが、重い感じは解消していません。

また、SS500よりもSS700は若干、厚みが増している点も、違和感を感じます。

SS500とSS700の違いは、対水圧が前者が5気圧、後者が10気圧とデザイン以外は無いので、SS500のデザインがどうしても気に入らない、あるいは5気圧防水ではどうしても不安という場合以外は、SS500を選択するのが賢明と思います。
SS700を購入しましたが、多少後悔しています。
もっとも、わたしが使うシーンはかなりハードなので、5気圧防水では不安なので、10気圧防水のSS700がふさわしいのは事実です。

ちなみに末尾のRはRedのR、SはSilverのSが由来です。

写真で比較するSS500とSS700

高さ、直径ともにSS700(左)の方が、SS500(右)よりも大きいです。
下のSS500のすっきりしたデザインと比べることで、分かります。

DSC02387

SS700の画面。
全体に大きくなるのは10気圧防水という機能の他に、円形というデザインのためのようです。

DSC02398

SS500の画面。
四角形の液晶画面と輪郭がほぼ同一の筐体のデザインのために、無駄がありません。
このために、軽量化が出来たのが分かります。

DSC02399

ベルト。
SS700(左)のベルトの方が若干長くなっています。色は黒地に灰色が埋め込まれています。凝ったデザインです。
SS500(右)のベルトは黒一色です。
SS700もSS500も手首に巻いたフィット感に違いはありません。
カシオのプロトレックマナスルと比べると、すばらしいフィット感です。

DSC02394

PR

 amazonでEPSON Wristable GPSを探す。

楽天市場でEPSON Wristable GPSを探す。

エプソンダイレクトでWristable GPSを探す。
会員になるとWristable GPSシリーズの送料が無料となります。

10月 9th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム, 携帯電子機器