うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

トレールランニングとSS500R、SS700S

トレールランニング(以下トレラン)で使うと言うことでエプソン(EPSON)から貸与を受けていてSS500Rだったのですが、天候が悪い日が多かったので、なかなか走りに行くことが出来ませんでした。
昨日(2012/10/10)は休日では無かったのですが、事情があって仕事が休みとなったので、天候も良く、格好のトレラン日和となりました。

走ったのは、首都圏のトレールランナーに人気の高い高尾山から陣馬山にかけての稜線の道です。
首都圏のハイカーあこがれの「高尾山・陣馬山縦走路」などとも呼ばれています。
距離はおおよそ10km。
高尾山の標高が599m、最高地点となる陣馬山の標高が854m。

ハイカーの多い高尾山までは、邪魔にならない様に早足の歩きです。
高尾山から景信山までは、平坦地と下りは何とか走っていたのですが、景信山の降り道を走り終えた時点で体力が無くなったらしく、堂所山の出合から陣馬山までは全区間歩いています。

使用したGPSは、EPSONのSS500RとSS700S、GAMIN eTreck HCx VISTA、SONY NAV-U37の4機種です。
GAMIN HCx VISTAはもっとも高価(約10万円)で最も性能の高いハンディGPSです。
2008年から現在まで、日本中を計測してきた実績があるので、今回の計測でも基準としました。ちなみに HCx VISTAの計測した距離の誤差は約+3%です。

今回は、モニターとして貸与されているSS500Rとわたし自身が購入したSS700Rの二台を使っています。
せっかく二台同時に使えるので、SS500Rはオートポーズ機能をオンにして使い、SS700Sはオートポーズ機能をオフにして使いました。オートポーズ機能とは、ランニングの時に、信号待ちなどで立ち止まったときに自動的に計測を停止する機能です。

ランニングでは確実に役立つ機能のオートポーズ機能ですが、トレランでは役に立つのでしょうか?
以下、トレランで使ったレビューです。

高尾山・陣馬山間のトレールランニングの使用感

高尾山・陣馬山にかけての歩道の紹介

まず、今回、走った高尾山から陣馬山にかけての稜線の道の紹介です。
全長は約10km(10.1km)。
途中に小仏城山(670m)や景信山(727m)のピークがあります。
599mの高尾山から854mの陣馬山まで徐々に標高を高めて行く道です。
基本的に上り坂の多い歩道と言えるでしょう。

本格的に登山をしている人には練習にすらならないなだらかな稜線で距離も短いのですが、西には富士山や丹沢山地の景観が見られ、東には都心の高層ビルや横浜の高層ビルが見られ、空気の澄んだ日には筑波山まで見晴らせる、眺望抜群の道ですのでハイカーに高い人気を得ています。

勾配も少なく、道は全区間整備されていて、体力に応じて途中でバス停や駅に降りられる枝道も多数あるので、ハイキングには最適です。
ちなみにわたしがこの道を歩くときは、京王高尾山口駅から陣馬山までは休み無しで一気に歩き、昼前に陣馬山に着いて昼食を取りながら、午後は生藤山まで足を伸ばそうか、来た道を高尾山口駅まで引き返そうか、プランを練ります。

高尾山から陣馬山にかけての歩道は、一般的な登山道の様にジグザグになったり曲がりくねったりする箇所はほとんどありません。
Wristable GPSシリーズは、細かなジグザグの軌跡は修正してしまうアルゴリズムが搭載されているので登山の軌跡をGPSの電波ログとして記録することは不可能なのですが、高尾山から陣馬山にかけての歩道はWristable GPSシリーズにうってつけの道です。

まずは高尾山に登る稲荷山歩道の記録

高尾山に上る道は稲荷山歩道を利用しました。
早足で登っています。走っていません。
計測の起点は京王高尾山口駅、終点は高尾山山頂の三角点です。
現地の表示には、稲荷山歩道の延長は3.1kmとあります。これに高尾山口駅から稲荷山歩道入り口までの距離と、高尾山山頂側の稲荷山歩道出口から三角点までの距離が加わります。
以下、4機種の記録の結果です。

注意点。
SS500Rはオートポーズ機能をオンにしています。
SS700Sはオートポーズ機能をオフにしています。

 機種名  歩行時間
(GPSが計測した実数値)
 高尾山の標高(599m)
(GPSが計測した実数値)
 カロリー計算
(GPSが計測した実数値) 
距離

(GPSが計測した実数値 
 GAMIN HCx VISTA  50分16秒  599m  –  3.61km
 SONY NAV-U37  51分35秒  610m  –  2.3km
 EPSON SS500R  35分35秒  602m   143kcal  2.60km
 EPSON SS700S  50分42秒  610m   184kcal  3.55km

この道は数十回も歩いていて、その度に距離も計測をしているので、GAMINの数値がほぼ正確なことが分かっています。
NAV-U37の数値は問題外。
SS500Rのオートポーズ機能をオンにした数値も問題外でした。
SS700Sのオートポーズ機能をオフにした数値は近似値として、ある程度信頼できるそうです。SS500Rもどうようなのですがオートポーズ機能をオフにすると山道では使い物にならないようです。

標高にばらつきが出ました。
GAMIN HCx VISTAはGPSの信号で標高を計測するほかに、気圧の変化によってGPSで得た標高の数値を修正する能力を持っています。
他の3機種はGPSの信号だけで標高を計測しています。このために誤差が大きくなるようです。
面白いのは、SS500RとSS700Sで標高に差が出たことです。Wristable GPSシリーズのGPSシステムはおそらく共通のものが採用されているはずなのですが、個体差なのか、よく分かりません。

高尾山山頂の三角点の上で撮影をしたWristable GPSの2機種。

DSC_0022

今回使用したGAMIN eTrek HCx VISTA

DSC_0026_edited-1

同じくSONY NAV-U3

DSC_0025_edited-1

高尾山から景信山にかけての記録

高尾山から景信山までは走っています。
走っているので、オートポーズ機能をオンにしても問題の発生は少ないと予想をしていたのですが、これは間違いでした。
高尾山の北側に、奥高尾の入り口まで下る長い階段があるのですが、この階段を下り始めると、SS500Rに設定をしていたオートポーズ機能が作動して計測を停止してしまいました。
急斜面の登りでは時間あたりの平面上での移動距離が短くなるのでオートポーズ機能が作動するのはわかるのですが、階段の下りもよく考えれば、時間あたりの平面上の移動距離は短いので、Wristabe GPSには止まっているのと理解されたようです。

計測の起点は高尾山山頂の三角点、終点は景信山の三角点です。

 機種名  歩行時間
(GPSが計測した実数値)
 景信山の標高(727m)
(GPSが計測した実数値)
 カロリー計算 距離
(GPSが計測した実数値
 GAMIN HCx VISTA 1時間2分 731m  – 4.47km
 SONY NAV-U37 1時間5分 730m  – 2.5km
 EPSON SS500R 35分10秒 727m  184kcal 3.08km
 EPSON SS700S 1時間4分 721m 219kcal 4.32km

GAMIN HCx VISTAの距離とオートポーズ機能をオフにしているSS700Rの距離は150mの差があります。GAMIN HCx VISTAは+3%の誤差が発生することが分かっているので、4.47km-3%=4.3359kmと計算できます。
SS700Sの計測した4.32kmの方がより正確な距離となりました。

SS500Rもオートポーズ機能をオフにすれば同じ数値が計測出来たはずです。
35分12秒と言う数値は、登り道のために平地での移動距離が小さいために止まっているとGPSに判断された区間を除いた時間です。

この区間は降り道と平坦地の道では走っているので、トレランで使うのに近い条件です。
Wristable GPSシリーズは、コースによりますが、トレランで十分に実用に耐えられそうです。

高尾山から陣馬山にかけての記録

景信山を下ってからは、陣馬山までは歩いて仕舞っているので、トレランとは言い難いのですが、ルートはトレランによく使われている道です。

 機種名  歩行時間
(GPSが計測した実数値)
 陣馬山の標高(854m)
(GPSが計測した実数値)
 カロリー計算 距離
(GPSが計測した実数値
 GAMIN HCx VISTA 2時間29分 861m  – 10.1km
 SONY NAV-U37 2時間50分 850m  – 5.6km
 EPSON SS500R 1時間2分26秒 854m 281kcal 5.49km
 EPSON SS700S 2時間35分26秒 853m 485kcal 9.88km

面白いことに、標高はSS500RとSS700Rが正確な値を計測しました。
GAMIN HCx VISTAが最も大きな誤差の数値を計測しています。ちなみにGAMIN HCx VISTAは標高の数値を修正する機能も持っています。山頂など正確な標高が分かる場合には、修正が出来ます。
他の3機種のGPSにはこの機能はありません。

高尾山から陣馬山までの歩道の距離は、現地では10kmと表記されています。
GAMIN HCx VISTAの10.1kmから3%を引いた9.787kmが正確な数値となり、従ってSS700Sが計測した9.88kmの方がより正確な距離と言えます。

ここでも、Wristable GPSシリーズが実用に耐えられることが分かりました。

陣馬山山頂のSS500R

DSC_0029

陣馬山山頂のSS700S

DSC_0030

トレールランニングにおけるWristable GPSの実用性

Wristable GPSシリーズがトレールランニングで使えることが分かりましたが、トレランで使うには一定の条件があります。

  • 厳しい勾配が無いこと。斜度の大きな斜面を登ったり下ったりすると、計測距離の誤差が大きくなる傾向があります。
  • コースが直線的であること。ジグザグを切った登り下りの道ではWristable GPSに搭載されているアルゴリズムが邪魔をして正確な距離の算出を不可能としています。
  • 走る時間が14時間以内であること。わたしの実測値では、SS500Rの作動時間は14時間10分余りです。奥多摩三山で開催される24時間耐久山岳レースには使えません。

トレランの大会には使えませんが、高尾山から陣馬山までを走るトレーニングには十分に使えます。
トレーニングのデータを簡単に管理できるので、その点で重宝する電子機器と言えそうです。

PR

 amazonでEPSON Wristable GPSを探す。

楽天市場でEPSON Wristable GPSを探す。

エプソンダイレクトでWristable GPSを探す。
会員になるとWristable GPSシリーズの送料が無料となります。

10月 11th, 2012

Posted In: GPS/位置情報システム, 携帯電子機器