うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

2日間、悪戦苦闘して、結局、目的を達せられなかったソフトのレビューです。

数年前まで使っていた、シングルプロセッサー(Pentium M 1.7MHz)のノートブックのWindowsXP(以下WinXP)からMS Outlookのアドレス帳やメールのデータを現行機種のノートブックのWindows7(以下Win7)に移行するのにおまかせ引越PROを使用したのですが、移行できませんでした。
以下、その顛末です。
※おまかせ引越PROはレビューとしていただいたものです。

MacからWindowsへ移行した頃の話

当初、「おまかせ引越 pro」の説明を読んだだときは、凄いソフトと思いました。
データの移行ソフトがどんどん進歩をしていて、ユーザーが払う労力をどんどん少なくしてくれていると感じたからです。
※ Win7とWin7同士で試したところ、接続そのものは簡単に出来ました。今回はWinXPとWin7の話です。

IMG_0012

こんな感慨を持つのもわたしが古くからのパソコンユーザーだからでしょう。
20年ほど前のわたしはMacユーザーでしたが、2000年頃に事情があってWindowsユーザーに切り替えました。当時、MacからWindowsにデータを移行する手段はフロッピーディスクドライブ(以下FDD)が一般的でしたが、1GBのハードディスクドライブ(以下HDD)のデータのやりとりには、1.44MBのFDDは向きません。他の方法としてCDドライブを利用する方法とLANを構築する方法がありますが、どちらも一般ユーザーがハードウェアーを購入するには高価すぎました。
結局、古いパソコンにLinuxをインストールして、サーバとLANの環境を構築し、LinuxをルーターとしてMacとWindowsのあいだでデータのやりとりをすることにしました。サーバの構築に数日かかったと思います。

現在はルーターを特別に購入しなくても、ネット接続に使っている、WiMAXのモバイル端末がルーターを兼ねています。
使用環境もWindows7が2台とAndroid2.3、4.1(無線LAN)、それにNAS(有線LAN)が2台の混在しています。

WinXPからWin7への引越

作業の手順

おまかせ引越 マニュアルを参照に作業を行いました。

まず、引越し元のWinXPのファイアーウォールをオフにします。引越し先のWin7のファイアーウォールはそのままでもOKでした。

次に、WinXPからWin7を認識できるように、設定を行います。
これに時間を取られました。
Microsoftの初心者でもわかる! ホーム ネットワークでファイル共有: ステップ 2 – Windows XPなどを参考にしました。
WinXP、Win7の2台のパソコンのプロパティの「設定の変更」からワークグループ名を「WORKGROUP」に統一したのですが、これだけではWinXPからWin7へアクセスできませんでした。
そこで、WinXPでネットワークウィザードを作成し、USBメモリーに書き込んでWin7で設定を行ったところ、ようやくWinXPからWin7が見えるようになりました。

PCの接続がうまくいかない状態が数回繰り返された場合は、付属のLANケーブルでパソコン同士を直接つなげるようにマニュアルに書かれていたので試したのですが、この方法ではWinXP、Win7ともに相手のパソコンを認識できませんでした。
また、この方法で行うと、作業を中断しても、パソコンの再起動が必要となるので、煩わしかったです。

Win7からはWinXPは設定を変えなくてもアクセスできます。

2台のパソコンにおまかせ引越CD-ROMを読み込ませて、引越作業を開始します。

操作画面。
ファイル・フォルダを選んで引越を選択して操作しました。

110

「引越」作業が暗礁に乗り上げる

おまかせ引越を起動して、「LANで接続」を選択すると、相手先のPCの選択画面が表示されるのですが、WinXPの場合、実際には選択が出来ませんでした。
何度もWinXPを再起動して試すのですが、症状に変化がありません。

WinXPを再起動させると、シャットダウンと起動で10分以上かかるので、作業効率が非常に悪いパソコンとなっていました。
その上、CPUに過負荷がかかっているようで、おまかせ引越PROは何回も応答なしとなってしまいました。CPUの使用率を見てみると、50%から100%のあいだを行ったり来たりしています。デュアルプロセッサーならともかく、シングルプロセッサーのPCは、たとえXPでも重くて動作が不安定となるようです。
時間をこれ以上かけられないので、引越作業は諦めました。

これがWin7のネットワークに接続しているPCの選択画面。
PCを選択して「OK」ボタンをクリックします。

101

これがWinXPのPCの選択画面。
PCをクリックすると、下位のディレクトリが開いてしまうので、PCを選択することが出来ませんでした。

100

PR

ソースネクストからおまかせ引越 Proをダウンロードする。

3月 31st, 2013

Posted In: アプリケーションのレビュー