うろぐ

インターネットサービス&デジタル家電&デジタルカメラ&パソコンのレビュー

重要で小まめに定期的なバックアップが必要な業務用データはHDDに記録し、写真や動画など容量が大きく緊急性の低いものはDVDメディアからBDメディアにバックアップ媒体を変更したりしているものの、特に重要度の高い業務用データだけはオンラインストレージにバックアップを置くことにしました。
どのサービスが良いか、現時点で自分が無料で利用できるサービスの比較です。

オンラインストレージを利用する

業務に必要な最小限度のデータは、私自身が契約をしているサーバ上に置いてあるので、オフィスに置いてあるバックアップメディアなどが東日本大震災の様な壊滅的な打撃を受けても、業務継続はなんとかこなせますが、それとは別に、オンラインストレージサービスも利用して、バックアップの多角化を図ることにしました。

わたしが無料で利用できるサービスの中では、オンラインストレージの容量は各社様々ですがAsusの3GBが一番小さく、Googleが15GBと一番大きな様です。
15GBでも不足なのですが、数社のサービスを併用すれば期間となるデータのバックアップには事足りることが分かりました。

オンラインストレージサービスの一番の魅力は、サーバ上とパソコン・スマホなどのデバイスのデータを自動で同期してくれることでしょう。
わたしのこれまでのバックアップは、サーバに手動でデータをアップロードしていました。確実性は高いですが手動では面倒です。

これまでオンラインストレージサービスを利用しなかったのは、サービスがどの程度継続性を持っているかを計っていたからです。
ネット上のサービスは栄枯盛衰が激しく、新サービスを始めました、と言うメールが届いた翌年には、長い間のご利用ありがとうございました、メールが届くことが当たり前です。

今回利用する事に決めたサービスは、グローバルプレーヤーとしても第一級の企業が運営するサービスなので、今後ともそれほど短期間でサービスを打ち切る可能性が低いものと思います。

オンラインストレージサービスを利用する目的

わたしの場合のサービスを利用する目的です。
情報の共有など、一般的なユーズは含まれていないので、選択理由も異なってきます。

オンラインストレージとパソコン・スマホなどのデバイスのデータが自動で同期されること。

無料で利用できる容量がある程度大きいこと。
わたしの場合、開発をしているシステム一つだけでもギガバイト単位となる事があるので、最低でも3GB以上が望ましいです。

インターフェースが分かりやすいこと。
バックアップという重要なサービスですが、操作を覚えたりしたいとは思いません。その暇があれば、もっと有意義に使いたい。

逆に、最小限のサービスさえ提供されれば満足であること。

将来的に、有料でかまわないからストレージの容量を大きく出来る事。

オンラインストレージサービスの各社のスペック

Google ドライブ

4大IT企業の一角を占めるgoogleが提供するサービスです。
実を言えば、今まで利用しなかったのがむしろ不思議なくらいでした。

容量:15GB

追加
保存容量 月額料金
15 GB 無料
100 GB $1.99
1 TB $9.99
10 TB $99.99
20 TB $199.99
30 TB $299.99

ASUS webstorage

ネットブックで一山当てたハードメーカーですが、ここ数年はミドルクラスのパソコンとタブレットの主要プレーヤーとなっています。
ASUS製品を購入すると、無料で利用できる様になるようです。

無料容量:5GB
追加
100GB 1年2542円、2年4667円
500GB 1年6970円、2年12538円

Apple iCloud Drive

iPhoneを購入したらおまけでついてきた無料のサービスです。

無料容量:5GB

追加
20GB  月額¥100(税込)
200GB 月額¥400(税込)
500GB 月額¥1,200(税込)
1TB  月額¥2,400(税込)

所感

オンラインストレージサービスは、データを保存してくれさえしてくれればかまわないのですが、追加ストレージの料金体系が分かりにくいです。
月額、年額の他に円建て、米ドル建てと企業によって様々です。

3月 7th, 2015

Posted In: インターネットサービス(有料), インターネットサービス(無料)